野宿者への強制排除はじまる!

20060129.jpg
ついに野宿者への強制排除がはじまりました!

///////////////

○今夜24時を持って入り口が完全封鎖されます。明日の行動に参加される方はそれまでに現地入りを。
○大阪駅前の情宣、30分ほどでビラがまたたくまに500枚はけました。いま、日雇全協山谷争議団、渋谷のじれんからのアピールを受けているところです。
○さきほど弁護団から連絡があり、代執行の執行停止命令却下に対して行った抗告が、裁判所に却下されたということです。明日の強制排除が行われることが、これで確定しました。
釜パトブログより)

////////////////

現在の段階で入っている情報です。

1)公園は完全に封鎖され、市民(ひょっとして報道も)の目が全くとどかない状況におかれること。
2)たった20人程度の野宿者を排除するために、半端でない大人数(おそらく総勢600人程度)の職員・ガードマン・警察がいっせいに襲ってくること。
3)「市の代執行」と言いながら、実際は大阪府警(機動隊)が前面に出てくるであろうこと。
4)公園に残っている者は全員逮捕の可能性があること。
5)抵抗や「阻止行動」はもちろん、野次馬のふりをして「監視活動」をすることさえ、相当に腹をくくらないといけないというか、そもそも公園に近づくことさえ困難になるだろうこと。
6)夜明けと共に襲撃がはじまり、市役所が開くまでに「作業」を終わらせるつもりらしいこと。

おそらく「武装した600人 VS 素手の50人」程度の攻防になります。抵抗しようもんなら、ほとんど袋叩きでしょう。この状況で、前夜から公園入りしている支援の方々の勇気には、本当に頭が下がります。心からの敬意をはらいたいと思います。きっと一人一人に決断と選択が問われたと思います。東大安田砦やアラモ砦の戦いにも通じるものがあります。

しかし、公園入りしない決断をされた方も決して「消極的」なわけではありません。各人それぞれに事情がありますし、全員が逮捕されては身動きがとれません。昔のような「オールオアナッシング」の運動ではいけない。それぞれの事情と判断で「できること」を積み上げていきましょう。

これをご覧の皆様。たった今すぐに、以下の各「ご意見送信フォーム」より、抗議のメール集中をお願いします。簡単なものでもかまいません。「うつぼ公園と大阪城公園からの野宿者排除に抗議します」の一言でもかまいせん。是非お願いします。

抗議先のあて先

◇大阪市長 關 淳一(市長室秘書部秘書課宛)
TEL: 06-6208-7231 FAX: 06-6202-6950
市長への意見送信フォーム

◇ゆとりとみどり振興局総務部管理課
TEL:06-6615-0643 
意見送信フォーム

◇世界バラ会議大阪大会実行委
office@worldrose-osaka2006.jp
FAX: 06-6631-8741
意見送信フォーム

◇西部方面公園事務所
TEL: 06-6441-6748 FAX: 06-6441-6797

◇東部方面公園事務所
TEL: 06-6941-1144 FAX: 06-6943-6877

大阪市市民局

◇第23回全国都市緑化おおさかフェア実行委員会事務局
TEL: 06-6920-5941 FAX: 06-6920-5971

———

にほんブログ村→ にほんブログ村
お帰りの前にワンクリック!→人気ブログランキング

参考リンク

1・30大阪市による野宿者強制排除に抗議の声を!(旗旗)

釜パトブログ
釜パトサイト(旧ページ)
行政代執行とはなにか/「軍務拒否」の呼びかけ(釜パトブログ)
※名古屋市が白川公園で野宿者を強制排除した時の「撤去マニュアル」を暴露

長居公園仲間の会
長居公園テント村通信

靱・大阪城強制排除迫る(despera)
公園のテントに住民票を移すこと(despera)
住民票弾圧(despera)

野宿生活者(ホームレスの人々)-(1)- (闘うリベラルのチャンネル)
野宿生活者(ホームレスの人々)-(2)- (闘うリベラルのチャンネル)
報道にもうちょっと配慮が・・・(闘うリベラルのチャンネル)
排除では問題が解決されないことに気付けよ、いい加減(闘うリベラルのチャンネル)

ホームレス問題について(アッテンボロー)
大阪で亡くなるホームレスは年200人以上(マスメディアが民衆を裏切る12の方法)
[紹介と感想]沖縄に関する記事二つ(Arisanのノート)
ひさしぶりに、大阪市の糞役人話や(やんちゃなおやじ!)
野宿者の強制排除を許さない3(A&U大阪)
世界バラ会議って、どーよ?(HISAの人生やり直し日記+うつ病闘病記)

仙台夜回りグループ
渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合(のじれん)
山谷労働者福祉会館
野宿者・人権資料センター
野宿者のための静岡パトロール(しずぱと)
笹島診療所

コメント

    • RR
    • 2006年 1月 30日

    いよいよ今日なのですねー。もう止められないのかもしれないけれど、せめてけが人の出ないことを祈ります。

  1. 路上生活者支援に賛成です!ヒトラーも元浮浪者であることを考えれば、(世の中の役に立てる)「潜在能力のある人たちがチャンスを与えられない」ことで、社会が損害を受けている面もありますよね。

