2007.02.22 オーストラリア:チェイニー訪豪抗議闘争

反戦動画集のトップにもどる

オーストラリアでのチェイニー訪豪抗議デモ(2/22)の様子です。
警察が直前になってから不当にも「デモ禁止命令」を出しましたが、それをかいくぐっての抗議闘争が大爆発しています。

[スポンサーリンク]

「Shame! Shame! Shame!(恥を知れ!)」「ヒックスを返せ!」
「ディック・チェイニーが来るとひとが死ぬ」「殺人者チェイニー」

 チェイニー訪豪とグアンタナモ刑務所におけるオーストラリア人デーヴィッド・ヒックスさんの罪名なしの拘留(5年目)に抗議するデモ隊1500名が、どたん場で出されたデモ禁止令にもかかわらず、警察の隊列をすり抜けて報道陣と混じり合い、最終的には何百もの小グループに分かれて買い物客の群に入り込んだため、警察が弾圧をあきらめた。

出典:Possum News Network

 これは70年代に政府の強弾圧にさらされた西ドイツ社学同がとった「散歩デモ」と同じ戦術ですね。日本でも、非暴力不服従戦術の一つとして使えるかも。

オーストラリア:チェイニー訪豪抗議闘争

 イラク侵攻をささえた「有志連合」の中で、英ブレアが風前の灯火の今、変わらずブッシュの「対テロ戦争」を支持している国は、すでに日本とオーストラリアくらいのもの。

 その日本では先日のチェイニー来日時に大きな闘いは組まれなかった。ブッシュ来日時の京都デモも、京都としては画期的だったけれども、全国動員と言えるような情況にはならなかった。その時は仕方がないだろうと思っていたのですが、こういう写真を見ますと、やはり日本の反戦勢力はたるんどると思います。いかん!いかんよ、こんなことじゃ!

 なにより参加者の顔がいいですね。煩悩としての怒りの顔は醜いですが、こういう利他心からくる怒り(義憤)はむしろ美しいものです。

チェイニーとは? 映画『バイス』予告編

『バットマン ビギンズ』のクリスチャン・ベールが「史上最凶の副大統領」に大変身? 9.11以降、アメリカを操っていたのはこの男。
ワイオミングの田舎の電気工から“事実上の大統領”に上り詰め、アメリカを自在に操り、米史上最も権力を持った副大統領、チェイニー。その前代未聞の裏面史を描いた社会派エンターテイメント!まさかの実話!

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

オーストラリア:チェイニー訪豪抗議闘争

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です