【安保日韓】’80年代ブントを語れⅡ【血債猛省】(前半)ブントスレまとめ その2-1

戦旗・共産同政治集会(88年東京勤労者福祉会館)

懐古的資料室目次ブントスレ保存倉庫にもどる

【安保日韓】’80年代ブントを語れⅡ【血債猛省】前半(1-499)

引用元:https://money3.5ch.net/test/read.cgi/kyousan/1085108519/
2004.05~2004.08 ブントスレまとめ → 後半はこちら
前スレはこちら

1 :1 ◆y6SLqwSRMc :04/05/21 12:01
80年代の戦旗・共産同。
レーガン、トマホーク、全斗煥、成田用水...
輝けるあの時代、オレ達はまだ若かった...。
今再び思い出を熱く語れ!
前スレ
‘80年代のブント(戦旗)活動家よ思い出を語れ
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1065521733/
関連スレ
ブント(BUND)について その2
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1067259999/

2 :1 ◆y6SLqwSRMc :04/05/21 12:04
次スレ立てました。
前スレ同様、マターリと時には熱く語りましょう。
荒氏は...じゃなくて荒らしはスルーでお願いします。
それでは名無しに戻りますので皆さんまたよろしくお願いします。

3 :名無しさん@3周年:04/05/21 15:05
了解しますた!!ありが㌧!

7 :名無しさん@3周年:04/05/22 00:56
ヘッドバッドあ○ださんの話題からでもいくか↓

9 :名無しさん@3周年:04/05/22 20:34
ていうか、思い出を語ろうぜ。オレは、集会の都度権力側の過剰な検問やいやがらせをいまだに思い出すよ。いつかこいつらに仕返ししてやるからなって、本気で思ったぜ。
まあ、若い隊員はともかく、中年の小太り指揮官はホント憎たらしいな。指揮官ってなんで皆小太りなんだ。

10 :名無しさん@3周年:04/05/22 21:21
機動隊の検問には腹立ったことが何度もある。三里塚へ行く途中の検問は特に酷かった。
こずかれたり、罵詈雑言並べたれられ手が出そうになったことも度々・・・
やったらこっちの負けだからじっと我慢したものだが、屈辱だったな。

同じ年かちょい上くらいの若造は特に凶暴だった。
まあ、連中も必死なのは逆によくわかった。
三里塚のあの時間と空間だけは、五分五分の世界だったし。
恐怖の現れだったかも知れないな。しかし、思い出すたびむかつく。

11 :名無しさん@3周年:04/05/23 00:31
検問もムカついたけど、日常的な嫌がらせも目に余るものがあったよ。
アジトの前で露骨に車で監視。出かけようとするとわざと分るようにピッタリと車をつけてくる。
鬱陶しいから巻こうとして適当に住宅街をグルグル走り回ってやり過ごそうとすると近所の派出所と連携してたんだろうな。制服警官に見つかり(ドンくさ)派出所まで任意同行。
反抗すると公妨で持ってかれるの分ってるからとりあえず派出所まで同行し弁護士を呼ぶことを要求したら「釈放」されたが、派出所の中で同年代の制服警官に浴びせられた屈辱的な言葉の数々をオレは忘れないよ。

13 :名無しさん@3周年:04/05/23 00:42
>>9
>指揮官って なんで皆小太りなんだ。
そう言えばメットのあご紐がホッペに食い込んでる香具師多かったな。
対して左翼にデヴってあんまりいなかったな。

14 :名無しさん@3周年:04/05/23 00:43
実家に行かれなかったか?きたねえ奴ら。
田舎の実家に行きやがって、まいった。
けど、うちは℃田舎だから、ばあちゃん、じいちゃん、しかおらず、
父ちゃん出稼ぎ、母ちゃんパートで、事情はわからんかったようだが・・・
ばあちゃん、そのボケ洪庵に地元の手打ち蕎麦やら新鮮野菜やら、
俺が「世話」になってる〝偉い人〟かと誤解して一杯ご馳走してやったとか。
洪庵も面食らったかもなw
それにしてもそれ聞いた俺は脳みそ沸騰したよマジに!!
そんな椰子らに田舎の純情が踏みにじられた気がした。許せなかった。