    最低限の生活やチャンスさえあれば、どこで化けるか分からないのが人間です。

    私のブログをぜひ御覧下さい。理人(マサト)部分クリックで飛べると思います。底辺から駆け上った「ブッ飛んでる連中」の姿が見られます。

    • どないやろ
    • 2006年 1月 30日

    関さんにメール送っときました。
    あんまり期待できへんけど。

    +++++++++++++++++++++++++++++++++
    うつぼ公園の野宿者排除反対

    関さん、ヤクザは追い出せんくせに、市民や浮浪者とか、弱いもんをイジメんのは、もうやめましょうや。

    なにがバラ博やねん。そんなまでして公園工事する必要ないやん。そんなココロない花、だれもみとうない。

    ご都合で工事して、追い出す。外人さんは人権問題にはうるさいで。バレたら日本の恥になんのとちゃいまっか?

    ほんまにもうそろそろ暴動おこりまっせ。
    怪我人がでんように、すんのも市長の責任やと思うで。

    • kamakazu
    • 2006年 1月 31日

    草加さんの報告を待っているのです。

    決死のメールを送っていただいたのはよいのですが、本当に決死にならないで下さいね。決死の行動が必要なら、妻子のいない、この俺がやりますから。野宿者支援の闘いは、もっともっと金がいるし、周辺で支える人士の輪が広がらないといけないと思う。悔しくて仕方がありません。この闘いを支える「党」はないのです。俺達は、お互いに支えあう「党」をつくっていかねばならないと、泣きそうになりながら思うのです。その「党」ってのは、昔、目指していたレーニン主義の革命党じゃなくてもいいのです。「党」と呼ぶほどのものでなくてもいい。ただ、みんなで支えあえる「党」的なもの、それが欲しい。

    20年前に、山谷の越冬闘争で、俺と同じ「津軽弁」を話す労働者と一夜を過ごしたkamakazuの切ない思いです。

    • 名瀬こばと
    • 2006年 1月 31日

    ちょうど10年前、新宿駅西口で動く歩道を建設しようとしてホームレスたちと騒ぎになった、あの事件を覚えている人は何人いるだろうか。あの時、ホームレスとして運動に参加していた身としては、「浮浪者排除をすべき」と言いたい。いや、支援するなら徹底的にしてくれと。何通もの抗議メールよりも一杯の飯を支援しろよ、と。あの頃、支援者からは平日の朝にタイ米のご飯と漬け物一切れ、生卵が一個。それだけ。足りないから区役所の備蓄用で賞味期限間近の緑のたぬきを食べる。夜はついでにもらった乾パン。
    貧すれば鈍す、栄養が足らなくて思考能力は低下し、気力も失せ、着るためだけに生きていたあの頃… きっかけがなければ今でも居たかもしれない。
    今回のことはどっちが悪だか分からないが、本当のホームレス支援ならこれをきっかけに人間として最低限の生活を送らせることではないだろうか。
    ホームレスを続けさせることが本当のホームレス支援なのだろうかと元ホームレスは思う次第。

  2. おや、名瀬さん。とうとうここにも来たのですね(笑)。私は名瀬さんという人は、いろんな運動(思想)を支持する掲示板に、わざわざその運動(思想)を批判する記事を一日に何件も投稿するのを趣味みたいにしている人だという印象をもっていますが、今度は「元ホームレスだった」とは初耳ですね(笑)。今までが今までですから、素直に受け取れませんが、今回の投稿は従来よりも誠実さを感じますので、とりあえず信じることにします。ただ、「四トロ掲示板」みたいな粘着ぶりを発揮しないでね。したら同じ対応をとりますよ。

    「支援の人が支給してくれた食事では足りなかった」というのは、私としてはコメントのしようがないなあ。単に金がない中での精一杯だったのかもしれんし、事情がわからん。
    で、支援団体のポジションについては、千差万別ではないのかな?私の印象ではキリスト教系は文字通りの「自立支援」な印象があるけど、それって「ホームレスをやめる手伝い」でもあるよね。悪くすればただの「施し」だけど。また、当面は「ホームレス」を続けながら今の命を維持するにも、そこから脱出するにも、行政にもとからある制度を活用していくのは悪いことではないし、「ホームレス」でも利用できるようにせよ!って活動はいいんではないかな。

    「ホームレス」のままでいることがいいわけがない。支援運動は「ホームレス」本位であるべきだけど、必要な支援は人それぞれ。だから運動もいろいろある現状はなかなかいいと思っています。また、「自立」って簡単に言うけど、やはり本人がそう思わないと、回りでいくら支援しても、施設作ってもどうしようもないと思うんですよね。一番大切なことは、本人が自尊心と誇りと生きる意欲を取り戻してもらうことです。この分野では左翼系もわりと頑張っていると思います。それが「ホームレスの自分を肯定する運動になっている」というなら、私は運動の当事者ではないけれど、左翼一般への批判として受け止めておくとしか言えません。

    あと、余計なお世話かもしれませんが、ある程度大きな運動や組織には、通常「その運動を支持・支援するサイト」と、「その運動を批判するサイト」があります。さらにその下(「周辺」でもいいが)には、批判ではなくて、単に罵倒するものもあるでしょう。ですから、名瀬さんは名瀬さんなりに、しっくりくる場所で思考を深められたらいいんではないでしょうか?

