1966 土地に柵する馬鹿がいる/吉田拓郎

反戦動画集トップにもどる

拓郎がメジャーの舞台で歌った初めての自作曲(1966年)であり、ファンからは「幻のデビュー曲」と言われています。高校時代に三里塚闘争から着想を得て作詞したそうです(「月刊吉田拓郎」2003年9月号、小学館、p25)。レコード化されなかったので、知ってる人は少ないんじゃないかな。
  土地に柵する人がいる
  つながる大地のその上に
  杭打ちつける馬鹿者は
  一体何をする気だろう
   たったひとつの柵の為
   むこうとこちらにわけられて
   挨拶でさえ許されず
   近づくだけで殺される
  土地に柵する人がいる
  通ってゆけばそのままで
  何て事もなかろうに
  そこに柵をするなんて

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

1966 土地に柵する馬鹿がいる/吉田拓郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です