僕らは粘り強く歩むだけだ - 味岡修さんの日記
サイト内検索
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
オンライン状況
31 人の同志が革命的にオンライン中です。 (17 人の同志が 会員日記 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 31
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

味岡修 さんの日記

 
2015
3月 30
(月)
20:30
僕らは粘り強く歩むだけだ
本文
テント日誌3月30日(月)
経産省前テントひろば1298日商業用原発停止562日


僕らは粘り強く歩むだけだ

 桜が満開であるからと言ってなかなか花見も落ち着いてできない。なにかと気がせく日々だ。病み上がりということで花見酒を控えていることもあり、連れ合いと朝の花見に出かけた。
 僕が住んでいる区は世田谷であるが、区内には桜の名所も結構ある。朝から花見なんてあまりいないのだろうと思っていたが、意外に人出の多いのにはおどろいた。やはり、桜をめたい人はすくなくないのだろう。連れ合いが仕事に出かけた後に、テントに行こうか、もう少し公園内の花見を続けるか迷ったが今回は花見を続けさせてもらった。それでもテントの事をあれこれと気にかけているのだから、とちょっぴり言い訳をしたのだった。

 公園で桜を見ながらどうしても頭から離れないのは日本の政治についてだ。沖縄での政府の所業といい、川内原発の再稼働に向けた工事の開始といいどう考えても腑に落ちない、というか納得できない。
 国家は国民の意思を無視して勝手にことを進めるという、単純だが、極めて本質的なことがこんな風にまかり取ってはいいのか。何故なら、僕は長い歳月の中で、国民や地域住民の意思が公的なものとしてあることを考えて来たし、僕にとって政治的なこととはそれだったのだからだ。

 現在は国民がその意思を国家的に実現することはおろか、国家の所業に異議申し立てをすることも許されなかった時代ではない。そういう時代を替えようとする人々の動きが始まってからでも既に100年の歴史を僕らは経てきているではないか。「デモクラシー」「自由主義」文化運動」「解放運動」という現代的な国民運動が登場してから、そうだ、あの大正時代から一世紀近い時間が流れたのだ。花見が風俗として広がったのはこの時代からだが、同じころにはじまった政治の、国家の歴史はどうなったというのだ。

 国家は、官僚たちは今何をやりたいのだ。彼らには国民には見えない世界の流れが見えていてそれに対応しているだけというのか。そりゃ傲慢というか、政治は政治家や官僚たちの専管事項と思っているからだけではないのか。
 確かに国民というか地域住民の側から国家の動向が見えない、あるいは見えにくいことはある。それは見えない障壁のようなものだ。この障壁がなにであり、どのように破れるのかこれに闘いを挑んできたし、そこで僕らは苦悶している。

 最近、気になることはここに闘いを挑むのではなく、見ることを自ら拒む、見ることを自己抑制(自己規制)動きが目につくことが気になる。
 テレビ朝日でのバトルなどもそうだ。権力の規制の動きがあったことは疑いないしそれが常識だ。それをそれと見せないところが権力のうごきだ。
 かつて江藤淳が戦後のアメリカ占領軍の自由という形態をとった検閲制度を暴いたことがあった。専制的なむき出し検閲ではなく、それを後ろに隠した検閲である。アメリカでは反テロ戦争の中で、ベトナム戦争時とは違った権力支配が強まっており、それは強権をかざしての抑圧ではなく、それを背後に隠しながら自己規制をうながすような形態のものだといわれた。

 日本でも遅れてそれは展開されているのだ。自己規制を強いられ、そうした空気がいつの間にか浸透して行き権力支配のありかたと闘うのは難しい。しかし、これが権力支配の本来的な形態であり、それとどう戦うかを自覚することが大事だ。そういう時代になってきたのである。形式的、表面的に自由や民主義の浸透の中で、本来の自由や民主主義は困難なところに追い詰められる。

 時代の流れとしてここのところに気を配るほかない。(三上治)

ーーーーーーー
★4月1日の抗議行動にご参加下さい

■4/1(水)九州電力川内原発再稼働反対 九電東京支社抗議行動
 4月1日(水)17:30より18:30 JR有楽町駅日比谷口電気ビル前
 主催:「再稼働阻止全国ネットワーク」
■4/1(水)第19回東京電力本店合同抗議行動
 4月1日(水)19:00より20:00 東京電力本店前
 呼びかけ:「経産省前テントひろば」、たんぽぽ舎 賛同119団体

ーーーーーーー
★映画『日本と原発』の無料公開案内

日時:4月8日18時~20時30分
    (上映時間2時間15分)
場所:東京霞ヶ関 弁護士会館 クレオ
主催:二弁
http://niben.jp/news/ippan/2015/150309111243.html



★ 無料、先着順
★ 事前にメールで申込みが必要です。★

事前申込みが無くても席が空いていれば入れると思いますが、満席の場合は、入れないと思います。是非、メールで、事前申込みしてください。

【申込方法】
 参加者は、件名を4/8映画上映会参加とし、
本文に氏名を記載したメールを下記アドレス宛にお送りください。
宛先:kankyo-event@niben.or.jp
閲覧(3709)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