    逆のサイトに逆の内容を、しかも三浦さんみたいな配慮もなしにストレートに(かつ粘着しながら)書くから、荒らしだと言われるんですよ。逆の立場の所の書込みが、名瀬さんからみて違和感あるんは当たり前です。それは「目的」が違うわけで、その目的を荒らしちゃいけんです。 もし、そういうのが「趣味」だと言うなら、名瀬さんと同じく「喧嘩が趣味」で「かかってこんかい!」みたいな「荒らし歓迎」なとこもありますし、そういう所を探したらどうでしょう?どうしてもなかったら、後は2ちゃんでやればいいと思いますよ。

  3. kamakazuさん>
    「決死のメール」の件はあまり言わんといて(笑)
    とりあえずこうして無事(でもないけど)帰ってこれました。左足をぼこぼこにされました。歩けんです。

    野宿者側に200人も集まっていて驚いた。大方の予想では、ろくに抵抗もできないうちにあっと言う間に排除されるだろうと思われていましたが、蓋をあけてみたら、2回の総攻撃を押し返して、延々と7時間も踏ん張り続けました。市側は600人程度。総勢で800人。もう「監視行動」なんて状態ではなかった。その場にいるだけで、否応もなく「阻止行動」の輪に入ってしまう。

    感じとしては辺野古の阻止行動みたいなかな。とにかく「非暴力・不服従」が強調されてて、「絶対にこちらから手をださないで」と何回も注意があった。
    一度排除されてから、バリケードを突破して再突入した時は「あー、これでもう駄目かなあ」と思ったけど(笑)。あと、市に雇われたガードマンは盾みたいに使われてて、本当に気の毒だった。僕も、もみくちゃになったガードマンを引っ張り出して助けてあげたくらいで、みんな同情していましたよ。
    報告は後日にね。

    • 名瀬こばと
    • 2006年 1月 31日

    回答、どうもありがとうございます。
    よく誤解されるのですが、私が居るのはホットラインだけ。それ以外は少し前に四トロに行ったくらいで、投稿や、ましてや批判や喧嘩が趣味じゃありません。
    まあ、ごくたまに「強烈な矛盾」を聞いたりしますが、別に批判をしたいわけではなく、純粋に「人」を見たいだけ。その矛盾すらも納得させるだけの説得力、純粋な思い、丁寧な回答ならば素直に賞賛しています。「まっぺん」のことはなぁ…。「四トロ」のそもそもの一件は、まっぺんから喧嘩うってきたんだよなぁ。今更どうでもいいことですが。

    ホームレスの排除の件は、やはり当事者でなければ分からないことも多々あります。もちろん支援者も意見も多々なんでしょうから、もちろん私の発言は単なる意見でしかありません。その上で言うのであれば…やはりホームレスは人に迷惑かけて生きているんだなぁと。しかもそれが麻痺している状態になっている部分があるな、と。ホームレスやっててそう思いましたよ。凍死した仲間のいた段ボールハウスの前に『仲間が凍死したのは行政のせいだ』って、おいおい… もちろんまともな奴も何人か居たけれど、ほとんどが自己中。そういう実情を果たして何人が知っているのか。
    今回のことを非難する人も支援する人も、ホームレスの視点で本当に考えてほしいと、元ホームレスとしては思う次第。実際、運動には参加するが腹を割ってホームレスと話しあおうとする支援者は皆無だった記憶が。所詮は支援者、暖かい家があり、おいしいご飯を食べ、帰る場所がある人たちとは違うんだなあと思ったよ当時。

  4.  おお。御無事でしたか。お疲れさまです。ご苦労様です。

     ホームレス問題は、個々のホームレスの前歴と現在置かれている環境の両面から機制されている心情を持っている。それは、感覚、感情、思考、行動の基となり、それらの主体に、個から社会へとつながる関係の層がある。
     ホームレスとホームレス以外とは、これらのどこで接点を持つかということで答えは異なってくるので、腹を満たす支援と強制撤去阻止行動とは、別の話でしょう。

    「ホームレス支援がホームレスの自立を妨げる」という説は、よく聞かれる話です。これが、もっともやっかいな支援の妨害なのですが、生命維持をするのとステーキを毎日食わせるのとは、違う話だ、と言いたい。
     しかし、ホームレスが「炊き出し」に安住する側面があるという考え方は、長くやっている支援者の側からも耳にしたことがある。正直な感想なのだと思う。それは、ホームレスから這い上がるのが、いかに大変なことであるかの裏返しなのだ。
     多くのホームレスは、生活目標が「生命維持」となっている。ホームレスは、この目標達成のために精一杯なので、炊き出しがあると、ほっとする。あたかも、それだけで満足しているかのようにみえる。
     しかし、ここでの問題は、「炊き出し」ではなく、「この先へ行くことが容易ではないという、置かれている現状」なのだと思います。

