新着:JRLアニメさんが「2021年1月から3月のアニメ」を投稿

ブラックパンサーパーティー(黒豹党)とは何だったのか?-BLM運動に引き継がれるその遺産

反戦動画集のトップにもどる

 アメリカで1960年代後半から1970年代にかけ、公民権運動の中でラディカルな黒人解放闘争を展開した黒豹党。これを目の敵にしたFBIのフーバー長官(当時)による効果的なデマ宣伝のせいで、マスコミにも最近まで「暴力的なテロ組織」あつかいされてきた(嶋田凌一著『ブラックパンサー 対 FBI』など参照)。
 ブラック・ライブズ・マター(BLM)運動の高揚の中で、再び注目を集めるブラックパンサー。その実際の姿と今日のBLM運動にまで引き継がれる黒豹党の残した精神と遺産とは。
(ビデオ字幕翻訳:大谷行夫)


※上の動画は2020年12月12日、東京・池袋での「BLM運動は未来を変えるか」シンポにて参考上映されたものです。下記に書きおこした翻訳文を含め、本エントリ関連の責は草加にあります。

<ビデオ字幕より>

 黒豹党は、1960年代に米国カリフォルニア州オークランドで、大学仲間のヒューイ・P ・ニュートンとボビー・シールによって結成された、革命的社会主義組織です。
 1964年の公民権法は人種、肌の色、宗教、性別、あるいは国籍による差別を禁止したにもかかわらず、人種差別や様々な差別が 黒人社会に横行していました。
 ニュートンとシールは、単に人種差別廃止だけでなく、それ以上の主張をもって黒豹党を結党しました。 彼らは、黒人社会のあらゆる人種差別撤廃を要求しましたが、黒豹党の最も重要なイデオロギーは武装自己防衛の権利にあり、 全米から注目を集めました。

アメリカ合衆国憲法修正条項第2条
規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、市民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない。

 当時法学部生だったヒューイは、カリフォルニア州の隠さずに銃携帯が許される「オーブンキャリー法」に精通していました。 1967年、ヒューイとシールは、オークランド市内を武装パトロールし、警官のパトカーを追尾して黒人への職質を監視し始めました。

 あわてたカリフォルニア州議会は、黒豹党のパトロールを禁止せんと、銃規制法案を通過させようと急ぎました。 それに抗して、同年5月2日、黒豹党員の小グルーブが実弾装填武器で武装して州議会ビルに抗議するために押しかけました。
 この抗議行動が広く報道されるや、黒豹党は数千人もの支持者や支援者を得ることになり、オークランド市基盤の小グルーブから、全米に支部を持ち、国際的支持も得る団体に急成長したのです。

 黒豹党は、武装自衛のイデオロギーだけでなく、黒いベレー帽の特徴的なユニフォームと拳をあげるスタイルで有名です。 しかし、黒人社会への飢餓児童救済ブログラム、無料の教育や医療の提供などの地域奉仕活動の偉業はあまり知られていません。

ブラックパンサーは、朝食をとらなかった子供たちが学校での活動が上手くいかないという研究結果に基づき、1​​9の異なるコミュニティの黒人の学童に、無償で週2万食を提供する朝食プログラムを開始。貧しい黒人児童のための無料学習センターも開校した。(動画はオークランド学習センター1977年)

 党員が飛躍的に増加するにつれて全米および世界からも新しい指導者が誕生してきました。 更に、党で最も影響力を持った人物の多くに女性がいて、女性党貝は全党員の三分の二を占めていたと推計されます。

今日「ブラックパンサー」と言えば、銃を持ってジャケットを着た男性のイメージを思い浮かべるが、実は党メンバーの多くは、黒人と女性という二重の差別と排外主義に苦しんできた女性たちだった。(動画はElaine Browne、Kathleen Cleaver、Angela Davis といった女性メンバーたちの紹介)

 黒豹党の革命的なエートスによって法執行当局は、黒豹党を「国家安全保障上の脅威となる」とする警戒を抱きました。 実際、当時のFBI長官であるフーバーは、黒豹党を「疑いの余地なく国家安全保障上の最大の脅威である」と当局に指示し、弾圧を開始しました。
 黒豹党員間の過激な内紛は党が暴力的な団体であるというイメージを一般大衆に持たせる要因となりましたが、それらのほとんどはFBIがでっち上げたものでした。激しいFBIからの攻撃は複数人の党員を殺害しただけでなく、党内に疑心暗鬼の雰囲気と内部分裂を引き起こしました。

 更にFBIや警察による逮捕・起訴が強化され、裁判費用が重くのしかかり党の運営が難しくなってきました。 70年代中旬初めから、警察の党員殺害や投獄からだけでなく、党は党員を失い始め弱体化していきました。 FBIの効果的なデマ・キャンペーンによって党は「テロ組織」という烙印を押され、大衆の支持も失い始めたのです。
 こうして長年にわたり党員の減少とマスコミの否定的な報道の後、1982年に黒豹党は正式に解党しました。

 黒豹党は解党しましたが、困窮児童への無料朝食や鎌状赤血球貧血症(ほとんどが黒人に発症する遺伝性の難病)研究のための政府資金援助などのようなコミュニテイプログラムの多くは今でも存在しているか、似たようなブログラムの創出を誘発しました。
 最近の米国の政治社会運動において女性の指導的役割は増進しています。 そういう意味でも、黒豹党の性平等の正常化への貢献は評価されています。

ブラックライブズマター・ワシントン集会

 しかし、おそらく党の最も顕著な遺産は、それが紛れもなく黒人の組織だったという事実です。 差別をやめてもらうよう白人の良心に訴えるより、非妥協的に、必要な限り継続的に、黒人が自らの基本的権利を要求するべきだと黒豹党は示しました(ブラックパワー運動)。 そしてそれは今なお「ブラック・ライブズ・マター」運動に受け継がれているのです。

(大谷さんの翻訳に動画資料などを加えて編集。文責:草加)

参考

   
映画『ブラックパンサーズ:ヴァンガードオブレボリューション』

 スタンリー・ネルソン・ジュニアが監督した、2015年のアメリカのドキュメンタリー映画。貴重なアーカイブ映像の宝庫と、生き残ったパンサーズおよびFBIエージェント、ジャーナリスト、白人の支持者と批判者など、多様なインタビューを組み合わせて、革命的な黒人組織であるブラックパンサー党の真実を浮き彫りにしていきます。
 「武装自己防衛」を掲げ、 “power to the people” と “creating a better world” を叫んだ彼らの運動の起源は、現代の「ブラック・ライヴズ・マター」運動の台頭と、アフリカ系アメリカ人コミュニティと警察との緊迫した関係が見られる時代に再び注目されています。

   

反戦動画集のトップにもどる

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をSNSでシェアする▼

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です