パンフ】4・29天皇式典を粉砕せよ!-帝国主義天皇制攻撃と闘うために

ダウンロード一覧に戻る

4・29天皇式典を粉砕せよ!-帝国主義天皇制攻撃と闘うために
pdfファイル

4・29天皇式典を粉砕せよ!
-帝国主義天皇制攻撃と闘うために

戦旗社
1986年2月10日発行

 中曽根政権時代の「天皇在位60年式典」と東京サミットを一体化した、戦後政治の一大路線転換との闘いの中で生まれたパンフレット。中曽根の「戦後政治の総決算」路線こそが、その後の小泉、麻生、安倍政権などで完成を目論まれた路線であり、その原点であった。

 彼らが目指したものはいったいなんであったのかがよくわかるという意味で、その後の民主党政権時代をも含めて現在的にも意味を有しているパンフであると思う。

 この時代、それまでの「経済重視・軽武装」と評されたいわゆる保守本流政治が全面的に転換されていった。米軍と自衛隊との一体化による軍事的プレゼンスの増大、天皇制・靖国イデオロギーの強制による国民統合、そのための「教育改革」、福祉などの国民保護政策を切り捨てる「行政改革」、そしてそれらと表裏をなすものとして治安機構の公安化による反体制運動の弾圧や、さらには国鉄分割・民営化と、総評解体=右翼的労戦統一による労働運動の無力化など、まさにその後の日本社会を決定づけていったファシズム的な政策が一挙かつ短期間に推し進められた時期である。

 何より問題なのは、これらの極めてイデオロギッシュで戦前回帰の復古主義な日本民衆への攻撃に対して、それまで経済的な物取り要求に安住してきた社共・総評などの左翼部分が、対抗的な世界観をなんら提起できず、中曽根のファシズム回帰政策に、なすすべもなく敗退していったことであると思う。

 実は歴史はアメリカの後退と日本の経済成長の終焉=危機の到来、ソ連などのスターリン主義の行き詰まりという、いわば新左翼が主張していた通りに歴史は進んでいたし現在も進んでいるのであり、本来なら新左翼のみならず、左翼総体がチャンスとすべき時代がはじまったにもかかわらず、社共はもはや「パイの取り分」を要求していればいいような時代ではないという歴史の変化に全く無自覚だったとしか言いようがなく、また、当時、セクト主義や内ゲバにのめり込んでいた新左翼運動も、それに取って代わるような希望を示すことはできなかった。

 パンフレットでは、これらの個々の攻撃や問題点について論及すると同時に、とりわけ天皇制・靖国について、その成立の段階から現在までを簡単にではあるが鳥瞰することで、左翼と日本民衆がとるべき原則的な方向を提起し、その大道に戻るべきことを訴えている。

(以下目次)

1.サミット天皇式典決戦の大爆発を(まえがき)

2.帝国主義天皇制攻撃の激化

  • 2-1)戦争国家めざす権力再編
    「安全保障会議」の設置 / 教審-「教育改革」攻撃
     国鉄分割・民営化 / 国家秘密法制定策動
  • 2-2)改憲・天皇元首化攻撃
     自民党改憲案の変遷 / 政治・経済的危機下の「元首」化攻撃
     草の根右翼運動を通じた改憲合意づくり / 地方議会での議決運動
  • 2-3)「靖国」公式参拝を許すな
     靖国神社とは何か-歴史的成立過程 / 戦後の靖国神社法制化攻撃
     法制化攻撃の本格化と人民との攻防 / 法制化断念→公式参拝へ
     八・一五公式参拝強行→秋季例大祭断念へ
  • 2-4)皇太子訪韓・天皇訪沖策動
     今秋皇太子訪韓を阻止せよ / 87年天皇訪沖を許すな

3.天皇制の歴史と反動的本質

  • 3-1)はじめに
  • 3-2)近代へ至る天皇制の変遷
     古代大和朝廷の成立 / 天皇の権力・権威が地に落ちた中世
     徳川幕府による天皇制の存続 / 支配の道具としての天皇制
  • 3-3)明治維新による近代天皇制国家の成立
     封建制の撤廃と中央集権国家の樹立 / 明治維新とは何であったか
     皇国史観の形成と民衆教化 / 天皇制人民支配の確立
     明治維新における天皇制復活の意味
  • 3-4)日帝百年の侵略戦争の歴史
    「征韓論」をめぐる対立と台湾侵略 /
     朝鮮植民地支配に道を開いた日清戦争
     日露戦争と朝鮮併合 / 苛酷極まりない朝鮮植民地支配
     十五年戦争下での中国侵略 / 第二次大戦とアジア全面侵略
     天皇制護持の犠牲とされた沖縄 /
     アジア民衆とともに日本帝国主義-天皇制を打倒せよ
  • 3-5)侵略・抑圧・暴虐の昭和六十年史
     恐慌・弾圧・テロルー侵略戦争の開始 / ファシズムの暴虐
     太平洋戦争への突入と敗北 / 占領軍改革と天皇制の延命
     戦後象徴天皇制とは何か / 朝鮮戦争と日米安保体制
     二つの安保闘争とアジア侵略の再開 /
     侵略・抑圧・虐殺の昭和六十年を美化する天皇式典粉砕
  • 3-6)アジア民衆の反天皇・反日帝闘争
     中朝人民の抗日パルチザン戦争 / 韓国民衆による日韓条約粉砕闘争
     七四年東南アジアの反日闘争 / 日帝・教科書検定への中朝人民の反撃
     八・一五公式参拝に対する中国、アジア人民の闘い

4.反天皇制闘争の歴史的地平ひきつぎ、式典-サミット決戦へ
 (あとがき)

天皇代替り-Xデーを撃て

パンフ】天皇代替り-Xデーを撃て

2012年12月4日

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

4・29天皇式典を粉砕せよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です