     土門拳の話をご紹介します。
     日本の労組が欧州の大会へいったとき、欧州の人が、「日本の労働者は本当に苦しいのか? 君たちは、私たちが一生かかっても買えないカメラを、みなさん首からぶら下げている」と言った。
     土門は言う。『欧州では、計画を立てて頑張れば家が買える。しかし、日本では、家は絶対に買えない。絶対に不可能だから、せめてカメラでも買って満足しているのだ。ここに日本の貧困があるのだ』
     僕はこれを読んで、あっと思った。そんな現状認識を持つことが大切なのだと思う。

  5.  シビアな投稿ですね。
     自分らには、飯の心配がなくて、帰る家がある。
     支援者にとってリアルに痛い部分ですよ。この溝は確かにある。僕はあちこちの支援団体に顔だけ出しているので、何十年とやっている支援者からも、同じことを聞いた。

     でも、それを言ったら、病人の看護師は、「病気でもないのに……」なんてことになってしまう。誰も支援ができなくなってしまう。
     まあ、ぶっちゃけた話、僕は別に誰とでも仲良く話をしようなどとは思ってはいない。自分の友達とも話をするのが面倒なのに、なんで、赤の他人の話を聞かなければならないんだと思っている。もちろん、聞けるときは聞く。しかし、そもそも支援は、その「浅いレベル」からしか入れないし、「浅いレベル」のまんま援助していても、その実績はとても大きいのだと思う。だって、圧倒的大多数の人が、そのレベルですらできないでいるんですから。

     失礼ながらおそらく草加さんも僕も、そしてホームレス自身も、搾取するシステムの社会で暮らす以上、なんらかの形で搾取に加担している。それは原罪なのだと思う。原罪をあれこれ言ってもしようがない。そのうえで、搾取システムを作って大きな利益を独占しているボケナス野郎に、怒りの鉄槌を下さなくてはならないのだと思う。
     ガードマンを助けたことだって、同じです。その原罪の部分をわかっているからの行為でしょう。相手も敵とはいえ仕事だったわけです。時給のアルバイトだったかもしれない。だからトドメをささなかったのでしょう。(検挙の危険を回避したのかもしれませんが)

    • 大阪人、目ぇ覚ましぃや!
    • 2006年 1月 31日

    靭公園のことでホームレスが公園に住んでいることが論点になってるけど、本当の問題は別のところにあるんちゃうかってなんで気づかんのや。
    それは世界バラ博への国から出た予算を大阪市が使いこなすためや。まず、なんでこの寒い時期に、わざわざ揉めるのをわかっていながら、行政代執行を行わないといけなかったのかを冷静に考えてみいや。頭のええヤツやったら、毎年好例の3末までの無駄な道路工事が浮かんだヤツが一人ぐらいいるやろう?
    それにな、そもそも世界バラ会議のメイン会場は花博記念公園鶴見緑地やで。市内のバラ園ゆうたら中之島がメインや。世界バラ会議では、靭公園はオマケの存在だというのはポスターの扱いみてもわかるわな。
    それにな。本来、靭公園には、すでにバラ園はあったんやから、改めて工事をする必要はなかったんや。
    しかし、それでは西区には費用が落ちんわな。それで誰かが絵を描いたわけや。まずはテニスコートと建物を過去の西園の工事の際から約束していたという理由つけて無理矢理撤去。これで工事の場所(工事費の予算)を作ったわけや。あとは同じ理由でホームレスも退去させられたんやと思わへんか?
    反論するヤツもおるやろうから、ちょっと、ここで誰が一番得をするのかを考えてみてほしいんや。つまり、工事をすることで潤っているのは誰なんかを。
    市民のために公園を解放というとるようやけど、今まで大阪市はわしら市民のためになんか動いてきたか?空残業、スーツ、汚職、横領、ヤクザを20年放置してきた大阪市やで。今さら市民の憩いの場ちゅうのは聞いて呆れる。
    結局や。公園工事は税金の無駄使いなんだと思わんか?それに大阪の人間が誰も気づかんのが不思議で仕方がない。あんだけ揃えた警官の人件費も、ホームレス撤去にかかった費用も、公園を工事すんのも、わしらの税金、血税なんやで。
    ホームレスの居住権とか、公園の公共性とかいうてる間に、どんどん大阪市は金使いまくりや。

  6. 草加殿。
    はじめまして、HISAと申します。
    自分は、中道のつもりでおりましたが、世の中がどんどん右傾化し、いつの間にか、自分の立ち位置が「左」になってしまったかな、と感じておるものです。

    さて、大阪市のホームレステント強制撤去の件、大阪市に抗議メールを送っておきました。ささやかですが、僕に出来ることは、今、このくらいです。

    それにしても、世界バラ会議って、何なのでしょうかね。HPを遊泳していくと、主催者として、「財団法人日本ばら会」という団体が存在することを知りました。これがまた、胡散臭くて、名誉総裁が寛仁親王妃信子、会長が中曽根康弘ときたもんです。

