2008 映画「実録・連合赤軍-あさま山荘への道程」予告編 & 元連赤兵士41年目の証言

□ 反戦動画集のトップにもどる

時代は終焉を迎えていた。
戦後と呼ばれた日本が終わり、この国の“いま”が始まるときだった。

映画「実録・連合赤軍-あさま山荘への道程」

 1972年2月、連合赤軍の兵士たちは「あさま山荘」を占拠した。
 猟銃やライフルの銃弾が、包囲する警官たちをなぎ倒していった。
 雪の別荘地で繰り広げられたのは、日本の歴史で初めて起きた、革命のための銃撃戦だった。

 1960年代から’70年代にかけて日本の体制を揺るがせた学生運動は、連合赤軍が占拠した「あさま山荘」で終わりを告げた。そこから、現在の日本が始まったのだ。
 1972年に刻まれたメッセージは、粛清された同志たちの死が語るのではなく、10日間にわたる銃撃戦のなかにある。銃口は、いまも、日本の“この時代”に向けられてられている。

「あさま山荘」に至る道は、どこにあったのか? 包囲された山荘のなかで、何が起きたのか? 若松孝二は“あの時代”を、どう描くのか……。
映画公式HPより)

★映画の感想★
つぶやき手帳 / ニャンケのブログ / 闘うリベラルのチャンネル / 反米嫌日戦線 / Transtyle / PATRI / 中央線通信  / ベルリン中央駅 / 戸田ひさよし /
若松監督、足立正生、西部邁によるトークイベントでの発言(反米嫌日戦線より) 

   

植垣康博氏(64歳・2013年当時) の証言

⇒ 参照)連合赤軍事件の全体像を残す会

   

□ 反戦動画集のトップにもどる

映画「実録・連合赤軍-あさま山荘への道程」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です