15 :名無しさん@3周年:04/05/23 00:48
実家、高校同窓生、大学同クラス、、、、

17 :名無しさん@3周年:04/05/23 00:53
ソフトボールとかのレクリエーションって活動の息抜きみたいな意味あったんだろうけどさ。
ホラ、活動してると大学に友達とか出来ないからさw。
天気のいい日にみんなでバットとかグローブ持って電車に乗ってグラウンド行く時ってワクワクするくらい楽しかった。
用具を運ぶための袋は闘争の時のメット袋w
中学、高校とずーっと「変わったヤツ」と言われ続けてきたオレに仲間はとても優しくて
みんなといるとそれだけでクスクス笑いたくなる感じがした。
なんでヤメちゃったんだろーなオレ。
多分今は楽しいことしか思い出さないからそんな風に思うんだろうな。

18 :名無しさん@3周年:04/05/23 00:57
>>15
>実家、高校同窓生、大学同クラス、、、、

それにバイト先ね。ある意味ヤツ等のしつこさには頭が下がるね。

19 :名無しさん@3周年:04/05/23 01:06
俺はばあちゃんの善意まで出汁にしやがった椰子らが今も許せん。
俺はそん時ばあちゃんに真実を説明したが、ばあちゃんは戦争経験者で
戦争は二度と御免だと言っていた。けどそれと洪庵との関係はいくら説明
してもぴんとこない様子だった。その婆ちゃんも今はいない。
そん時の洪庵よ、頼みもしないで勝手に行きやがってタダメシくいやがって
少なくともそん時のメシ代返せこの野郎、どうせ出張旅費・食事代請求してんだろうが!

20 :名無しさん@3周年:04/05/23 01:14
でもまあ活動に消耗した時に「せめてあいつ等に一泡吹かせるまでは...」と
もうひと頑張り出来たことは事実だったりするなぁ

24 :名無しさん@3周年:04/05/23 01:41
オレは三里塚での検問で、なんか別のことでその日は気分が悪かったのかもしれないが、「オマエなんか殺してやる!!」とかネチネチ機動隊員に言ったのを、言いすぎだったかなと、思い出すとやや反省する気持ちになる。
「死ね」じゃなくて「殺す」だからなあ。まあ、言われた方はそれくらいなんとも思ってないかもしれぬが。

その成田の空港警備が、警視庁の機動隊よりも、というか全国一凶暴と当時聞いていた。空警のやつらは向こうから手を出してきた。
で、仲間内でのイジメもあるみたいで、デモ中に明らかにイジメられてる隊員がいて、他人事ながらそいつのことは気の毒に思った(笑)

25 :名無しさん@3周年:04/05/23 06:49
20年以上前、某集会に無地の黒ヘルもっていったら、検問にあった。中見せたら、警官が言った。「何だ黒ヘルか」
といわれてしまった。

21 :名無しさん@3周年:04/05/23 01:15
>>17 ブントはえかったんだなぁ・・・

そんなん㊥は一切なかったぞぉ~!

夏の理論合宿の時、海水浴すんのが精一杯だった・・・
娯楽なんて考えも及ばなかった。80年代の体験ですけど。

22 :名無しさん@3周年:04/05/23 01:32
>>21
いや戦旗だって年に1~2回だったよ。ソフトボールとかするのは。
実は以前の中スレにあった「夏の広島の帰りに海水浴するのが楽しみだった..」という書き込みを
思い出しててこの話を書き込む気になったんだよ。
オレも夏に三里塚に詰めてる時に一日だけ現闘の人が海に連れてってくれたんだ。九十九里。
駐車場に車止めてさ。駐車場から砂地の道を昇って行って向こう側に海が見えた時
オレ嬉しくなって走って海に飛び込んだんだ。
世界革命だ蜂起・内戦だなんて言ってたってまだ18歳。子供だったんだなw

23 :名無しさん@3周年:04/05/23 01:37
>>21
だって80年代の中って対Y戦の緊張感がまだあった時期でしょ?
21さんは85年10・20参加したの?

