大阪府警がNさん逮捕は言論弾圧であると自白-「普通は逮捕されない」

世界陸上の警備■公安三課刑事がついに自白

 Nさんに対する弾圧事件の続報です。大阪府警の公安刑事自身が自分の口で、これが言論弾圧であることを自白しました。
 それはNさんとはライブ会場で知り合ったというバンドをやっている友人が心配して、大阪府警に事情を問い合わせる電話をかけた中でのことです。

 このエントリーについてとある方から、上記ブログからの引用の仕方についての疑義を提議するメールをいただきました。
 それだけなら(その内容に納得できなければ)あれなんですが、私自身が「それもそうだなあ」と思ったものですから、いったんこれ以降の内容を消します。よく考えた上で、また何らかの形で復活させたいと思いますので、数日お待ちください。

 なお、検索やリンクなどでここに飛んでこられた皆様は、引用元ブログ様の記事をご参照ください。また、抗議文などの資料はそのまま残しておきます。(2007/08/31)




参考


◇日本国憲法


第11条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

第15条 2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

◇国際人権規約(日本政府が批准している国際条約)


自由権規約9条1 すべての者は、身体の自由及び安全についての権利を有する。何人も、恣意的に逮捕され又は抑留されない。何人も、法律で定める理由及び手続によらない限り、その自由を奪われない。

◇抗議声明(1) 転送歓迎


大阪府警による弾圧を許すな!
N君を今すぐ返せ!


大阪府警によるまたしてもとんでもない弾圧が起こりました。
8月24日午後1時ごろ釜パトのメンバーであるN君のアルバイト先や別のメンバー宅ともう1ヵ所が家宅捜査され、N君は逮捕されてしまいました。
逮捕理由は「道路運送車両法違反」という耳慣れない法律ですが、要するにN君が大阪市内では使用してはならないディーゼル車を昨年中に市内で運転したということです。しかしN君はこの車両を半年以上使っていません。
驚くべきことに、このような事例で逮捕されたのは日本で始めてということです。なぜそうまでして大阪府警はN君を逮捕する必要があったのか。

それはN君が長居公園の強制排除や住民票の強制削除など日雇・野宿労働者への攻撃に対しての抵抗を先頭で闘っていたからであり、だからこそ大阪府警は世界陸上開会式前日にN君をこのような「微罪」で逮捕したのです。
これは世界陸上開会式への抗議の声を圧殺しようとする予防拘禁に他なりません。私たちはこのような大阪府警の弾圧を絶対に許しません。

知っての通り、今年の2月5日大阪市はN君ら長居公園で生活していた野宿の仲間のテントや小屋を強制撤去しました。それは5000筆を越える強制撤去反対署名を無視し、ヤラセで「排除を求める地域の声」をつくりだし、多額の税金を投入して、野宿の仲間たちの要求や質問に何一つ答えることなく強行されたのでした。
なぜこのような暴挙を強行したのか、その理由は明らかに天皇出席の世界陸上のためです。野宿者の強制排除と天皇制や国際的なイベントは決して無関係ではありません。
これまで天皇や皇族が出席する式典のために、そして「国威」の発揚が迫られるオリンピックなど国際的なイベントのたびに、目障りとされた野宿者はまさに「ゴミ」のように排除されてきました。昨年のうつぼ公園の代執行であり(世界バラ会議)、2005年名古屋白川公園の代執行であり(愛知万博)、長居公園でも97年なみはや国体、2002年サッカーW杯の時にも野宿者排除の嵐が吹き荒れました。
また大阪市は日雇・野宿労働者2088名もの住民票を強制削除し、高齢日雇労働者や野宿者の失対事業である「高齢者特別就労事業」(年間約3億円)を「予算がない」という理由で削減する計画を進めています。一方で世界陸上には40億もの税金を投入しながら!
大阪市は天皇出席の世界陸上を利用して「環境美化」「公園整備」の名目で野宿の仲間を排除し、仲間の生きる条件を次々と奪おうとしています。そしてその動きに呼応するかのように警察はN君を「微罪」で逮捕し、世界陸上開会式への抗議の声を圧殺しようとしたのです。今どきこんな無茶な手法を使って!

