現代ファシズム論序説 ファシズムとは何か?

懐古的資料室の目次にもどる

現代ファシズム論序説ハーケンクロイツを掲げるザイトク
著:高杉 健人(1981年10月) 
初出『若きボリシェヴィキ』社会主義学生同盟機関誌2号 
目次

はじめに

1.一九二〇~三〇年代のファシズム認識
・ファシズム研究の主体的立場
・コミンテルンのファシズム認識
  コミンテルン第四回大会/ドイツ十月蜂起の挫折/資本主義の相対的安定期の中で
  ドイツ共産党対ナチ/敗北の後に/コミンテルンの限界
・トロツキーのファシズム認識
  トロツキーとスターリン/「十月の教訓」/「社会ファシズム」論批判/
  トロツキーの限界
・現代ファシズム論の問題点

2.ファシズムとは何か
・みすごされてきたものは何か
  ナチ登場の背景/ナチの政治主張/ナチ党左派/ナチの「擬似革命性」
・国家社会主義ドイツ労働者党
  「擬似革命性」の本質とは/全体主義とは何か/全体主義と資本の論理/
  国家社会主義の本質とは何か
・思想としてのファシズム
・体制としてのファシズム

3.現代とファシズム
・ドイツ共産党は何故敗北したのか
  「ファシスト過少評価」の本質/全体主義イデオロギーヘの屈服/
  中間層とナチズム/上からもちこまれた「共産主義」
・ファシズムといかに闘うのか
  帝国主義の侵略反革命を蜂起・内戦へ/革命運動のスターリン主義的歪曲を克服せよ

結語にかえて
[clink url=”http://bund.jp/?p=2550″]

はじめに
現代のファシズム(在特会による外国人少女へのハラスメントデモ

 一九八〇年代以降、革命的左翼の多くが革命的危機の到来を直感しつつも、あるものはそれを「日米争闘戦の危機」と語り、またあるものは「米ソ争闘戦」を語り、より悪質な部分に至っては「ソ社帝主敵」論をかかげ、総じて日帝の戦争策動の本気を看破することなく、むしろこれに屈服しつつあるのがいつわりない現実だ。

 今日、革命的左翼の多くの部分が、情勢の「一九三〇年代へのラセン的回帰」とか「ファシズムヘの突入」をかかげ、一九二〇年代におけるドイツ共産党の敗北に対する一面的理解にも助けられつつ、対ファシスト戦への突入を結論づけるという陥穽(かんせい)の中にある。

 そしてその根拠とされているのか、一九二〇~三〇年代におけるドイツ共産党の陥穽としての「ファシスト過小評価」であり「社民主要打撃」論なのであるが、しかしなから「ファシスト過小評価」の奥底に横たわるのは、必ずしもファシストの反革命性、暴力性に対するそれとは言いえないのであり、むしろファシストが何故大衆を獲得するに至ったのかという点を、何ら主体的に切開しえないことにこそ、敗北の真の要因はあったのである。

 したがって、この点を無視し、ただもっぱらファシストの暴力性のみに目を奪われるならば、ドイツ共産党の陥穽の裏返しとしての「ファシスト過大評価」に陥るに他ならず、いわば裏返しの「社民主要打撃」論としての「ファシスト主要打撃」論を展開するにすぎなくなってしまうのだ。そしてそのいきつく先は、帝国主義そのもの=敵の本陣との闘いの回避でしかないのである。

 そうであるが故にこそ、われわれはドイツ共産党の敗北を真にとらえ返し、ファシズムとのたたかいを、安保ー日韓闘争の中に位置づけていかねばならない。本稿が追求するのはまさにこの一点である。

 さて以上をもってわれわれは本論に入るわけであるが、本稿の構成をまずもって明らかにするならば上の通りである。

 すべての同志諸君が本稿を一つの糧としてファシズムの本質をつかみとり、安保-日韓体制打倒闘争の前進に尽力されんことをのぞむものである。

次項、「Ⅰ.一九二〇~三〇年代のファシズム認識」へ続く ⇒

ハーケンクロイツを掲げるザイトク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です