映画『タクシー運転手~約束は海を越えて~』をみんなで見た

by ジグザグ会/公式  □ 反戦動画集のトップへ

 『タクシー運転手ー約束は海を越えて』をジグザグ会の数人で見てきました。ここでは3人の感想を紹介します。ぜひお読みください。その上で映画に関心をもっていただくきっかけになれば幸いです。

 本作は1980年のいわゆる「光州事件」を題材に、実話を下敷きにした商業映画で、韓国では1500万を動員する空前のヒット作となりました。映画の内容解説については3人の感想(特に大川さんの)を読んでください。

 先に同じ光州事件を取り上げた『光州5・18』では、いわばその内部から悲劇の真実を描いていますが、この作品では当時の背景情勢や政治的主張などは全く描かれず、外の人間(主人公)の見たまんま、そこでのごく普通の人としてのふれあいを、時に笑いをまじえて描いていきます。さらに主人公は戒厳令に反対する学生のデモを「迷惑だ」と言うような、軍政か民主化かの岐路にあった激動の時代背景を考えれば、もはや「普通」を通り越していささか鈍感なくらいの陽気でいい加減な男です。

実際の光州事件の画像

実際の光州事件の画像

 しかしそんな一介のタクシー運転手の勇気によって、覆い隠されていた光州での事態、その映像などが、全世界に伝えられたのです。「部外者」としての目線、主義主張からではない人として当たり前のふれあい、そして私たちと変わらないごく普通の人々の勇気によって引き起こされた奇跡。

 特に感想を寄せてくださった3人にとって(そして私にとっても)「光州事件」は、少年~青年時代に、日本のすぐ隣でおこったショッキングな事件であり、その後の人生に影響を与えた事件です。
 あの当時「英雄的」とさえ思っていた行動が、実は今現在の自分と何ら変わらない普通の人たちの勇気によって担われていたこと、およびもつかない高邁な精神や思想からではなく、誰でも理解できる当たり前の行動だったこと。それは大きな驚きと共に再度事件を自分たちに引きつけ、新しい意味を私たちに与えてくれるものです。

(草加耕助)

映画『タクシー運転手』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です