沖縄・人骨問題を考える連続学習会@京都大学


イベント詳細

このイベントは 9 5月 2019 から 26 11月 2019 まで開催しています。 次回の開催は 2019年11月26日 18:30 です。


人骨問題を考える連続学習会@京都大学 第三回:略奪と返還:ドイツ=アフリカ間の植民地遺骨

※情報は今後も変更があり得ます。最新の情報についてはWEBページをご確認ください。未定部分は決まり次第更新します

第1回学習会
タイトル:
 琉球併合140年の今、学知の植民地主義を問う―琉球人遺骨は誰のものか
日時:2019年5月9日(木) 18:30~20:30
場所:京都大学文学部校舎2階第3講義室
講師:松島泰勝(龍谷大学・教授)
応答:松田素二(京都大学・教授) / 冨山一郎(同志社大学・教授)

第2回学習会
日時:2019年6月13日(木) 19:00~21:00
場所:京都大学文学部校舎第7講義室
講師:板垣竜太(同志社大学・教授)
タイトル:
 収集と権力:京都帝大人類学研究室の「南島」調査
コメント:石井美保(京都大学・准教授)

○第3回学習会
タイトル:
 略奪と返還:ドイツ=アフリカ間の植民地遺骨
日時:2019年7月19日(金) 18:30~20:30
場所:京都大学文学部校舎第7講義室
講師:永原陽子(京都大学・教授)
コメント:菊池恵介(同志社大学・教授)

○第4回学習会(シンポジウム)
日程:2019年10月5日(土) 14~17時(予定)
場所:京都大学文学部校舎第3講義室
基調講演:
大津幸夫(京都大収蔵の遺骨返還を求める奄美三島連絡協議会代表)
原井一郎(同事務局長)
応答:松島泰勝(龍谷大学)、板垣竜太(同志社大学)

○第5回学習会
日程:2019年11月26日(火) 夜
場所:京都大学文学部校舎第7講義室
講師:加藤博文(北海道大学アイヌ・先住民研究センター・教授)

○主催:「人骨問題を考える連続学習会@京都大学」実行委員会
     (板垣竜太・駒込武・冨山一郎・松田素二)
 E-mail: honetori[アット]gmail.com
 Web: https://honetori.exblog.jp/
 Tel & Fax:075-753-3034(京都大学駒込研究室)
 協賛:自由と平和のための京大有志の会

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

人骨問題を考える連続学習会@京都大学 第三回:略奪と返還:ドイツ=アフリカ間の植民地遺骨