26 :名無しさん@3周年:04/05/23 07:52
>>23 その通りです。Yは東北、京都、富山などに襲撃かけてましたから。
それがあったがために、アジトの防衛は必死だったなぁ・・・・
権力だけでなくYのことも意識して。貧乏なのにとにかく「経費」がかかり泣く思いでした。

10・20もやりました。仲間は多くがパクられましたけど、私は幸か不幸か免れました。
長時間にわたる肉弾戦、もう何がなにやら分からぬままに時間が過ぎていった。
RAとか言ってマジに組織をかけた戦闘でした。だから浅草橋もそうだけど、
その後の組織的な弱化は痛かった・・・ 
「党としての戦い」、引くに引けぬ戦いだったから。
そこからよくぞ立ち直ったと思う。学生戦線は特にダメージが酷かった。

28 :名無しさん@3周年:04/05/23 12:39
>>26
スレ違いだからあんまり引っ張るのも何だけど..
10.20は写真なんか見るとスゴイですよね。
オレこういう集団戦って経験無いんだけど、指揮系統を維持するのは大変そうだ..。
前進見る限りじゃ局地的にはマルキに勝ってる場面もあったようだし。

でもあの頃から天皇決戦の頃の中核ってもうなんだかヤケになったような闘いぶりでしたね。

27 :名無しさん@3周年:04/05/23 09:27
>>22
夏に山でキャンプ合宿したけど、すごく楽しかったこと覚えてる。
>>25
検問で新聞紙に巻いた伸縮旗竿(アルミ製)を見つけられ、鉄パイプだ!!
って大騒ぎされた。楯を持ったやつらが、オレの周りにどっと集まってきた。
旗竿とわかって、なんとも照れくさそうな、珍妙な顔してまたさーっと
散らばっていったのには、皆で大笑い。あの間抜け警官の顔を今でも思い出す。

29 :名無しさん@3周年:04/05/23 12:46
>>27
>夏に山でキャンプ合宿したけど、すごく楽しかったこと覚えてる。
那須だったかどこだったかその辺りに行った記憶があるなぁ。うーん。どこだっけ?

地区の仲間も好きだったけど、こういう合宿とか闘争で他地区の学生なんかと会うのもまた楽しみのひとつだった。
三里塚で文字通り「同じ釜の飯を食った」仲間との再会は特に。
逆にアレ?あいつ見ないな?とか思ってるとコケた噂を聞いたりしてショックを受けた。
まあオレも言われたんだろうけどw

30 :名無しさん@3周年:04/05/23 19:49
コケた原因は何が一番多いんだろう。
結局は自分の弱さなんだろうけど、、それは置いといて、
彼女とか親とか、実は表面的にはそういうのが多いんだろうか・・・

31 :名無しさん@3周年:04/05/23 19:57
コケた原因ね..。
まあ消耗したわけだけど、考えてみれば一番色々なことに目移りする年代だからねえ。
活動から召還した罪悪感はあっても、今となっては一応普通の若者らしい経験もしておいてよかったとは思ってる。

32 :名無しさん@3周年:04/05/23 19:59
このスレ本当に昼間は伸びないね。
我が同志たちは昼は仕事に家族サービスにと相変わらずマジメに自分の世界と向き合ってるんだな。

33 :名無しさん@3周年:04/05/23 20:43
昔から活動家って夜型だよね。でもオレ、築地の市場でバイトしてたころは朝型だったし、今は田舎で暮らしてるから23時には寝てる。だからこの深夜のレスは翌日見てる。
かつての援農の時は疲れてもっと早くねたぞー。

35 :名無しさん@3周年:04/05/24 01:18
>>33
確かに左翼って夜型ってイメージあるなあ。
労働者のメンバーが仕事が終わってからアジトに集まってきて飯作ってみんなで食って
会議やってその後飲みに行って...なんてことやってたらもう1時..なんてザラだったな。
オレは学生だったから翌日昼まで寝てるとか平気だったけど、あの頃の労共闘のメンバーには敬意を表さざるを得ないな。

36 :名無しさん@3周年:04/05/24 12:34
仕事の帰り、その会社の同僚と酒を飲み、酔ってしまって電車の中にカバンを
忘れたやつがいた。カバンには組織の文書類が入っていたけど、結局みつからなかった。
まあビラの類で重要文書でなかったらしいが、問題になり、そいつは自己批判して、断酒宣言。
以後ホントに一滴も飲まなかった。いまでも断酒してるんかなあ。

37 :名無しさん@3周年:04/05/24 14:15
>>36
なんとマジメな...。
忘れたのがビラの類だったらオレだったら黙ってるなw

38 :名無しさん@3周年:04/05/24 15:20
ヘマやって、まいいか黙っとこ、ていうのオレもけっこうあったな。

39 :名無しさん@3周年:04/05/24 15:58
確信犯的にやったヘマならあるけど確実に人物特定されるので書けませぬw

40 :名無しさん@3周年:04/05/24 20:12
ヘマというわけじゃないが、情宣ビラにけっこう誤字・脱字があって、それを
見つけて指摘するのが楽しみだったけど。今思えば、いやらしかったかなあ。

