新着:これからの大衆運動の課題は「反差別」だと思う(その1)

アーサー・ビナードさん講演会/水道橋


イベント詳細


アーサー・ビナードさん講演会

たんぽぽ舎講座 予約制
アーサー・ビナードさん講演会 Part3

「平和」の中の「姿なき武器」
 本来のメディアは何なのか
 医療の意味はどこにあるのか
 詩人が今をえぐり取って語ります

 アーサー・ビナードさん(詩人・絵本作家)のたんぽぽ舎連続講演会は今回で3回目です。昨年9月の「ウイルスたちはどんな夢をみるのか」に衝撃を受けた人は多かったようです。
 今年3月のテーマは、出来立ての絵本から取り「ありえない!今日このごろ」でした。ビナードさんが翻訳した絵本『ありえない!』の絵本作家エリック・カールさんは、『はらぺこあおむし』など固定観念を打ち破る多くの作品を残して今年5月永眠。志を同じくするビナードさんが今回選んだテーマも意味深のようです。
 ご期待ください。

■ 日時:2021年9月16日(木曜)講演会
 13:30~16:30(受付13:00)

■ 会場:東京学院3階(貸会場・貸教室内海)
  〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-6-15
  JR水道橋西口1分
  https://www.kaigishitsu.co.jp/access/
  アクセス: JR水道橋西口1分
  ※ご注意ください 今回の会場はたんぽぽ舎ではありません       

■ 参加費:800円

■ 予約:120名定員の会場を今回は60名で締め切ります
 電話 03-3238-9035  FAX 03- 3238-0797 
 Email: nonukes@tanpoposya.net
 
★アーサー・ビナードさん
 アメリカのミシガン州に生まれる。五大湖の魚と水生昆虫に親しんで育ち、高校生のころから詩を書き始める。ニューヨーク州の大学で英文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。
 『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞、『さがしています』(童心社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。翻訳絵本に『ほんとうのサーカス』(BL出版)『ありえない!』(偕成社)などがある。
 現在は活動の幅をエッセイ、絵本、ラジオパーソナリティなどに広げ、日本国内各地で講演なども行う。
 『アーサー・ビナード 午後の三枚おろし』は文化放送が制作し、NRN系列の全国ネットで、平日の午後に放送している帯番組

■ 主催:たんぽぽ舎
 101-0061千代田区神田三崎町3-1-1高橋セーフビル1階
 https://www.tanpoposya.com/

   

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をSNSでシェアする▼