新着:差別・排外主義に反対する新宿ACTION

山谷・竪川から緊急

竪川・鋼板封鎖

読者投稿@ゲスト(匿名)さん

山谷からの緊急呼びかけの紹介です。皆様よろしくお願いします。

 竪川の仲間たちが暮らす「多目的広場」を万能板(2mほどの高さの鉄板、写真参照)で三方を囲うという動きがあります。現在竪川河川敷公園内で工事が進む五渡亭園が8月11日にオープンするのに合わせた動きと思われます。そんなことをされれば、小屋は孤立させられた空間となるのみならず「占有している」かのような形を強いられ地域と完全に分断されます。既に起きている襲撃もさらに煽られることになります。また次なる強制排除のために物理的にもブロパガンダとしても利用されることは必至です。

 竪川河川敷公園の西側約1/3のエリアが、1月27日以来閉鎖されています(上の2枚の写真は、4月に公園内に作られたゲートと万能板の壁です)。私たちは閉鎖を解くよう、区に求めてきました(公園の閉鎖を解くよう求める区への要望書がこちらの記事です)。今回の、小屋を万能板で囲う動きは、閉鎖状態の公園を野宿の小屋のまわりに新たに作り出そうとするものです。

 江東区はこの計画を先週の金曜たまたま公園にいた人だけに一方的に伝えて帰りました。工事の目的さえ明らかにしていません。全体の前での説明を要求したところ「説明する必要はない」という言葉まで飛びだしました。なんとか明日18日(水)4時に工事係長が現場に説明に来ることになりました。区は19日(木)、20日(金)にも工事をする予定と言っており、明日私たちは江東区がこの封鎖工事を強行しないよう話し合いを求めていくつもりです。19日(木)の午後イチの話し合いを要求していきたいと思います。区の出方によっては19日(木)、20日(金)現地の行動が必要になる場合もあります。

 6月に2回、私たちは江東区と、野宿者の人権と生存について話し合いを行いました。現在3回目の話し合いに向けた調整が行われようとしている矢先に、突然このような工事の強行がなされようとしています。私たちは、話し合いによる解決を求めています。江東区水辺と緑の課の、話し合いに向けた誠実な対応を求めます。

当面の予定として
●18日(水)4時竪川現地
●19日(木)12時江東区役所前
への結集を呼びかけます。(19日の予定は変更の場合は明日中に再度の呼びかけをさせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。)

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です