41 :名無しさん@3周年:04/05/24 20:20
アジなんかは自分で段々何言ってんのか分らなくなる時よくあったよ。
まあ前段集会の時なんかは取り合えず何か言ってればOKみたいな感じがあったので
言う事に困ってきたら「大木よね精神をもってぇ」とか慣用句を織り交ぜれば
「ヨーーッシ!」と盛り上がった記憶があるよw
最初はスッゲー緊張したけど慣れてくると「どうせみんなそんなに真剣には聞いてないだろう」と思いながらやっていた感はあったw

42 :名無しさん@3周年:04/05/24 20:23
情宣ってブントの言い方なのかな?中核なんかは街宣って言うみたいだけど。

43 :名無しさん@3周年:04/05/24 21:02
㊥は首都圏は「街宣」、うちらの地方では「情宣」といってたよ。
アジは獄中16年、完黙非転向で生還した鎌田委員長のが凄かったよ。
俺も見習ってとは思ったが無理だった・・・・鬼気迫る腹のそこから搾り出すようなアジ。
小さいからだのどこからあんな声がでるのかと思ったものだ。
戦旗ではだれがアジテーションの名手だったのでしょうか?有名人いますか?

44 :名無しさん@3周年:04/05/24 21:34
>>43
戦旗では・・・ 思い浮かばない・・・
㊥は法政の堀内委員長なんかもうまかったな。いつも赤いネクタイして。

45 :名無しさん@3周年:04/05/24 21:42
おぉおぉお、堀内委員長ご存知ですか、、感慨深い。
70年代中盤~末まで、対Y戦が激烈だった頃のお方。
末ごろに鎌田氏は情宣部長だった。彼のアジの師匠は多分、堀内委員長。
体でかくて度迫力でしたね。
ブントはあまり知らんが、アオ反帝学評も凄いのいた記憶が・・・名前は忘れたけど。

46 :名無しさん@3周年:04/05/24 22:17
北条委員長ですかね

47 :名無しさん@3周年:04/05/24 22:19
㊥のアジはやっぱり北小路さんがうまいよ。
石橋内田問題がおこった時の第一公園でのアジとかね。

48 :名無しさん@3周年:04/05/24 22:23
それは「年輪」というもの。
ブント出身の北氏は筋金入りのアジテーター。
ブント府学連委員長だったんでしょ。
本当はその筋がブントを指導してくれてたらきっと・・・(ry

49 :名無しさん@3周年:04/05/24 23:37
言われてみれば荒氏のアジってほとんど印象に残ってないな

50 :名無しさん@3周年:04/05/24 23:40
挫折したとはいえ三派全学連初代斉藤委員長はどうよ。
あと加藤登紀子さんのだんなさんとか。ちと世代は違いすぎるか・・
80年代は浮かばんもので。スタープレーヤー不在だったな。粗本尊信仰だったかも。

51 :名無しさん@3周年:04/05/24 23:47
>>50
粗本尊信仰が顕著になるのは90年代に入ってからと思われ

52 :名無しさん@3周年:04/05/25 00:01
粗さんはアジはうまくなかったが、合宿最後の総括集会ではしめの挨拶をしてた。
これを聞くと闘うぞという気にはなった。
今でも思い出すのが、「我々の闘いは世界史に鍬を入れる闘いである」というフレーズは今でも忘れない。

53 :名無しさん@3周年:04/05/25 01:18
粗さんのアジは所謂「火の出るような」アジではなかったね

54 :名無しさん@3周年:04/05/25 02:23
>>48
北小路さんとか安保ブントの人たちに指導してほしければ中核派に
結集すればいいじゃん。

55 :名無しさん@3周年:04/05/25 09:05
やっぱり俺は中では無くて、ブントで良かったと思っている。
80年代はこういっちゃー悪いが、中はやっぱ対○戦では多くの殲滅戦を行ってるし。
ある新年、革命軍アピールでは「○を殺すことが革命軍の使命」みたいな内容で全て回収になった話も聞いてたし。
俺的には殺し合いを革命に位置づけることは絶対におかしいと思ってた。
このスレがやはり明るいのはそういった世界とは無縁な地平で組織建設を行った結果と考えてる。