     花の観賞の素晴らしさ自体を否定するつもりはありませんが、まあ、生活に必須のものではなく、あくまで文化生活のプラスアルファに過ぎないでしょう。最低限の生活さえままならないホームレスの置かれた状態と人生の余興であるバラ鑑賞とどちらが大切なのか、と比較し疑問を感じてしまう、今回の事件でした。

    今後も、生き方の指針として参考にすべく、当ブログにお邪魔させていただきます。

    • 名瀬こばと
    • 2006年 2月 01日

    別に運動そのものをどうこう言うつもりはなく、こういう意見もあるということを知ってほしいという意味で。

    考えると、本当の弱者は誰なのか。
    本来ならば公園という機能を正当に使えるはずなのに、不審者同然のホームレスに占拠され、安心して利用できず、かといって注意して関わり合いになりたくない、結局は泣き寝入りするしかない市民では無かろうか。
    優先すべきは公園を公園として使いたい市民か、それとも他人の迷惑を顧みないホームレスか。これがどこか人の迷惑がかからないところであれば「大目に見たれよ」と思うところだが、ちゃんと施設も用意されているのに移動しない理由が「狭くて壁が薄くて隣の音がまるぎこえだから」行きたくないというのは同情の余地無し。
    それなら吾妻ひでおみたいに人目のつかないところで生活すべきだろう。(参考:失踪日記)
    ホームレスは人様のおこぼれで生きているのだから、人様に迷惑かけて生きるべきではないと思うよ。新宿西口にいた頃は、他のホームレスは始発が動き出す前に起きて段ボールを片づけて、ちゃんと掃除して一応「住まわせてもらっている」という礼儀はしていたなぁ。

    排除される前にホームレスは、迷惑かからないようにひっそりと自ら退去すべきだったのではないだろうか。

  7. 名瀬氏>いやさ、俺、行ってみたけど、少なくとも「うつぼ公園の使用」には全然支障をきたしてないよ。テントは木立の奥の、注意してみないと気がつかないような場所にひっそりあるし、おそらく通りがかった人には「資材にシートがかけてある」くらいにしか見えないと思うよ。というか「公園が占拠されて利用できない」状況を許すほど、大阪市はお人好しではないと思われます。そのへんは駅で寝泊りしている場合とは違うと思う。また、たとえ気がつかない程度であっても「ちょっとでも見えたらもう許せない」感覚の人もいると思うので、どうとも言えないけど、そこまで言う人の感覚は、人間を汚物扱いしてるみたいで、ちょっと冷たすぎると思うな。俺的にはね。

    シェルターに行くかどうかはその人の判断。私にはどうこう論評できない。収容すればいいというもんではないとは思う。名瀬氏がホームレス中にどういう仕事をしていたのか、あるいは「人のおこぼれだけで生きていた」のかは知らないし、事情もわからず当時のあなたの生き方を批判する気もないが、それはあなたも同じことだろう。あそこにいたのは「浮浪者」でなく、労働者です。こんなことを書くようでは、「支援の食料配給が充分でなかった」というあなたの書き込みも、好意的には読めなくなるなあ。

    だいたい電車賃もないのに遠くに収容され、リヤカーも持っていけないのでは、自分のテリトリーでの廃品回収の仕事も続けられない。個々の野宿労働者の仕事や生活や都合も無視してそれを破壊するようでは、更生とは無縁の「収容政策」であって、要するに事実上の支障があったというより「皇室のお方が来るから見苦しいものを片付けた」だけのこと。それ以外には何もない。

    それと、また余計ないお世話かもしれませんが、ちゃんと回答をもらって、同意もされ、そういうこともあるし、改めていかないといけないと認められているのに、まだ同じ内容の書き込みを続ける趣旨は何ですか?やはり喧嘩が趣味ですか?それとも100%同意されて賞賛されるまで、いつまでも同じ内容を書き続けないと気がすまないのですか?だったら他に、あなたを賞賛してくれるような掲示板がいくらでもあるでしょう。そこなら「昔ホームレスだった人もこういう意見を持っている」とあちこちに引用してもらって、あなたも良い気分が味わえますよ。素直に「そういう役割」を果たされたらいかがですか?

    「よく誤解される」のが何故だか、少しは人のせいにせずに、自分を振り返って考えたことがおありですか?ここは話題が進まずにループしていく、2ちゃんのような「書き逃げOKの匿名掲示板」ではないのですよ。当サイトに住み着きたいのなら、ちゃんと前の人の書き込みをふまえて、話を前に進め、部分的にせよ、お互いに同意できる結論にいたる「努力」くらいしてください。どうしてもそれができない喧嘩屋さんなのなら、自発的に「ひっそりと退去」して下さい。それくらいの「礼儀」は守っていただけますように。

    「納得させるだけの説得力、純粋な思い、丁寧な回答」「人をみるため」「それが見られれば賞賛する」って、自分は物がわかってるかのように見下した態度ですが、あなたはいったい何様ですか?少なくとも私は思想の違う人だって対等だと思うし、人を「納得」させようなんて、自惚れた考えは持っておりませんよ。人に「努力」を求めるなら、まず自分が「努力」するべきです。あなたがしていることは、あなたが批判しているような「ホームレス像」とまったく同じような人間性ではないでしょうか?あなたは「ホームレス」を批判しているつもりで、実は自分の人間性を語っているだけです。喧嘩は他所でお願いします。