うつぼ・大阪城公園、長居公園の強制撤去、昨年の9・27弾圧(反排除を闘う5名の仲間の逮捕。今年8月9日には全員が執行猶予で釈放)、住民票の強制削除、特別就労事業削減計画、司法・行政が一体となって貧困者の生きる条件を次々に奪おうとしているのです。
貧困者への戦争、棄民化政策とも言える状況の中で行われる世界陸上、そして今回の弾圧を私たちは絶対に許せません。
ぜひとも多くの皆様が私たちと共に抗議の声をあげていただくように心から訴えたいと思います。

野宿者排除の世界陸上弾劾!
大阪府警はN君をすぐに返せ!
弾圧粉砕!闘争勝利!

釜ヶ崎パトロールの会
kamapat@infoseek.jp

大阪府警に抗議の声を!
大阪府警察本部
〒540-8540 大阪市中央区大手前三丁目1番11号
TEL06-6943-1234

◇(1)の英訳文 転送歓迎


No tolerance for repression by the Osaka police!
Release NK!


Once again the Osaka police department is engaged in repression.

At 1 o’clock on August 24th, the workplace and house of NK, a member of the Kamgasaki patrol was searched, and NK was arrested. The reason for arrest given is the particularly obscure ‘violation of road freight and vehicle law’ which basically asserts that NK drove a diesel car that can’t be driven in Osaka city within the past year. However NK has not driven this car in over half a year.
Surprisingly, this arrest is the first case of its kind in Japanese history. Why did Osaka city have to go this far to arrest NK?

The reason is that NK had fought at the forefront of resistance to attacks on day laborers/squatting workers, such as the eviction of Nagai park and the erasure of address registrations for squatters in Kamagasaki this year and thus Osaka city arrested NK on this kind of ‘minor offense’ the day before the openning of the World Championship in Athletics (WCA).

This is nothing other than a concerted effort to quash voices of protest against teh WCA opening ceremony. We cannot allow Osaka city to engage in this kind of police repression.

As you may know, this February 5th, Osaka city evicted tents and other structures at Nagai park, where NK had been living with other squatters. This action was unilaterally carried out by Osaka city after ignoring a petition of over 5000 people opposed to the evicted, cooking up ‘local voices for eviction’ to speak against the tent village, spending a huge amount of tax money and not replying to a single request or inquiry written by the squatters themselves. The reason this kind of violence has been used is clear: to protect the attendance of the emperor at the WCA.

The eviction of squatters, the emperor system and international sporting events are not unconnected.

Every time an international event has been held such as the Olympics is approaching, in which the national prestige is in question, squatters and homeless people have been treated as eyesores and evicted like “trash” in order to secure the attendance by the emperor and his family at the ceremony. A storm of eviction has blown through the eviction at Utsubo park last year (for the World Rose Convention), the 2005 eviction of Nagoya’s Shirokawa park (for the Aichi World Expo), the National Games in Nagai Park in 1997 and the 2002 Soccer World Cup.

Osaka city has also erased the address registrations of 2088 day laborers, squatters and homeless workers which were safely registered in Kamagasaki, and the city is also attempting to shut down work options for elderly unemployed workers who often are day laborers or squatters. On the other hand, the city has invested 40 billion yen (4 million dollars) in the WCA!

Osaka city uses the attendance of the emperor at the WCA to evict squatters and homeless people in the name of “beautifying” and “redesigning” the parks, attacking the conditions of life for these comrades. Then, those who call ou these moves are subject to arrest for ‘minor offenses’ and voices of protest against the opening ceremonies are attacked. What extraordinary means to use in the interests of repression!

The evictions of two parks this year, the arrest of five comrades in the occupation movement (arrested for fighting evictions, released on probation this August 9th after 8 months in prison) last September 27th, the erasure of address registrations, the attack on elderly work programs shows that the city tries to attack the living conditions of the poor together with the justice system and the administration. We cannot permit this war on the poor, the WCA being opened under such anti-free speech policies and we cannot allow this repression against our comrade NK to pass. Please raise your voices along with ours in order to put a stop to this.

We denounce this World Championship of Athletics that evicts squatters!
Osaka police, release NK immediately!
No more repression! Victory to the struggle!

Kamagasaki Patrol
kamapat@infoseek.jp 090-8380-0269

Send protests to:

Osaka Police Department
Osaka Chuo-ku Outemae 3-1-11
540-8540
Japan
TEL (+81)06-6943-1234
FAX (+81)06-6941-1022

◇抗議声明(2) 転送歓迎


抗議文

大阪府警N君不当逮捕に対し、断固抗議する!
大阪府警は、税金泥棒、住民票泥棒の関市長を即刻逮捕しろ!!


