2010.11.10 イギリス学費値上げ反対デモ(その1)

反戦動画集トップにもどる

 2010年11月10日、英キャメロン保守・自民連立政権が進める戦後最大の緊縮財政策によって、英下院は同日、大学授業料の上限を現在の約43万円から120万円へと三倍近く引き上げる法案を可決した。これに抗議してロンドンでは学生らが2万人規模のデモを進めていた。

 デモには大学生をはじめ、進学を考えている高校生、子や孫を持つ年長世代、直接関係はなくても緊縮財政策に不満を抱え、大学生の抗議を支持する市民らが次々と合流し、事前の予想をはるかに上回る5万人規模にまで拡大した。

 デモは当初穏便に行われる見通しであったが、際限なく膨れ上がるデモに驚愕した警察が、認可を受けたデモコースであるにも関わらず激しく妨害(「ケトリング」と呼ばれる手法で、大量の警官で進路をふさぐ)し、各所でこれを突破しようとするデモ隊との衝突が多発した。

 この弾圧に対して警察・政府・マスコミは一団となり、「一部の過激派」によってデモと混乱が引き起こされたとするカウンターキャンペーンを繰り広げることとなる。

保守党本部突入の瞬間 イギリス学費値上げ反対デモ

2010.11.10 保守党本部突入の瞬間 イギリス学費値上げ反対デモ(その2)

2013年6月5日
2010.11 イギリス学費値上げ反対デモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当サイト管理人。京都市生まれ。立命館大学法学部卒業。かつてはブント系の左翼だったが、現在は平凡な普通のおっさん。2004年にイラク侵攻への怒りから『旗旗』を開設。その後、ネットなどで知り合った人々と自由な個人共闘である「ジグザグ会」「三里塚勝手連」をはじめた。サイトはHTML→XOOPS→Wordpressと変遷し、14年分のコンテンツはそれなりに膨大だったが、現在もブログ以外のコンテンツは手作業で移植中のため、終わりが見えない状況。