マンガ】平和の風(かじ)-バスガイド糸数慶子の挑戦-(前編)

■ダウンロード一覧に戻る

伝えたいことがあります
伝えなくてはならない真実があります

戦後60年 特別企画 “平和バスガイド”として30年ーー
糸数慶子さんが語り続ける“沖縄戦”とは?

平和の風(かじ)-バスガイド糸数慶子の挑戦-(前編)
pdfファイル

平和の風(かじ)
-バスガイド糸数慶子の挑戦(前編)

作:福井美穂子 2005年7月

 戦後60年目に贈る、“平和バスガイド”の奇跡!!沖縄のバスガイドが“戦争美化”の安易な“お涙ちょうだい”が中心だった‘70年代。沖縄戦の真実の姿を語りだした、ひとりのバスガイドが現れた…。糸数慶子。読谷村出身。のちに沖縄の参議院議員として選ばれる。
 彼女のガイドが“平和バスガイド”と呼ばれ、メインストリームとなるまでの奮闘ぶりを、前後編95ページで描く、感動のドキュメント。(紹介文より)

平和の風-バスガイド糸数慶子の挑戦(後編)はこちら

平和の風(かじ)-バスガイド糸数慶子の挑戦-(前編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人。京都市生まれ。立命館大学法学部卒業。かつてはブント系の左翼だったが、現在は平凡な普通のおっさん。2004年にイラク侵攻への怒りから『旗旗』を開設。その後、ネットなどで知り合った人々と自由な個人共闘である「ジグザグ会」「三里塚勝手連」をはじめた。サイトはHTML→XOOPS→Wordpressと変遷し、14年分のコンテンツはそれなりに膨大だったが、現在もブログ以外のコンテンツは手作業で移植中のため、終わりが見えない状況。