56 :名無しさん@3周年:04/05/25 09:17
そうだな。中核の人らはよくやっていけたと思う。
誰しも人情沙汰は嫌にきまってる。けど一方で革命を突き詰めれば無血革命なんて
歴史上稀だし、本当に革命、内乱なったら血を見るだろうなとは薄々思った。
権力の部隊や右翼、民間反革命などとの。本音ではもうその時点で逃げ腰だったかもな。
明るく楽しい革命なんて本来ないと思った。かといって議会主義も幻想でしかないし。
革命を名乗る以上はやがて来る殲滅戦の問題から逃げられなかった。
そこが弱味でもあったかも。けど今となってはそこまで手を染めなくてよかったと思う。

57 :名無しさん@3周年:04/05/25 09:52
80年代後半の反天皇制闘争(天皇在位60年~天皇代替わり)の頃の戦旗だった人も語れ。
反天連呼びかけの実行委員会での闘いや、皇居前で糞尿撒いたこととか。

58 :名無しさん@3周年:04/05/25 10:51
そうね。80年代の中はまだ対マル戦を声高に叫んでいたし実際死者も出してるしね。
戦旗がもし西田と殺し合いなんかしてたら絶対結集してないな。
インターへのテロも本当に失望したし怒りを禁じえなかったよ。
ここに出入りしてくれてる元中の人には悪いけど。

参考
Q24.内ゲバについてどう考えますか(戦旗派一問一答集)

59 :名無しさん@3周年:04/05/25 11:27
まあその結果戦旗がマルクス主義を放棄してアラカルトになっちゃったんだから
いいじゃん。

60 :名無しさん@3周年:04/05/25 12:00
第三者からみて言わしてもらうけど、もし中や青が対マル戦してなかったら
今ごろ多分マルの天下だったろう。80年代だって他勢力は自由に活動できなかったかも。
党是として諸雑派解体路線だったし。ゲバ反対の奇麗事一般論では語れないかと・・・

61 :名無しさん@3周年:04/05/25 12:11
>>60
あほか。それこそ軍事主義であり、革マル思想だ。大衆不信だ。
ゲバがなければ、左翼に大衆が多く結集していただろう。革マルの敵対なんて大衆の力ではねのけられる。
革マルは小セクトに凋落していただろう。

62 :名無しさん@3周年:04/05/25 12:18
というか戦旗は70年代は関西ブントとかのゲバにあけくれてましたが何か?
社会評論社の内ゲバ本に生田あいがいろいろ書いているよ。
一時期は対権力闘争より対他派のゲバに主力をおいていたところなんかが
マルに似ているとかいわれるゆえんかな。

63 :名無しさん@3周年:04/05/25 12:31
>>61
川口大三郎君の件で早稲田で大衆的にマルをおいつめたけど、テロに
やられました。

64 :名無しさん@3周年:04/05/25 12:45
中核や解放がゲバらなからと言って革マルの天下が来るほど革マル自体に求心力があるとは思えない。

65 :名無しさん@3周年:04/05/25 12:56
>>62
パラチェン後の90年代のことをもってして戦旗を批判されても答えようがないのと同様
70年代の前半~中盤のことを言われてもなあ..
その辺りの意味もあって”80年代スレ”なんだと思うんだけど。

66 :名無しさん@3周年:04/05/25 13:10
>>65
都合の悪い過去と現在は語らないでね ってことね。スマソ

67 :名無しさん@3周年:04/05/25 13:17
>>64
ゲバもやっていなかったのに革マル派よりはるかに規模が小さかった
戦旗には求心力あったのか?

68 :名無しさん@3周年:04/05/25 13:33
戦旗は80年代は西田を三里塚でどつくゲバにあけくれましたが何か?

