動画・アルバム】移住労働者の権利のための行動 March in March 2018 に参加しての感想 「外国人労働者問題」解決の鍵は差別をなくすことにかかっている

 毎年恒例になっている、移住労働者の権利のための行動 「マーチ・イン・マーチ March in March 2018」に参加してきました。今年は移住連の移住者の権利キャンペーン2020「ここにいる koko ni iru」の賛同企画でもあるそうです。ジグザグ会の仲間と共に参加しましたが、あくまでもそれぞれ個人としての自由参加です。私は日本人参加者として「差別は窮屈でつまらない!私たちは共に生きるぞ」というプラカードを作って参加しました。

反戦動画集のトップへ

 サブタイトルが「奏でよう移住労働者の声を!」とある通り、音楽や各国の舞踊などが続き、集会やデモを含め、いわゆる「総決起」というより「祭典」という感じの(文化祭?)なごやかな手作り感満載の雰囲気でした。以下、日本人としてこの催しを見た感想を書いてみたいと思います。

一日本人として個人参加してみた感想

 大都市圏で生活していると、目立つところではコンビニや居酒屋などの接客、建設現場などで移民労働者の姿を頻繁に目にするようになりました。いわゆる「外国人労働者問題」で、少なくとも事態を深刻化させないために何より肝要なのは、賃金、待遇、その他のあらゆる面で差別をしないことです。文化衝突とか異文化共生なんてその後のことです。まして国籍や人種差別(レイシズムやネオナチ)なんて、そもそも自分たちの首をしめるだけの問題外の愚行です。

 欧米では「差別+低賃金」から互いの不信感や敵意が増幅していくという過程が問題であったと思っています。そこにあとから表面的な「移民政策」で糊塗しても、一度生まれた不信感はなかなか解消せず、それが極右や原理主義の温床にさえなっています。

 今のところ、日本でこれだけ移民が増えても、全社会的な大きな問題にならず、今まで移民と接する経験のなかったことが、かえって欧米よりも良い方向に作用しているようで、そのことには日本社会に対する誇りさえ感じます。が、もちろん表面化していないだけで問題がないわけではありません。自分の狭い体験でも、短期間派遣で工場労働をしていた際に、外国人研修制度を悪用して、中国人労働者を日給5千円で12時間労働させている事例を目撃しました。それも10数年前の話で、今は是正されていると思いたいのですが、こういう話を聞くと暗澹たる思いがします。

 現在的に市井の私たち一人ひとりにできることは、移民に対する平等を差別で覆そうとするこのような事例や差別に対し(たとえそれが日本人感覚で「些細なもの」であろうと)モグラ叩きみたいに一つ一つ潰していくしかほかにないのだろうかと思います。でもそのことで、日本社会の雰囲気やあり方を変え、構造を変え、お互いが「敵」ではなくて、同じ社会で共に暮らす、ルーツや文化が違うだけの隣人なのだという、そういう社会のあり方を下から作っていくことになるのでしょう。

 いわゆる「外国人労働者の受け入れ」については、長期的にみればいくら反対論者が抵抗しても避けられないとは思いますが、こういう社会的な素地ができないうちにガンガン受け入れますと、絶対に国家間の経済格差や貨幣価値の違いを悪用して、低賃金・長時間で移住労働者をこき使う輩がでてきます。その時に日本社会が移住労働者を受け入れた以上はしっかり守れないと深刻な事態になる。それは国やまして財界側に期待できることではなく、現場の組合や労働運動にかかってくると思うのですが、その主流が非正規の労働者でさえ守ろうとしないなかで、さらに弱い立場の移住労働者の権利擁護にどれだけ動けるか。なかには外国人排斥に動く部分さえでて事態をさらに深刻化させてしまうかもしれない。そう思うと、いきなりの「門戸開放」には懐疑的にならざるを得ません。

 繰り返しますが、移住者の問題のほとんどは、差別や排外主義の解消こそが解決の核心になります。その他の問題を話し合いで解決するにしても、まずはそれからです。考えてみれば、声を大にして言うまでもない当たり前のことなんですがね。

 欧米では下層労働者に移民への敵対心を極右が煽って組織化し、差別される移民労働者には原理主義者が声をかけるという悪循環で社会を分裂・混乱させ、問題の解決を遠ざけています。なんとか日本ではその反対の道を行きたいものです。その鍵は私たち日本人の行動にあり、在野で日本人労働者が移民労働者と団結し、差別の汚染から移民と日本社会を守ることにかかっていると思います。その意味でこのような行動は、双方にとって本当に意味がある有意義な取り組みであると思います。主催の皆様には心からの敬意とリスペクトをおくります。

画像アルバムのトップへ

※写真クリックで拡大します

参考】移住者の権利キャンペーン2020−“ここにいる Koko ni iru.”

移住者の権利キャンペーン2020−“ここにいる Koko ni iru.”ロゴhttps://kokoniiru-migrants.jimdo.com/

・在日外国人230万人 超
・外国人労働者100万人超
・日本で生まれる約30人に1人が外国にルーツをもつ子どもたち

 人手不足を背景に、政府文書やメディアには「外国人材の活用」という言葉が踊り、「『移民政策』とは誤解されないように」という枕詞つきで「外国人労働者」の受け入れ拡大が再びすすめられています。

 しかし、これらの数字や言葉からは移住者一人ひとりの顔は見えてきません。また移住者や多様なルーツをもつ人びとが、出身文化やそのルーツ、尊厳を保障されながら日本社会で生きていくための政策も存在していません。

 移住者や多様なルーツをもつ人びとは、この社会でそれぞれのを生きています。そして、一人ひとりのそれぞれの織り成されることで、この社会はつくられています。

 2020 年の東京五輪の基本コンセプトのひとつには、「多様性と調和」が掲げられ、「人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩。東京2020大会を、世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会をはぐくむ契機となるような大会とする」とされています。

 私たち移住者と連帯する全国ネットワークは、このコンセプトを単なるスローガンで終わらせるべきではないと考えます。そこで移住者と多様なルーツをもつ人々の権利と尊厳が保障される社会、制度・政策を目指して、多くの人が参加し意見を出し合う場をつくるキャンペーン “ここにいる”を立ち上げます。

 キャンペーンでは、各地でコミュニティミーティングやタウンミーティングを開催したり、HPやSNSで情報発信を行い、移住者・マイノリティが「ここにいる」現実を伝えていく予定です。ぜひご参加・ご賛同をお願いいたします。

一緒にやりましょう!賛同してください!
 このキャンペーンにご賛同してくださる方、一緒に取り組んでくださる 方を募集しています。ご希望の方には、今後キャンペーンの関連情報をお 送りいたします。ご協力ありがとうございます! (情報メールにご登録下さい

4 件のコメント

  • 移民について前々から感じていた素人考えについて述べて見ました。議論の進んでいる分野とも思いますので、おかしなことを言ってたらご指摘お願いできればと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です