新着:ミャンマーに自由を連帯アクション新宿デモ

毎日放送が脱原発の「たね蒔きジャーナル」に打ち切り圧力

たね蒔きジャーナル

脱原発報道のラジオ番組打ち切り検討 毎日放送
朝日2012年8月1日

 原発問題を積極的に取り上げ、脱原発派の間で話題のラジオ番組、毎日放送(大阪市北区)の「たね蒔(ま)きジャーナル」の打ち切りが検討されている。31日には聴取者らが放送局前に集まり、存続を求めた。

 「たね蒔きジャーナル」は2009年10月に始まり、平日午後9~10時に放送中の報道番組。毎日放送のアナウンサーが司会を務め、様々なゲストと共に時事問題を幅広く取り上げてきた。東日本大震災後は原発報道に力を入れ、危険性を訴える京都大学原子炉実験所の小出裕章助教の解説などを伝えている。

 今年3月には一連の原発報道が評価されて、坂田記念ジャーナリズム賞特別賞を受賞した。テレビの視聴率に当たる聴取率も堅調という。番組の内容がネットを通じて広まるなど、脱原発を掲げる人々を中心に支持されている。(後略)

超不自然な打ち切りを報道するマスコミ各社

「たね蒔きジャーナル」に打ち切り圧力
「たね蒔きジャーナル」に打ち切り圧力
「たね蒔きジャーナル」に打ち切り圧力
「たね蒔きジャーナル」に打ち切り圧力
「たね蒔きジャーナル」に打ち切り圧力

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をSNSでシェアする▼

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です