    • Pegasus
    • 2006年 2月 01日

    >考えると、本当の弱者は誰なのか。
    >優先すべきは公園を公園として使いたい市民か、それとも他人の迷惑を顧みないホームレスか。

    などという難しい問題を判断する基準が、

    >ホームレスは人様のおこぼれで生きているのだから、人様に迷惑かけて生きるべきではない

    という個人の単なる無根拠な想念だったら、それ以下の結論に単なる心情吐露以外の何の価値もなく、議論の価値もなし。
    ましてや、個別具体事案を検討する際に

    >ちゃんと施設も用意されているのに
    >本来ならば公園という機能を正当に使える

    などと全く根拠もない事実誤認を振りまいていれば、優しき管理人に教育的指導をもらうか、普通はよくてゴミ箱へ移動されてもおかしくないでしょう。私なら恥ずかしいから自分の発言も消してもらうね。

    行政代執行による強制排除は法に基づいた行政行為だから、バラ園開催や施設利用者などの公益と、人権-中でも特に身体の自由や憲法35条に規定する人格権-のような、重大な法益との権衡(バランス)を欠いた行為はそれ自体の違法性が問われることになる。こんなもっとも基本的な準則さえクロと言われるようでは、今回、裁判の嵐に脅えて大阪市側は逮捕者を一人しか出しませんでしたがこのあたりにも、裁判を避けたい、すなわち違法性の高さがよく現れている。個別具体の事実を挙げれば、TVのニュースを見ただけでも逸脱濫用的な法執行だったことがさまざまな角度で立証できる。今後の行政訴訟、刑事訴訟で詳しく追及されるでしょうね。

    • Pegasus
    • 2006年 2月 01日

    追加
    要するに、上記の発言は無条件に

    公園利用者の法益>「人様のおこぼれで生きているホームレス」の存在の基本権

    とした上で、後者に「泣き寝入り」を迫るもので、端的に誤りです。

    • 2006年 2月 01日

    Pegasusさん、基本的に同意ですが・・・
    >憲法35条に規定する人格権
    35条は「住居侵入・捜索・押収に対する保障」です。

    • 名瀬こばと
    • 2006年 2月 01日

    ならば逆に聞こう。
    ホームレスには元々「公園に住む権利」はあったのか?
    もともと使うはずの市民に全く不安は与えることはないのか?

    こういう事を言い出すのは、すでに管理人こと草加耕助氏が「力でもって」反抗しているからに他ならない。
    文章を読む限りどうみても止めようとしたわけではなさそうである。
    それならば彼は「市民の権利よりもホームレスの権利を優先させた」わけだ。
    力でもってして。
    これが抗議メールやデモ程度ならこれ以上書かなかったであろう。
    しかし彼は一線を越えた。越えてしまった。
    それならば「市民の声もあって」排除に踏み切った連中に、力でもって抵抗したその理由を、市民に納得いく説明する義務があるのではないか?
    みたところ、「ホームレスへの同情」ばかりで、市民に対しては意見がないように見受けられるが、な。

    ちなみに
    >ホームレスは人様のおこぼれで生きているのだから、人様に迷惑かけて生きるべきではない
    という言葉は単純にホームレス本人に聞かせる言葉であってそれが理由ではないのだが。
    しかし
    >>考えると、本当の弱者は誰なのか。
    >>優先すべきは公園を公園として使いたい市民か、それとも他人の迷惑を顧みないホームレスか。
    >などという難しい問題を判断する基準が、
    というようにこの問題は「難しい」かもしれない。
    そう、空想家が空想を現実にするために力を使うのであれば、その空想が正当であると言うことを証明しなくてはならない。
    しかるに今回の問題はそれぞれに言い分があるだろう。
    だが… 草加氏は「力」を使った。
    ならばその力に対して、市民が十分に納得できるだけの考えをしたのだろう、そのあたりを聞かせてもらいたい物だ。
    そうではないかね、諸君?

    • Pegasus
    • 2006年 2月 01日

    >北さん
    13条及び、と補足します。35条「住居侵入」にもあたるかなと。
    よくいう25条のような社会権を超えてもはや自由権(国家からの自由)の領域にあると主張すべきと思っての、ちょっとテクニカルな話でした。

    • Pegasus
    • 2006年 2月 01日

    >力でもって抵抗したその理由を、市民に納得いく説明する義務
    って、草加氏の行使された、そして1/30の強制排除の抗議行動する皆さんの行使された力は市民的不服従による当然の権利で、しかも適正かどうか不明な現行各法令にすら抵触しないものですが、何か説明責任が?
    もちろんそんなもの行政庁・大阪市や府警に説明をお求めになるしかないですね。