69 :名無しさん@3周年:04/05/25 13:34
>>66
いやそういうことではないんだけど....
80年代には戦旗には若い学生がたくさん結集していて、「正直昔のことを言われても知らない」っていうメンバーの方が多かったでしょう。
二次ブント系のセクトに属していた人ではかつての戦旗のゲバに恨みを持っている人も多いのかもしれませんが、少なくとも80年代は戦旗は「内ゲバ反対」であり党派闘争は「どちらがより権力と闘うのか?」を大衆に示していくことで行うべきという主張で私も含めて当時のメンバーは戦旗のそういう主張にも魅力を感じていたと思います。80年代になっても「他党派解体」を党是にしていたのなら「カクマル的」という批判も甘んじて受けますが。

ただ80年代に他のブント系の党派と直接ゲバが無かった(除く西田戦旗)のは、過去の反省というよりも他党派との組織的力量の差が顕著になることによりその必要が無くなったという側面もあるかもしれないですしその辺りが余計に恨みを買ったのかな?などと当時のブント系他党派とのイデ闘を思い出すと思ったりもします。
いずれにしましても気分を害されたのなら謝ります。

70 :名無しさん@3周年:04/05/25 13:58
戦旗は90年代はロフトプラスワンで佐藤なにがしをどついていましたが何か?

71 :名無しさん@3周年:04/05/25 14:08
>>70
佐藤某はファシストだから内ゲバではない。

72 :名無しさん@3周年:04/05/25 14:21
>>63
あと一歩の盛り上がりが必要だった。
早稲田以外でも盛り上がれば、全国動員によるテロ支配は不可能になっていた。

73 :名無しさん@3周年:04/05/25 14:47
>>70
内ゲバとはかいてないじゃん。
どついていたって書いてあるよ。

74 :名無しさん@3周年:04/05/25 15:35
>>他党派との組織的力量の差が顕著になることによりその必要が無くなった

だからチュンにテロ恫喝されたらすぐあやまっちゃったんだね。

75 :名無しさん@3周年:04/05/25 18:04
>>64 認識が甘いと思う。クロ教の洗脳は骨の隋まで侵食します。自ら退出することなど無し。

76 :名無しさん@3周年:04/05/25 18:56
20年近く前話したことのある早稲田の革マルは本当に尊大だった。
でも当時早稲田の二文だけで二桁くらいの人がいた。侮れん。

77 :名無しさん@3周年:04/05/25 18:57
80年代の戦旗の香具師ら大衆運動の場面でマルとぶつかったことある経験
なんてほとんどないんじゃないかな?
マルの陰湿な他党派解体運動と直面したことないから「内ゲバ反対」とか
簡単に言うことできるんだろ。

78 :名無しさん@3周年:04/05/25 19:24
>>77
うん確かに。
リアル革マルなんて見たことなかったな。

79 :名無しさん@3周年:04/05/25 19:34
内ゲバ問題はやはり深刻な問題だね。
俺は活動してたことは親は知ってたが、内ゲバが現実的に行われている組織だったら説得できなかったな。
確かに○の組織力・諜報活動では抜きん出たものがあった。社学同早稲田学籍者は○に突き止められ恫喝されてたからな。
だから当時の千機が掲げた「革命運動のスターリン主義的歪曲を克服せよ」のスローガンは多くの若者をひきつけたのではないか?
アダチに対してどうか?と言うことにはスマソということもあったが陰惨なテロの応酬ではなかったし。

80 :名無しさん@3周年:04/05/25 19:38
続けて言うなら、
人々が新左翼とは語るときに出てくる言葉は何か?
人殺し、暴力、暗い、怖いぐらいがTOPに出てくるか、もしくは
最初に知らないぐらいではないのか。

81 :名無しさん@3周年:04/05/25 19:40
>>79
アダチって?

82 :名無しさん@3周年:04/05/25 19:43
>>79
ぼくは横国だったので革マルはそんなに恐くなかったが、早稲田なら恐かっただろうな。

83 :名無しさん@3周年:04/05/25 19:45
でも早稲田ってそれなりにメンバーいたよな?
それよりも>>82さん横国もそれなりに大変だったんじゃぁ...??

84 :名無しさん@3周年:04/05/25 19:46
>>81
西田千機。
分裂した千機派。

85 :82:04/05/25 19:47
>>83
いやおれは戦旗じゃなくノンセクト

86 :名無しさん@3周年:04/05/25 19:54
>>83
早稲田の戦旗ってどういう経路で戦旗に入ったの?
やっぱ学外の運動?
早稲田の学生はわりと学外の運動では見かけるが、学内ではマルの恫喝のゆえに運動しない。

87 :名無しさん@3周年:04/05/25 19:58
80年代前半。早稲田ではレーガン来日反対を掲げる革マル派と賛成・歓迎を公然と掲げた原理が衝突。
反原理集会が学内で開催されていたけど、集会は革マル一色だった。共闘(?)していたのは「嫌いだ!原理友の会」(嫌原)
という純然たるノンセクトくらいだったなあ。
あの中を他の新左翼党派が公然登場するのはとても無理だろうな...と思わせる雰囲気があった。

88 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:00
>>86
>早稲田の戦旗ってどういう経路で戦旗に入ったの?
駅の情宣とかで一本釣りされたってのがほとんどじゃないのか?

