いよいよ明日!予定の再確認です

by ジグザグ会/公式

 泣いても笑ってもいよいよ明日となりました。私達は昼前から日比谷図書文化館のあたりにいますので、ご賛同いただける方は声をかけてください。
 団体の「偉い人」でもなんでもないたった数人が、ネットなどで呼びかけただけ、ただ、誠意をもって一生懸命に呼びかけたつもりです。それでどれくらいのことができるのか、いったい何人くらいの方が一緒に歩いてくださるのか、まったく予想もつきません。準備しながら不安で眠れないこともありました。それでもとにかく「はじめる」しかありません。
 やはり、最後の言葉はこれしかない。
 「あきらめないぞ!」
 以下、もう一度、私達の行動スケジュールと、10・13統一行動全体のスケジュールを転載しておきます。ご参加を検討されている方は確認をお願いします。
日比谷図書館
・集合場所:日比谷図書文化館前付近(日比谷公園内)
・日時:2013年10月13日
12時頃~集合、デモ練習など
13時頃~デモ前の打ち合わせ(自由発言・フリートーク)
14時頃~デモ出発
※目印にジグザグ会の横断幕を持っています。
※デモ終了後、希望者で経産省前テント~国会前行動~交流会
※飛び入り歓迎!途中参加、途中離脱OKです。
※お手伝いいただける方は、11時頃に集合場所にお願いします。
※フリートークは時間の関係で、希望者全員が発言できないこともあり得ます。

◆注意事項など

  • 個人はもちろん、団体の合流も歓迎します。
  • 個人で合流してくださる方については特に制限は設けません(飛び入り歓迎)。
  • ただし個人での合流であっても、私たちの隊列への日の丸などの持ち込みはお断りします。
  • 自称他称を問わず右翼団体の合流は趣旨が違うのでご遠慮ください。
  • 運動内部の意見の違いを、暴力で解決しようとする団体の合流はお断りします。
  • その他、趣旨が違うと判断した方には、合流をお断りして別行動をお願いすることがあります。
  • ヘルメットなどの「コスプレ」も歓迎です。
  • 押し入れなどに眠っている「昔の旗」を持ってきていただいてもかまいません。
  • 荷物はできるだけ少なくして来てください。
  • できるだけぬげにくい靴をはいてきてください(くるぶしまで隠れるものが望ましい)。

※デモは出発地点に戻ってくるコースです。荷物の多い方は駅のコインロッカーがおすすめです。
※付近にコンビニなどの店舗はありません。飲食物などはあらかじめ用意しておくといいと思います。
※ネットジャーナリストなどの方から、現時点で2件の撮影(取材)申し込みが入っています。顔などを撮影されたくない方は、マスク・サングラス・帽子など、各自で工夫してください。
10・13デモコース

◆万が一、右翼や警察などからの妨害を受けた場合

  • 逮捕は絶対にさけるという方針で、状況をみて柔軟に行動します(救援体制がとれません)。
  • 他の参加者の迷惑になるような事態をさけることが原則です。
  • 他の参加者などからの妨害を受けた場合は相手にせず、断固として自分達の行動を貫徹します。
  • 警察からの「お願い」と称した法的根拠のない不当な規制に対しては、毅然として抗議します。
  • 挑発された時は、警察官や妨害者の体に触れないようにしてください(手を後ろに組み1m以上離れる)
  • 相手への挑発を行ったり、不用意に相手の挑発にのらないよう注意してください。
  • 妨害・弾圧されたら、バシバシ撮影して、みんなでネットにさらしてあげましょう。

◆10.13 No Nukes Day 原発ゼロ☆統一行動全体予定(主催者サイトより転載)

  • 日時:10月13日(日) 開場12:00 開会13:00
  • 場所:日比谷公会堂(地下鉄「霞ヶ関駅」「日比谷駅」3分)※定員2000人・先着順
  • 会場代:500円
  • 内容:13:00~14:00集会
     司会 中尾こずえさん(さようなら原発1000万人アクション)
     主催者から 首都圏反原発連合から
      篠原義仁さん(原発をなくす全国連絡会から/自由法曹団団長)
     報告1 和田央子さん(福島から/鮫川村焼却炉問題連絡会)
     報告2 肥田舜太郎さん(医師)
     報告3 大江健三郎さん(作家)
     閉会あいさつ 鎌田慧さん(ルポライター)
  • 14:20~デモ
  • 共催:さようなら原発1000万人アクション/首都圏反原発連合/原発をなくす全国連絡会
  • 協力:脱原発世界会議/経産省前テントひろば/再稼働阻止全国ネットワーク
  • ※17:00~19:00 国会前大集会(主催:首都圏反原発連合)

ジグザグ会ブログより

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

日比谷図書館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です