  8.  名瀬こばとくん、君が権力者に阿諛追従する立場から書き込みするのは分かったから、消えなさい。ここはそもそも草加さんが「旗旗」のロゴの横に書いてある「みんなが一人のために、一人がみんなのために」という立場で物事を論ずる場所です。他者を、それも弱者を思いやれない人間が書き込みをする場所ではない。

    • HISA
    • 2006年 2月 03日

    アッテンボローさんのコメントを引き継ぎます。名瀬こばと君は、社会的弱者のことを自分の身におきかえて真剣に考えたことがあるのでしょうか。名瀬君の現在の社会的立場がどのような種類のものであろうと、君自身が何かの原因でホームレスにならざるを得ない可能性は十分にあるのですよ。社会的弱者を生み出さない世の中、不幸にも弱者が発生してしまった場合でも彼らに最低限の生活が保障される世の中を作っていこう、というのが草加氏達の活動であり、私たちも立場の違いを超えて支援していこうとしているのです。名瀬君、「結局あたなは社会的弱者のことをどう考えているのですか」と問いかけたいところですが、アッテンボローさんが言うように、ここから「消えなさい」。

    • 名瀬こばと
    • 2006年 2月 03日

    「社会的弱者の気持ちになって考えたことがあるか」だって?
    ホームレスのことを言っているのであれば、「気持ちになって」どころじゃない、その「社会的弱者」に実際になっていたわけだがね。
    ホームレスと寝食ともにしたこともない人たちが、私よりもどれほどホームレスの気持ちが分かるのかね?
    さらに言うなら、私は今回の状況とよく似た、約10年前の新宿西口「動く歩道建設」で、同じようにホームレスを退去させることに反対する運動に実際に入っていたがね。
    それをふまえての発言だがそれでも「ホームレスという名の社会的弱者」を理解していないとでも?むしろどれほど見ているか分からないが、上っ面しか見ていないのにホームレスの気持ちになれる方が不思議でならない。
    何が社会的弱者だ。ゴミ箱から本をあさって古本リサイクル業者に1冊30円から50円程度で売りさばき、コンビニで酒を買って酔っぱらっているようなしたたかさをどれほど知っているというのかね?
    ホームレスやってて分かったことは、あなた方が勝手に言っているだけだな、社会的弱者って。ホームレスは社会的弱者じゃないって事だ。

    逆に聞こう。
    ホームレスをやったこともない奴が、心の底からホームレスという「社会的弱者」を真に理解しているのかね? 君たちはどうかね、アッテンボロー君に HISA 君?
    君たちがホームレスに対して考えていることは、少し町工場を見学しただけで労働者の気持ちが分かったような気分になっている政治家たちとどれほど違うのかね?
    私から見れば大して違いが見られないねぇ。

    ただ、その「同情」が悪いと言っているわけではない。その手の同情が人を救うこともある。なによりこうやって言われない限り、論破する気もない。「力」を行使しなければ、こうして『市民に対してはどう思っているのか』と追加で書き込むこともない。
    「力」で排除することを非難するのであれば、「力」でもってして抵抗することに対し、(大阪市民という意味ではない)市民として疑問を抱き質問することは正当な権利ではないのかねぇ。

  9.  名瀬氏の意見そのものを否定するつもりはありません。それぞれに譲れない原体験があるのだと思う。
     しかし、何を言わんとしてみえるのか、今ひとつわからない感じがします。反論しているようで反論ではなく、別の問題を指摘しているだけのような気がします。
     その表現には、わざとやっているのかのような挑発を感じ、敵対するのが目的のように感じます。

    >施設も用意されているのに移動しない理由が「狭くて壁が薄くて隣の音がまるぎこえだから」行きたくないというのは同情の余地無し。

     この問題についての情報を知り尽くしているでしょう方が、このように書かれるのでは、対応する書き込みを丁寧にしてみようかなという気分にはとてもなれないわけです。
    「出て行け」と言われるのは、心外でありご立腹もされたのでしょうけど、名瀬氏の書き込みは、このような反感を買う要素をまき散らしているということを、ご承知して頂きたいと思います。
     なにより、ここは草加さんの広場なので、尊重すべきだと思います。
     

  10.  トチローさんの冷静な取りなしの後で少々書き込みするのが恥ずかしいのですが、名瀬こばと君は論点のすり替えは止めるべきです。一番問題なのは草加さんの最初の返事にあるように運動に敵対する立場からの書き込みは荒らしであり嫌がらせに過ぎないと言うことです。ここではたかが天皇一族がやってくる行事のためだけに見苦しいとしてホームレスの労働者を暴力的に排除する大阪市を始めとする行政権力に対する怒りを共有して論議すべきでしょう。名瀬こばと君の書き込みには権力者への怒りが感じられない。一時期ホームレス生活をしていたと言うが、そこから「脱出」できた自分を現に排除された人々の上の高みにおいて語るような傲慢さを感じます。

    • HISA
    • 2006年 2月 04日

     「トチローさんの冷静な取りなし」、そして僕の言いたいことすべてが上記アッテンボロー氏のコメントと全く同じなので、名瀬氏の言説に対しては、これ以上発言することを控えます。

