運動組織論ウヨ・サヨ論

  1. 議論するのはいいことだ(下)-形式や流行でなく運動の中身の議論を

    さて、問題提起の後は休憩をはさんで全体討論にうつります。お三方それぞれの提起を中心に、質問や各自の問題意識、具体的な取り組みや報告、提案など活発な議論が行われました。そのなかでも、前半の針谷さんの「刺激的」な提起について、しばらくやりとりが続く場面がありました。先に書いたように、針谷さんの言いたいことは、「テント村は左翼だけの運動にせずに全国民的な運動にするべきだ」ということなのでしょうが、すでにテント村に参加しているのは左翼だけではありません。その左翼の人にしたって、運動の内容を自分たちの主張で独占しようなどとは考えていません。つまり、テントはすでに針谷さんが言うような「全国民的な運動」になっています。なにより「9条改憲阻止の会」が、福島のお母さんら、後から来た非左翼市民の人々に運営を明け渡し、自分たちは裏方に徹して支えているという、テント村成立の経緯がそのことを雄弁に物語っています。門戸は広く開かれているのです。

  2. 議論するのはいいことだ(上)-「テント村を守ろう討論会」に参加

     去る2月2日に「たんぽぽ舎」で開催された「討論会・経産省前テントひろばを守ろう」に参加してきました…

  3. 左翼コンニャク問答

    先日、三里塚勝手連や、木の根ペンションとかの関係で、yukikoさんとスカイプでのチャットを使って打…

  4. 「反中・外国人排斥行動の実態」というメールをいただいて

     前のエントリーで私は、「日本国内で(中国政府を強く批判している人を含めて)中国人に対する感情的な反…

  5. 負け犬の遠吠えにならないために – まる・いさんへのお返事

     三里塚闘争の参加報告を書く前に、いただいたコメントへのレスをまとめて書いてしまおうとしたんですが、…

  6. 対北朝鮮人権運動の全人民化を希求します

  7. 正しければいいのか-日本赤軍の経験から

  8. 少数派なりの矜持(羽賀さんへのお返事)

  9. 「ネトウヨ叩き」現象は他人事ではない

  10. <資料>2ちゃんねるから適当に拾い読み

  11. 自民党退場の後に-「次」は何か

  12. 「真の○○」という表現

PAGE TOP