WATTATA(河を渡った)/ KIYOSHIRO IMAWANO

by 中野由紀子
 人生にはいろんな河を渡ることが必要になります。そして、渡ったあとも闘いは続きます。歌の中にあるような「言い訳をしたり」「のらりくらり誤魔化したり」してるのはいったい誰なんだろう?権力か、それともアイツらか?
  俺は河を渡った 渡った
  暗い夜の河を渡った 河を渡った
  泥水を飲んで 溺れそうになって
  助けられたりして そう 俺は河を渡った

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

WATTATA(河を渡った)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です