     今回の事案は、ホームレスの救済・支援をどうするかという問題とともに、「大阪人、目ぇ覚ましぃや」氏指摘の世界バラ会議に名を借りた大阪市の公共事業のデタラメさ、そして世界バラ会議自体の怪しさを暴露していく必要性等さまざまな課題を内包していると考えます。
     草加さん、僕自身はいわゆる活動歴をもつものでもなく、その辺にいる勤労者の一人に過ぎませんが、各自がそれぞれの立場、能力、問題意識に応じ、出来る範囲で行動・発言していくことが大切だとの信念にもとづき、今後も草加さんの活動をチェックしながら、自分の意識形成・活動を進めていきたいと思います。

    • 名瀬こばと
    • 2006年 2月 05日

    「軽挙妄動」まさにこれ一言に尽きるだろう。
    同情する気持ちは分かる。例えそれが表面だけから見た感情だったとしても。
    市政に対する不信感も分かる。借金王国でそれどころじゃないだろ、と。
    しかし、しかし。それが排除に抵抗する理由になり得るだろうか。
    市民からの苦情は無視するのか。権力は、一部には市民の代行者として実行している範囲もあるのに、ただ権力ということで抵抗するのか。

    アッテンボロー君あたりが顕著なのだが、要は君たち、「市民の幸福」を願うのか、ただ「権力への抵抗」をしたいのか、どっちなのかと。
    ホームレスが住む権利や市民の権利の考慮など何一つ叫ばずに「ホームレスの排除」への呼びかけをしたところで、どれほどの賛同が得られるのだろうか。
    それが今回の参加人数に現れているのではないかな。

    ちなみにトチロー君は何か勘違いしているようだが、私は自分自身が何を言われようが、自分がそれほど高尚な人間と思っていませんから、腹も立つこともない。
    ただ、そんな私でも言えることがあるというだけですな。「一市民」として。
    ま、トチロー君が納得できないのは私が情を抜きにして論理で語っているからでしょう。
    君たちは情で納得し、情で動く。しかしその根底には論理がない。故に頭で納得しても心で納得できないのでしょうね。

    なにも情で動くことが悪いとか弱者救済を否定しているわけではなく、むしろその思いには拍手を送る他はない。ただあまりにも「反権力」が強すぎて「公益」が見えていない。
    それでもいいというのであれば、「市民の幸福」よりも「反権力」を優先させるというのであれば、市民は君たちの敵に回るのではないだろうか。

    アッテンボロー君あたりは「それでもいい」とか言いそうだが。

  11. 名瀬さん、お気持ちや言いたいことは良くわかりした。私や、他の人も名瀬さんに対して言いたいことも山ほどあると思いますが、ここはブログということもありますので、お互いに引いていただき、これ以上続けられる場合は、掲示板のほうにお願いします。

    よほど罵倒板にたてようかと思いましたが、今一度、名瀬さんの良識を信じて、議論板のほうにスレッドを立てました。
    http://hatahata.mods.jp/modules/bluesbb/thread.php?top=3&thr=10&sty=1&num=l50
    罵倒板ではありませんので、互いに敬語を使うこと。相手の名前には敬称をつかうように。

    なお、名瀬さんおよび、名瀬さんに対する意見も含めて、今後はすべて掲示板の上記スレッド内に書くように。その他の場所に書かれた場合は管理人権限で強制的に移動します。

    それと名瀬さん、前も書きましたが、名瀬さんも少し、議論をふまえて前に進めるようにして下さい。いくら反論されても正面から再反論されずに、新しい話題(論点)ばかりぽんぽん出してこられますので、これではやはりお互いの認識を深めるためではなく、敵対するためにやっていると判断するしかありません。

    ここはあなたの主張しているような内容とは違うことを議論するために設置しています。こういうことを議論したいのなら、別にいくらでもふさわしい場所があります。また、自分の意見を聞いてほしいのなら、ご自分で掲示板なり何なりをレンタルして自分で管理運営して下さい。当サイトを、ご自分の意見を広めるために利用されても迷惑です。

    当サイトの「目的そのもの」が気にいらない方には、ちゃんと掲示板に罵倒専用板が用意されていますので、今後はそちらをご利用ください。ただし罵倒板は「どうぞ言いたいようにご自由に」というスタンスですので、基本的にレスはつきません。

    それとも単に、ご自分の意見に同意してほしいのでしょうか?でしたら、なおさらここではなおさら無理です(笑)。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トップリンク


おすすめ













市民派議員


衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

過去記事ランダム表示

Money As Debt アニメ:Money As Debt(負債としてのお金)

私達は「お金は政府が作っている」と思い込んでいる。私達は「銀行は預かった預金を貸し付けて利益…

月別アーカイブ

  1. たまこまーけっと

最近の記事

  1. ハロウィンの赤ちゃんの写真
  2. 不正ハンター高比良宣伝カー
  3. これが開票作業だ 戸田ひさよし
  4. 旗旗のアンテナ
  5. 旗旗のリンク集
  6. 小林よしのり氏、立憲民主党の応援
  7. 辺野古リレー
  8. 10・8三里塚全国集会全景
  9. 漫画『蟹工船』
PAGE TOP