新着】渕上太郎さんの墓参に出掛けた

アイヌ民族党が結党大会、来夏参院選 議席目指す

アイヌ民族党結党大会

投稿者: 司 宮二

アイヌ民族党が発足
読売新聞地方版2012年1月22日

 アイヌ民族初の政治団体「アイヌ民族党」が21日、江別市で結党大会を開き、発足した。代表には、アイヌ民族初の国会議員で2006年に亡くなった萱野茂・元参院議員の次男、志朗さん(53)が選ばれた。所属する国会議員はまだいないが、来夏の参院選比例選で10人の候補者を擁立する方針。

 この日の結党大会には、約100人が参加し、萱野代表が「アイヌ民族は先住民族として権利がたくさんある。それを訴えていくためにやる決意だ」とあいさつした。基本政策として、サケや鯨の捕獲権回復や、アイヌ民族の歴史・文化教育の充実などを掲げている。事務所は、平取町二風谷に置いた。

 06年の道調査では、道内のアイヌ民族は約2万4000人。同党は規約で入会資格を「目的に賛同する18歳以上の個人」とした。アイヌ民族以外でも参加できるようにして、幅広い支持者を得るためだ。

 現在、アイヌ民族の議員は、平取町など地方議会にはいるが、萱野茂氏が参院議員を引退した1998年以降、国会議員がいない。07年の参院選道選挙区には、新党大地副代表だった多原香里氏が出馬。民主党などの支援で60万票余りを獲得したが、次点だった。

 この日の結党大会では会場から「日本経済をどうするかとか、民族問題以外の政策も掲げないと支持を得られない」との声もあった。アイヌ民族以外の支持を得られる政策立案や、選挙資金のメドが立っていないなど課題もあるが、萱野代表は大会後、「自前の組織で戦い、1議席は獲得したい」と意気込みを語った。

——————————–
アイヌ民族党 来夏参院選 議席目指す
朝日新聞地方版2012年01月22日

(前略) 既存政党との協力について現時点で白紙としたが、積極的に政党にアプローチはしないという。1998年の参院選に社民党から立候補経験もある萱野代表は「我々の土俵でちゃんと戦う。自分たちの組織をつくって候補者を擁立することが大切だ」と強調した。

 結党大会には、ニュージーランドの先住民族の政党「マオリ党」の現職国会議員テ・ウルロア・フラベル氏(56)も出席し、「世界の先住民族も、みなさんが国政や地方政治に挑む姿勢を誇りに思う。力をつけ、政治的な影響力を発揮することを楽しみにしている」と祝福した。

 平取町から来たアイヌ民族の男性(77)は「元々、北海道は我々のものだった。少しでも我々の声を国会に通して欲しい。平等になるよう、お互いに協力し合っていきたい」。江別市の女性(68)は「うれしく思う。実際に和人と比べて教育なども劣っている。一人でも多く国政に出て欲しいので、アイヌ民族だけではなく、和人も一緒に協力して頂きたい」と話した。

————————–
コシャマイン記—–鶴田知也(1936年 第3回芥川賞受賞作品 全文公開)

この記事をSNSでシェアする▼

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

司宮二souka
基本的にROMっているおじさんですが、ネット巡回中に気になった記事や情報などを紹介したいと思います。苦情などは連絡フォームから、司宮二宛と明記の上で送ってください。草加さんにすべてをぶんなげですがよろしく(笑)。