新着:ミャンマー民衆に連帯の声をあげよう 4.25新宿デモへ

敵基地攻撃能力・軍事研究・日本学術会議再編 戦争ができる国作りの現段階を考える/オンライン


イベント詳細


敵基地攻撃能力・軍事研究・日本学術会議再編 戦争ができる国作りの現段階を考える

■ 専守防衛の破棄「敵基地攻撃能力」

 イージス・アショアの配備撤回とともに、急浮上した「敵基地攻撃能力保持論」は、これまでの政権が掲げてきた「専守防衛」を実質的に破棄するものです。菅政権は12月の閣議決定でそのことに言及することこそ避けましたが、来年度予算案に長距離ミサイルの購入・開発費を計上するなど、実質的に敵基地攻撃能力保有を進めています。

■ 大学での軍事研究と日本学術会議の再編

 またこの間JAXA(宇宙航空研究開発機構)と岡山大・東海大が進めているマッハ5以上の極超音速エンジンの研究も、敵基地を攻撃しうる極超音速ミサイルに使われうるものです。なぜ政府・自民党は今、敵基地攻撃能力を保有しようとするのでしょうか。そしてなぜ大学でそのための研究をするのでしょうか。

 一方、昨秋、菅首相は日本学術会議の6名の任命を拒否しました。それは違法行為であり、学問の自由と独立を踏みにじるものですが、その背景に軍事研究に否定的な学術会議を再編し、政府の下請けシンクタンクとする意図があります。

■ 「戦争のできる国」づくり

 これが2015年の安全保障法制制定以降、着々と進む「戦争のできる国」づくりの現在の動きなのです。それは米軍と共に他国を攻撃できる自衛隊とすることであり、その政策に批判的な学術会議を再編することなのです。

 この全体像をおさえ、軍備増強や軍学共同の今を分析し、さらに学術会議創設時の理念を振り返り、今後の在り方を考えるために下記の会を開催します。多くの方々がご参加いただければ幸いです。

■ 日時:2021年3月1日(月)
 18時30分~20時30分 Zoom受付 18時から

■ 講師:
・杉原浩司さん 武器取引反対ネットワーク(NAJAT)代表
・小寺隆幸さん 軍学共同反対連絡会事務局長
・特別講師:小沼通二さん 世界平和アピール七人委員会委員・事務局長
 
■ 予約方法:
・参加は事前予約とします。(予約受付は、即日から2月25日まで)
・予約は名前(ふりがな必須)、連絡先(E-mail必須)、職種・団体(任意)を明記の上、
 E-mail: jreikochan@yahoo.co.jp  神野玲子へ申し込みください
*連絡先のE-mailアドレスを誤ると参加案内が送れませんので注意を!
参加費振り込み方法:参加費 500円                             
・事前に2月27日までに下記に振込みください、
【郵便局からのご送金】の場合:口座番号 10290-70860881 口座名義 神野玲子
【他行からのご送金】の場合:ゆうちょ銀行028店 普通7086088 口座名義 神野玲子
 
・参加費お振込みされた方に2月25日頃に案内とZoomのURLをお送りします。
 
■ 予約申し込み先:
・E-mail :jreikochan@yahoo.co.jp または
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9b2217c6692988
・携帯電話:090-2669-0413 神野玲子

■ 主催:軍学共同反対連絡会川崎 people21  

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をSNSでシェアする▼

---