大阪府警は、昨日、私達の友人であり、釜ヶ崎パトロールの会、長居公園仲間の会のN君を、職場まで押しかけて逮捕した。逮捕の一時間前には職場をガサ入れするという物々しさだ。逮捕理由は、デイーゼル車に乗っていたという軽微な違反で、もしやっていたとしても、身柄の拘束など無用だ。2007世界陸上にたいする反対の声を、封殺する為、N君を隔離するための不当逮捕であることは明らかだ。

今回の世界陸上は、大阪市民の声を無視続ける関市政が、イベントをしたり、箱物を作って、一部のゼネコンや銀行を設けさせ、大赤字を作り、それを市民に転化してくるという大阪市の典型的な失政を地で行くものだ。試算によると現段階での世界陸上に限った赤字は70億円を超える。つまりは血税70億円を市民から絞り上げるということだ。有名選手を招致できず、チケットも売れず、市の職員に自腹を切れとチケット押し付けたあげく、近隣の学校にただ券を配りまくるという全く笑えない話である。

そしてこの世界陸上開催に当たって、本年2月5日長居公園で野宿していた人たちに行政代執行を、これまた血税2000万円も使って行い、寒空路上に追い出した。長居周辺の公園でも嫌がらせによる大量の野宿者のテント排除が行なわれている。

まともな市民ならこんな大阪市、そして市長である関淳一に反対の声を上げるのは当たり前のことである。それを一切問答無用とばかり逮捕拘留までするとは、日本はすでに警察国家だ。大阪はファシズム都市だ。そう思わぬ者は、試みに現在の起訴者の99.9パーセントが有罪判決を受けることを知るがいい。現在の日本の刑法では逮捕に関しては、いっさい争う余地が無い事実を知るが良い。この点だけに限っても、すでに違憲のリミットは越えている。

N君は野宿者の強制排除に反対するだけでなく、大阪市の住民票強制削除にも反対し、抑圧されているもの、社会の底辺で生きる者の側に立ち、その利益のために活動していた。こんな全うな青年をなぜ逮捕するのか!!

警察は、志ある青年を逮捕するのではなく、大阪市民の血税を奪い続ける税金泥棒、釜ヶ崎人民の住民票を奪って2000人もの人間を無権利状態に落とし込めた憲法違反の住民票泥棒、関市長を即刻逮捕するべきである!!

大阪府警の不当逮捕断固糾弾!!大阪府警はN君をすぐ返せ!!

2007年8月25日

日本人民委員会 行動隊 直接行動隊 同志一同

◇(2)の英訳文 転送歓迎


Protest the arrest of N by the Osaka police!!
Arrest the notorious tax money and address registration thief Mayor Seki instead!!


Yesterday, the Osaka police department forcibly arrested our friend, member of the Kamagasaki Patrol and comrade of Nagai park, N, at his workplace. One hour before his arrest, the police announced their intent to search N’s workplace in an arrogant show of force. The reason for arrest? That N had been driving in a diesel truck, which, even if true, hardly constitutes any basis for arresting him. Clearly this is a trumped up arrest in order to remove NK from the protest against the 2007 World Championship of Athletics in Osaka and suppress these opposing voices.

At this year’s World Championship of Athletics (WCA), the Seki administration, which continues to ignore the voice of Osaka residents, has held events and decorated the city, creating work for the construction industry, building banks etc. all while running the city budget into the red, losses which Osaka city hopes to pass on to its residents, with its traditional corrupt methods. According to statistics, the WCA has already lost 7 million dollars for the city. In other words, 7 million dollars of heavy taxes will be squeezed out of city residents. Despite this, famous athletes were unable to attend, tickets are not selling and although the city has made a substantial mobilization to sell tickets, it has been forced to hand out tickets at local schools in order to fill the stadium.

This is the same Osaka city which spent over two million dollars of taxes to evict squatters occupying Nagai Park this February 5th in order to open the WCA, leaving these squatters on the cold city streets. In the same way, tent evictions are being carried out around Nagai park under a campaign of harassment.

The residents of Osaka city must oppose the city and the Seki Junichi administration. If these scandals pass without any questions asked, then Japan is already a police state. Osaka is a fascist city. Those who don’t think so should know that the conviction rate of defendants in court cases is 99.9% here. They should know that there is no room to fight arrests within the court system. This is already far beyond the limits of the constitution.

NK has not only opposed the eviction of squatters but also fought the removal of address registration for homeless people and squatters in Osaka city. He has stood on the side of and fought for the interests of the oppressed and those who live at society’s lowest layer. Why is such an admirable young person a target for arrest?!!

