新着:維新に関する事件を大阪のマスコミはどう報じたか?

2016.03.26 原発のない未来へ!全国大集会

■ 画像アルバムのトップにもどる

2016.03.26 原発のない未来へ!全国大集会

by ジグザグ会/草加耕助

3・26 反原発統一行動に参加してきました。遅くなりましたが写真報告です。

2016.03.26 原発のない未来へ!全国大集会

原発のない未来へ!3.26全国大集会
■ 2016年3月26日11時~ 於:代々木公園
○第1ステージ(サッカー場)メインステージ
○第2ステージ(野外音楽堂)テーマ:つながろう福島
○第3ステージ(ケヤキ並木)テーマ:基地も戦争もいらない
■ デモ出発 14:40~ 
○神宮通公園コース(市民コース)
○明治公園コース(市民コース)
○新宿中央公園コース(組合コース)
■ 主催:
 さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会
 首都圏反原発連合/反原発運動全国連絡会

[スポンサーリンク]

※以下、写真クリックで拡大

各会場に向かう歩道。すでに原宿駅前から公園に向かう人の波でいっぱいでした。会場前歩道にて、直接行動(DA)の学生たちが、専修大学での山城博治さん講演会のビラまきをしておられたので手伝うことにしました。

会場には様々な意匠をこらした方々も次々と入っていかれます。すごく気合のはいったおじさんがいたので、写真を一枚とらせていただきました(上右)。私もヘルメットとか横断幕とかいろいろ作ったこともあるので、かなり大変だったろうなと思います。

この日はジグザグ会で新しく入手したトラメガのデビュー戦でした。おじさんに負けじと肩からぶらさげて、なんとなく気合の入る私(上左)。山城さん講演会のビラを巻き終わったあとは、辺野古リレーの皆さんもおられたので、そのビラまきも手伝いました。

第1会場(サッカー場)メインステージ(上左)、右は私たちが主にいた第3会場(ケヤキ並木)テーマ:「基地も戦争もいらない」です。

第2会場(野外音楽堂)テーマ:「つながろう福島」を高架歩道上から望んだところ。高架上も人でいっぱいでした。

メイン会場で沖縄から、辺野古の山城博治さんたちがアピールされていたので急いで移動。右はメイン会場わきの仮設トイレに並ぶ人々。ここだけでも仮設トイレは20以上用意されてたし、他に何箇所もあつたのですが追いつかず。大集会はこれが困る。

第3会場はブースが中心で、デモの通り道にもなるので、全体イベントは早めに終わってしまった。記念写真を撮る参加者の皆さんも。

そろそろデモの時間です。人数が多いので3方向にわかれて出発。私たちジグザグ会は辺野古リレーの皆さんと共に渋谷駅前を通る神宮通公園コース(市民コース)に参加。例によって嫌がらせに近い過剰な警察規制でなかなかデモに出られないので、他の方たちの横断幕や旗を見て回ります。

わりと前のほうにいたのに、それでも一時間以上(!)も機動隊に足止めされる異様な国・日本。年配の方にこの長時間の立ちんぼは厳しいでしょう。忍耐と我慢を重ね、やっとこさデモ出発。

渋谷コース(市民隊列)の参加者は、やはりそれぞれの思いがこもった、草の根のグループや個人の横断幕やプラカード、グッズが多かった印象。

最初は反原連隊列のサウンドカーと一緒にデモしました。途中でちょっと選曲含めて自分らとは感性があわなかったので、別の梯団に移動。こういうのは他人の感性にはとやかく言わないで、自分に合うところを見つけて入ればそれでよしです。見上げればビル屋上に「大声だそうぜ!」

2016.03.26 原発のない未来へ!全国大集会

ジグザグ会トラメガ大活躍!
私はトークやコールとか苦手なので、DAの学生さんたちを中心にマイク回して、みんなでガンガンいきました。

解散地点で少し休んでから駅に向かいましたが、あとからあとからデモ隊列がいつまでも延々と続きます。警察が超過剰なデモ規制をして隊列をいくつにも分断するようになってから、デモの時間が異様に長くなりました。かえって規制も大変だろうに。むしろ交通への影響を極大化して、デモへの「迷惑感」を煽るためにやってんじゃないかと思ってしまう。

■ 画像アルバムのトップにもどる

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をSNSでシェアする▼

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ジグザグ会
私たちは、原発を社会問題として考える出入り自由の個人共闘(ゆるいネットワーク)です。ヨタヨタはしても、とんがっていたいということで、ジグザグ会としました。  普段は主にネットを中心に活動しており、月一回程度、自由参加で行動、交流、学習などを積み重ねていきます。「左から」としておりますが、私たちの趣旨や内容にご賛同いただける方なら、どなたでも歓迎いたします。私たちの行動にご参加ください。