新着:2021年4月から6月のアニメレビュー

ニュース】浜岡原発で廃液漏れ 29人以上が被曝 基準の324倍放射能

2011.4.10 ストップ浜岡原発 東京芝公園 全国一斉脱原発デモ
2011.4.10 ストップ浜岡原発 全国一斉脱原発デモ(東京芝公園)

投稿者: 司 宮二

浜岡原発 廃液漏れ21人被ばく 基準の324倍放射能(毎日)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091202k0000m040116000c.html

 中部電力は1日、静岡県御前崎市の浜岡原発3号機で、濃縮廃液貯蔵タンクの点検作業中、補助建屋内の4カ所で、高濃度の放射性廃液53リットルが漏れる事故が起きたと発表した。

 中電によると、廃液から国への報告基準(370万ベクレル)の324倍にあたる12億ベクレルの放射能量が検出された。点検にあたっていた作業員4人と現場に駆け付けるなどした職員ら19人の計23人のうち、21人が最大0.05ミリシーベルト被ばくしたが、健康への影響はないレベル。放射線管理区域外への影響もないという。(中略)

 経済産業省原子力安全・保安院は「被ばく量は現場の日常作業と同程度で、安全確認の上での作業である限り、問題になるレベルではない。漏えいした廃液も放射線管理区域外に出ておらず、安全上ただちに影響を与える事象ではない」としている。

[スポンサーリンク]

浜岡原発:廃液漏れの被ばく者、さらに8人 静岡県に報告(毎日)
http://mainichi.jp/select/today/news/20091202k0000e040064000c.html

(前略)中電は前日、作業員や職員ら21人が最大0.05ミリシーベルト被ばくしたと発表したが、さらに8人が最大0.2ミリシーベルト被ばくしていたと報告した。いずれも健康に影響はないという。(中略)

 中電は29人が被ばくしたことについて「保安院の保安規定に基づく中電の作業計画にのっとった対応で、問題はない」と説明。県危機管理局の渡辺洋己理事は「放射線管理区域内とはいえ、国の基準を大きく超える放射能が確認された。県民の不安は大きく、早急に対策をしてもらいたい」と話した。

この記事をSNSでシェアする▼

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です