新着:維新に関する事件を大阪のマスコミはどう報じたか?

自民党の有権者調査結果-「自民に反感」6割、民主を上回る

谷垣禎一
谷垣禎一 自民党総裁

 つーか、そもそも今の主要政党で、好感が反感を上回っている党ってあるのだろうか?みんなの党と、沖縄での社民党くらいなもん?それも圧倒的というほどでもないだろうし。

 民衆の政治や生活に対する閉塞感は根が深くて広い。かといって選挙になれば、必ずどこかの政党には議席を割り当てねばならない。もはや「政治」そのものに不信任が突きつけられているというのに、そんな程度の増減で勝ったの負けたのと大騒ぎしている愚かしさよ。

[スポンサーリンク]

「自民に反感」6割、民主を上回る 自民が有権者調査
朝日2010年12月8日

 自民党は7日、自民党に反感を抱く有権者が6割に上り、民主党の5割弱を上回っているとする有権者の意識調査の概要を公表した。菅内閣の支持率は低迷するが、自民党も旧来のイメージから脱却できずに苦しんでいる。

 11月6、7両日に20歳以上の3千人を対象に調べた。詳細な質問項目や回答内容は公表しなかったが、自民党の政権復帰を「期待しない」が「期待する」を上回り、「特にターゲットとすべき積極的無党派層男女でその割合が高い」という。

 自民党への批判は「過去への反省が足りない」が最も多く、「二世・世襲が多い」「総裁のリーダーシップが足りない」が上位に並んだ。政党への項目別評価でも「政治姿勢や政治資金などのクリーンさ」で民主党に水をあけられ、「公務員・行財政改革」「官僚主導からの脱却」でも民主党を下回ったという。

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をSNSでシェアする▼

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です