反ヘイト・反労組弾圧6・23総決起集会へ!産業界でもネトウヨBANを!

by 戸田ひさよし > この記事の1ページ目にもどる

3】★全国のカウンター諸氏にぜひ協力してもらいたい具体事例

(1) 極力日程都合をつけて「6/23総決起集会」に参加して欲しい!

(2)◆各人のブログやツイッター等ネットでの事前宣伝を派手にやって欲しい!
 ビラ画像は、
 http://www.hige-toda.com/topmado2/201806/6.jpg
 の「戸田修正バージョン」がお勧め!
 特にツイッターでは「3日に1回」とか上げてもらえると助かる。

ヘイトは犯罪(3)◆6/23集会当日にカウンターお得意の「手持ちプラカード」とか「横断幕」とかの「メッセージアート」を持参して会場内外を賑やかにしてもらえると嬉しい。
・・・「会場内外での表示」については、戸田が今後、集会実行委に承認要請をしていきます。

※「会場入り口でのビラ配布」や「受付での配布物への折り込み」などは、別途実行委に早急に問い合わせして個別に相談して下さい。
→ 実行委連絡先:全日本港湾労働組合関西地方大阪支部
  電話:06-6575-3131、FAX 06-6575-3134

(4)◆さらにご持参の各種「メッセージアート」を連帯ユニオンに寄贈していただけるともっと嬉しい。
 集会終了後に会場内にいる戸田の所に供出願います。戸田を通じて連帯労組やその他実行委構成労組に寄贈していきます。

(5)集会の様子を写真や動画に撮ってアップする事については、少なくとも「外形的なもの」(ザックリとした様子や集会資料など)をアップする事は(一般個人の顔特定にないならない範囲で)、ぜひやっていただきたい。 
 「会場内での撮影の是非」は、主催者側から指示があると思うので、それに従って下さい。

(6)★集会後の「戸田との交流会」に可能な方は参加して下さい(実費3000円くらい)
※もし集会実行委としての交流会が持たれ、そこに参加可能であればそこに合流しますが、そうでない場合は、「戸田やその友人達と新規参加者との交流会」になります。大いに語り合いましょう!(名刺交換などもしましょう)

4】◆「反ヘイト」と「戦闘的左派労働運動」との「顔の見える交流と相互理解」を作って共に闘おう!

ヘイトの街にさせない1:反ヘイト運動の含めて日本の「市民運動」においては、残念ながら「政権打倒・資本主義打倒を本気で目指す労働者の大衆組織」としての「戦闘的左派労働運動」の存在がほとんど認識されていない。「労組」と言えば反射的に「反市民的な連合」しか思い浮かべない人が多く、「頑張ってる小規模労組」としての「○○ユニオン」を連想する人が若干いる程度。

 しかし実際には日本で最も「階級的労働運動・世界水準の産業別労働運動」を闘っている「連帯ユニオン・関西地区生コン支部」(通称「関生=かんなま」、以下「連帯労組・関西生コン支部」とも略する)という労働運動が確乎として存在し、大資本・国家権力・右翼と激烈に闘い続けている!

 そしてこの連帯ユニオン関生(かんなま)支部は「階級的労働運動と協同組合運動を基盤にした、資本主義打倒の分権的社会主義運動」=「革命21運動」の基幹的労働者部隊」でもある。 (・・・・戸田はその「革命21」の党員議員)

◆だからカウンター諸氏には、ぜひ「6/23総決起集会」に来て、そうした戦闘的左派労組のおっちゃんおばちゃん、兄ちゃん姉ちゃんの顔を見て存在を実感して欲しい。労組活動家の話を直に聞いて欲しい。

2:一方、連帯労組や全港湾などの左派労組の側では、ヘイト問題については、幹部活動家は知っていても、平の組合員大衆レベルでは「生で見た事が無い・知らない」人が多かった。(労組員の中にも様々な立場の在日が多数いるのだが)
 しかし今年1月からの瀬戸らネオナチウヨの労組襲撃は、そういった組合員大衆の意識を一挙に変えた。
 「このクズウヨ共が我々の生活と組織を破壊する敵だ!」という実感を持つに至った。

 そうした体験の中で、「ザイトクヘイトと断固として闘ってきた市民達の存在」を「労組員大衆が目の当たりにする事で実感する」事の意味は非常に大きい。

 カウンター運動が自由闊達に知的で表現力豊に、身を挺した闘いで成果を上げ続けて来た事に励まされ、インスパイアされる部分は多い。

3:だから戸田は、今回の「反ヘイト・反労組弾圧6/23総決起集会」が「戦闘的左派労働運動」と「反ヘイトカウンター運動」との「画期的な合流コラボ」として盛況を博する事を熱望する。
 「お互いの顔の見える交流と相互理解」を作って共に闘っていこう! 

