「1968年」-無数の問いの噴出の時代-国立歴史民族博物館/千葉


イベント詳細


月曜は休館
大学闘争、三里塚、べ平連・・・1960年代を語る資料を約500点展示
約50年後の今、「1968年」の多様な社会運動の意味を改めて問う

「1968年」-無数の問いの噴出の時代チラシ
開催期間:2017年10月11日(水)~12月10日(日)
開館時間:9時30分~16時30分(入館は16時00分まで)
休 館 日月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります)
※毎週土曜日は高校生は入館無料です。
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
会 場:国立歴史民俗博物館
 京成上野駅から京成佐倉駅(約55分)下車 徒歩約15分、またはバス約5分
 詳しくは案内図→https://www.rekihaku.ac.jp/
information/access.html

料 金:一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /
    小・中学生:無料 /( )内は20名以上の団体

 このたび、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)では、企画展示「1968年」-無数の問いの噴出の時代-を2017年10月11日(水)から12月10日(日)まで開催いたします。
 本展は、1960年代後半に日本で起こった、ベトナム反戦運動や三里塚闘争・水俣病闘争などの市民運動・住民運動、全国的な大学闘争などの多様な社会運動に総合的に光を当てたものです。これらの運動は、戦後の平和と民主主義、そして高度経済成長や公共性を押し立てた開発計画のあり方、広くは戦後日本の政治的・経済的枠組みを「問う」ものでした。この時代に噴出した「問い」はいまなお「現役」としての意味を持ち続けています。
 また、1960年代後半は、日本の社会運動が、それまでの組織的な問題設定・問題解決の方式から、「個」の主体性を重視する特徴を強く顕し始める転換期でもありました。人々は様々な問題に対し異議を唱え、あるいは改革を要求する声を、各自の居場所で、多様な形態であげていったのです。こうした新しい社会運動のスタイルは後の時代にまで大きな影響を与えました。
 「1968年」は、この時代の象徴的な出来事である東大闘争や日大闘争といった学生運動が活発に行われた年でした。本展は、当時を象徴する資料約500点を展示し、「1968年」を中心としたこの時代の多様な運動をより総合的に紹介することで、この時代の運動の意味を探ります。
詳細ページ:
https://www.rekihaku.ac.jp/
outline/press/p171011/index.html

主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
特別協力 立教大学共生社会研究センター、法政大学大原社会問題研究所、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)、「技術と社会」資料館、成田空港 空と大地の歴史館

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

「1968年」-無数の問いの噴出の時代チラシ