2013 映画「ハイ・パワー:大いなる力」予告編~日印原子力協定の今、インドの原発立地の声を聞く

□ 反戦動画集のトップにもどる

日本が輸出しようとしているインドの原発事情

映画「ハイ・パワー:大いなる力」インドの原発

 1964年建設のタラプール原子力発電所は、インドで最も古い原発。当初は熱狂的に迎えられ、地元の人々はその発電所を「ハイ・パワー」(大いなる力)と呼ぶ。
 しかし、原発周辺の住民たちは40年の長きにわたって貧困や病に苦しみ、怒りの声を上げていた。電力を送り出す町には暗闇が広がり、その闇はそこに留まっているかにみえる。

 原発が立地するタラプールの地は、その力が約束した夢から、はるか遠く離れている。結局、インドが国策として進めている原子力政策とは何なのか?電力を消費する都市部に住む人間として葛藤する主人公の目を通して、タラプールに起こった出来事を描き出す。

 今、日印原子力協定が締結され、福島事故で国内に作れなくなった日本企業の原発が、インドに輸出されようとしている。タラプールに起こった出来事が、私たち日本人の手によってさらに拡大されようとしている。 それはかつて、本土の反基地闘争を受けて、沖縄に米軍基地が押し付けられていった歴史を思い出させるようだ。

 人間の欲望を満たすための行為によってもたらされた別世界を背景に、ドキュメンタリー「ハイ・パワー」は、報道されないインド民衆の声、描かれなかった風景、失われた命に光を当てる。
(2013年/インド/27分)

映画「ハイパワー」の監督、祝島へ

2014年8月、インドのタラプール原発を描いたドキュメンタリー映画「ハイ・パワー:大いなる力」の監督、インドゥルカーさんが祝島を訪れ、上映会が行われました。その時の監督のお話や質疑応答のようすです。

スナメリチャンネルhttp://bit.ly/1vPNIJL

□ 反戦動画集のトップにもどる

映画「ハイ・パワー:大いなる力」インドの原発立地の声を聞く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です