 「連帯ユニオン議員ネット代表」であり、連帯ユニオン近畿地本顧問でもある、門真市の「断固たる反ヘイト実践市議」でもある戸田が、両者のパイプ役になります! 

5】本件に関してぜひ見ておいてもらいたいサイト記事や動画の紹介

サイト:

・「連帯ユニオン関西地区生コン支部HP」
  http://www.kannama.com/
・「連帯広報委員会HP」
  http://rentai-union.net/
・その最下段右の黒バナー「WORKER‘SVOICE」   
  http://workersvoice.net/
・連帯ブログ http://rentaiunion.sblo.jp/

・「革命21」HP http://www.com21.jp/
・戸田HPの 「連帯労組・生コン支部弾圧問題」特集コーナー
  http://www.hige-toda.com/_mado12/dannatu/dannatujyouhou.htm 
・連帯ユニオン議員ネットHP 
  http://www.hige-toda.com/____1/09giinnettaikai/index.htm

ーーー
記事:

・広域協組+差別排外主義者による“関生支部つぶし”の策動。その背景と真因。
  http://rentai-union.net/shinin
・大阪広域協組‐差別排外主義者。どす黒い関係が一目瞭然。
  http://rentai-union.net/movie-koiki

・どす黒い関係を探る シリーズ第五回- 関西の各地に広がるレイシスト集団と大阪広域協組4人組との合作関係に否定の声。孤立を深める大阪広域協組と和歌山広域協組
  http://rentai-union.net/archives/1367

・大阪広域生コンクリート協同組合。理事長の木村貴洋が刑法234条(威力業務妨害罪)で告訴される。歴史上前例のない規模のジェノサイドを展開した ナチスに傾倒し、長年、人種差別を唱道してきた瀬戸弘幸への支援表明を大々的に行う。どう考える豊建商事グループ
  http://rentai-union.net/archives/1314

・人の死までも関生叩きに利用する倒錯的な野合の実態 第十回 -労働組合の使命や存在意義をかなぐり捨て大阪広域協組4人組とその下僕に成り下がる建交労関西支部と交通労連生コン産業労働組合。関生支部批判と利権確保。それがの野合の実態である
  http://rentai-union.net/archives/1293

・事業協同組合と人種差別のレイシスト集団との繋がりを糾弾。5・22院内集会
  http://rentai-union.net/archives/1394

・ヘイト集団の連帯生コン支部襲撃事件の解説(1):バカ共の壊滅前の乱舞・大事な事は全て「コモンズ」にあり
  http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/203.html
・ヘイト集団の生コン支部襲撃の解説(2):かつてゼネスト協調もした大阪広域協の極右化と7千万円フェラーリ
  http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/215.html
・ヘイト集団の生コン支部襲撃の解説(3):連帯労組必勝の理由と今後の展開・武委員長の2/9講演を聴くべし!
  http://www.asyura2.com/18/senkyo239/msg/217.html

ーーー
動画:

・関西の生コン業界で、いまなにがおきているのか
  https://www.youtube.com/watch?v=o5heQXVQsOQ
・【閲覧注意】大阪広域生コンクリート協同組合 理事のみなさまへ
  https://www.youtube.com/watch?v=sm8RBLbcoWI
・大阪広域生コン協組執行部と瀬戸弘幸らの乱入暴行事件(2018年1月22日、1月25日、2月1日)
  https://www.youtube.com/watch?v=SFB-UQekRn8

・【驚愕】大阪広域協組が在特会関係者との関係を認めた瞬間
  https://www.youtube.com/watch?v=d1eD_6QPDj0
・【衝撃】昭和産業㈱(大阪広域生コン協組加盟工場 代表矢倉完治)から汚水を投棄
  https://www.youtube.com/watch?v=3avGtrzdRQI
・【衝撃】警官に手を出した丸山克也和歌山広域協組理事長 こんなこと許されていいのか
  https://www.youtube.com/watch?v=aaQO_ADrtEY
・【衝撃】海洋汚染の実態 南洋開発グループ(丸山克也会長)㈱明生工業
  https://www.youtube.com/watch?v=6Pqyxb93OF4

6・23反ヘイト・反労組弾圧総決起集会

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です