89 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:02
言われつくしていることだけど核〇は、組織温存・拡大第一主義でそのためにはどんな卑劣で矮小なマヌーバも苦もなく駆使する。「謀略論」は自己都合、合理化の最たるものでしょう。
で、ある時期から権力と闘うことによる組織へのダメージの損得から、ポーズ以外は「闘争」をしなくなる。その一方で「他党派解体」のためのテロ、索敵、嫌がらせは度を越して凄まじくなった。それも他党派の伸長は自派の組織拡大にはマイナスとの利害からくるもの。他党派への暴力は権力に対するのとは違い弾圧とかは無いわけだろうし、また、元々の〝尊大さ〟ゆえになおさらにのめり込むことになる。
とりわけ中核の学生戦線は70年安保沖縄で体力がなくなったところを狙われ全国の大学、自治会から追われることになる。当事は相当の勢力だった解放もしかり。そして両派は党首までやられてしまった訳だ。
その立場からみれば核〇は権力と一体に見えても致し方ないことだろう。ブント諸派も例外ではなかったろう。
西田、関西ブント、・・・・。弱体化したとはいえ、今も本質は変わっていないと思う。
よって侮ってはいけないと思うよ。

90 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:08
俺は「世界を揺るがした10日間」を読んですごく感動したのを覚えてる。
今では明確に思い出せないが、新しい世界をつくろうとした熱気は伝わってきた。
価値観の創造過程では様々な問題ー内ゲバも含めーが生み出されたが、根本は人々の社会変革の思いだと思う。権力を打倒し新たな世界をつくるという思いは、全てを動かしたわけだし。
たとえマルがどういう存在であれ、主軸にはなりえないと思う。

91 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:10
ところで、ぼくは横国の近くに住んでいたのだが、アパートの近くで革マルが集団下校してくるのをよく見かけた。
おそらく近くにアジトがあったのだろう。
それを監視していたのかどうかわからないが、怪しい車がぼくのアパートの前によく止まっていた。うざかった。
まさかノンセクト個人のために毎晩車を止めて監視するとは思えなかったので、近くにあるらしい革マルアジトを監視しているのだろうと思ったが。

92 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:13
荒って子どもいるのか?

93 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:14
>>85
トマホーク阻止闘争で横須賀現地闘争ではよく横国のノンセクトが
集会を牽引してたような記憶がある。(ウラ覚え)

94 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:18
>>92
いるはずだよ。もうけっこうデカいんじゃないか?

95 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:18
横国のノンセクって雪谷のソウ翠寮ではない?
白が黒被っていたかもね、その頃は

96 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:19
>>93
.>トマホーク阻止闘争で横須賀現地闘争
おーそれ行った記憶があるなあ。
そうすっと82さんとは共闘してた可能性があるわけだ。

97 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:24
ありそうだね。
当時は、学生運動は日大銀ヘルを中心に反憲学連との闘いで
全国学生共同闘争も組まれておりそこには青・インター等様々な党派
ノンセクトが集結してたような記憶がある。

98 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:24
>>94
荒の子どもはなにしてるの?
荒がいまいっしょにいる女は何歳くらい?

99 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:27
なんか○批判スレになってきたなあ。みなさんの○に対しての気持ちはわかるけど。
西田とは三里塚で罵倒しあったことあったな。

100 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:42
>>99
西田の別名が両川?

101 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:43
>>98
なんでそこまで聞くの?
そんなことどうでもいいじゃん。

102 :名無しさん@3周年:04/05/25 20:54
>>101
荒の子どもはメンバーでないなら、どうでもいいが。

103 :名無しさん@3周年:04/05/25 21:03
>>102
ないない。
それどころか憎んでいるのかも知れんな。
破天荒伝にそのくだりは出てくるが。

104 :名無しさん@3周年:04/05/25 21:11
成田用水の話しはぜんぜん出てこんな。あの頃のメンバーはここに常駐してないのか。
少しは聞かせてくれや。

戦旗・共産同政治集会(88年東京勤労者福祉会館)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です