The Osaka police should instead immediately arrest Mayor Seki who has continued to rob Osaka residents by heavy taxation, unconstitutionally stole the address/work/welfare and voting registration rights of Kamagasaki residents, leaving them with no rights whatsoever!!

Denounce this scandalous arrest!! Osaka police, release NK immediately!!

August 25th, 2007

Signed,

comrades of the Japanese People’s Committee Direct Action group

Send protests to:

Osaka Police Department
Osaka Chuo-ku Outemae 3-1-11
540-8540
Japan
TEL (+81)06-6943-1234
FAX (+81)06-6941-1022

LINEで送る
Pocket

▼ トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

TrackBack URL:



コメント 2 件

鳥居正宏 より:

タイトル:「転び公妨」の一種ですね

はじめまして。
鳥居正宏と申します。
村野瀬玲奈さんのブログからやってきました。

Nさん逮捕の件は、Nさんには、たいへんお気の毒ですが、公安警察が良く使う逮捕の手口「転び公妨」の応用例ですね。典型的です。

刑事警察と違い、公安警察の場合、情報収集が主目的なので、いろんな「合法的とみせかけた」手口を使います。

とくに、左派でも目立った人で、社会的立場や、背後にそれを守る組織がないような個人の場合、公安からあらかじめ目をつけられていれば、例えば、すれ違いざまに(公安刑事が)自分で勝手に転んでおいて、「突き飛ばされた」「蹴り倒された」などといって「公務執行妨害」で逮捕し、その逮捕者から、情報を引き出すのです。これを「転び公妨」と言います。

公安に目をつけられないように、自衛するしかありません。自衛の方法としては、公安警察というものをよく勉強しておくこと。警察官(刑事警察官)とも常日頃から仲良くしておくこと。そうしたら、刑事警察官が公安警察から守ってくれます。そして名の通っている組織とか、どこかの政党の党員になるとかして、個人単位で警察から違法だと捉えられかねないような、あまり過激な発言や行動はしないこと。

そして、法律は必ず守る。例えば、ディーゼル車に乗っていて普通は捕まらない(警察の裁量で見逃してもらえる)場合でも、それがディーゼル規制に反していれば、「公安警察官」は確実に、間違いなく逮捕します(原理・原則は違法なので)。極端な話し、常にまわりに気をつけて、パトカーの居るところでは信号無視はしない。

私は過激な左派ではないですが、いちおう(この国では)左利きとされている人間なので、これをみんな実践しています。

それと、このブログのように、警察に敵対心をあらわにすると、ますます目をつけられ、Nさんのように、どんどん逮捕されて潰されてしまいますよ。相手は、国家権力そのものなのですから。あくまでも、警察を自分たちの味方に取り入れる、警察官に好意を持ってもらう、もしくは「しょうがないなぁ」と見逃してもらえるような、そういう「自衛戦略」をとられたほうが、より効果的に、自身の目的に合った運動ができると思います。

みなさまの運動は、警察と敵対することを目的とされているのではないでしょう。敵を良く知り、敵を「手玉」にとるぐらいの知恵を身につけて「戦略を駆使」されることが最善かと思います。なお、おそらくこのブログも公安の監視対象になっているでしょう。お気をつけください。ご忠告まで。

【大いに参考となる文献】
鈴木邦男『公安警察の手口』ちくま新書
青 木 理『日本の公安警察』講談社現代新書

草加耕助 より:

鳥居さま>
まずはコメントありがとうございます。ブログも拝見しましたが、正統派の堂々としたブログですね。よろしければリンクさせていただきたいと思います。

また、親身にご心配や、アドバイスいただき、本当にありがとうございます。私も大昔のことにすぎませんが、一時期左翼運動に身を投じていたこともあり、公安刑事さんのやり方も一般の方より少しは知っていると思います。おっしゃる通り、左派的な思想を持っている人間を、その「思想のゆえに取り締まる」という治安維持法まがいの原理で動いているのが残念ながら日本の公安の実態のように思えてなりません。

もはやかつてのような革命運動は衰退し、現在では言葉本来の意味での「公安警察」の存在意義はなくなってしまいました。皮肉なことに、それがかえって彼らの思想警察化を促進してしまい、自分たちの組織と縄張りを維持するため、何も無いところに無理から事件を「作り出す」ようになっています。以前からそうだと言われればその通りですが、今やその対象はオウムなどではなく、いわゆる旧「過激派」でさえもない。一般の市民運動や住民運動がその被害者となっているところが、かつてとは全く違うと思います。

長くなりましたので、続きはこちら