新着】渕上太郎さんの墓参に出掛けた

岩本裕子さん講演会 アメリカ社会とBLM(ブラック・ライブズ・マター)〜黒人女性史の視点から/吉祥寺


イベント詳細


※要事前申し込み

アメリカ社会とBLM(ブラック・ライブズ・マター)〜黒人女性史の視点から

■ 日 時:2020年11月14日(土)14:00〜15:30
 
■ 場 所:武蔵野公会堂 第1・第2会議室
 吉祥寺駅南口下車徒歩3分)
 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
 http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/koukaido/access.html

■ 演 題:アメリカ社会とBLM(ブラック・ライブズ・マター)〜黒人女性史の視点から
 アメリカで起こっている「ブラック・ライブズ・マター」運動と「アメリカ黒人女性史」について

■ 講 師:岩本裕子さん(浦和大学教授)

■ 定 員:50名(要事前申し込み、先着順

■ 申込み:musashino@seikatsusha.net まで、
 ①講演名②氏名(フリガナ)③電話番号を明記

■ 資料代:500円

■ 問合せ:BLMを考える会(0422-36-3767)

※詳細は、https://musashino.seikatsusha.me/blog/2020/10/13/7381/ 参照。
※当日はマスクなどの新型コロナウィルス感染症対策をお願いします。

5月、コロナ禍のアメリカであまりにも理不尽な事件が起こりました。ミネソタ州ミネアポリスに住む黒人のジョージ・フロイド(George Floyd)さんが、白人警官に膝で首を圧迫され、「息ができない(I can’t breathe)」と訴えながら窒息死した事件です。

この現場の動画はSNSで瞬く間に世界中で共有され、抗議活動がアメリカのみならず、ヨーロッパや東アジア、中東を含む世界中の国や地域でも起こりました。日本でも小規模ながらデモによる抗議活動が行われ(東京、名古屋、大阪、新潟)これにより不十分ではありますが、この国の人種差別の実態が話題にはなりました。しかし、ここ日本では「人種差別問題」は、無いことにされ、人口に膾炙することも稀です。

また、全米オープンテニスでは、「黒人女性」であることを表明している、大坂なおみさんが「多くの人にこの問題を知ってほしい」と、警官に射殺された黒人被害者らの名前の入った黒いマスクを試合ごとに日替わりで着用し、話題になりました。

11月3日に行われるアメリカ大統領選挙では、民主党が政権を奪還すると「黒人女性」の副大統領カマラ・ハリスさんが誕生することになります。

そこで、『物語 アメリカ黒人女性史(1619-2013) -絶望から希望へ』(明石書店刊)の著者 岩本裕子さんに、アメリカの黒人(特にその中でも特に過酷な状況に置かれている女性達)がどのように差別に向き合い、克服しようとしてきたのかをお聞きします。

   

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をSNSでシェアする▼

---