• HOME
  • ブログ
  • 「万年野党」などという無害で牧歌的な存在ではない

「万年野党」などという無害で牧歌的な存在ではない

投稿日:11月17日(水)00時38分22秒 (三次会
4toro.gif三歩さん>
万年野党には万年野党なりの礼儀や矜持というものがあると思います。
なぜ野党になるかといえば、与党にはくみできない自分なりの考えがあるからです。いくら野党でも、噛み合った議論をするためには「アンチとしての自分の考え」くらいは表示する礼儀は必要です。

「いなくなると寂しい」などと言えるのは、改憲派氏とまともに対応したことがないから、また、改憲派氏が揶揄している相手が自分が批判している価値観の持ち主であるから、まだそんなのんびりしたことが言えるのではないでしょうか。

改憲派氏のあり方は、単に「人を批判するだけの万年野党」などという牧歌的な存在ではありません。人の投稿を読んで、それに対する自分なりの疑問を批判という形で提示する。提示しただけでとどまる。それはかまわないけれども、自分のなした批判に対し、丁寧に返答されたなら、その返答に対する感想くらいは、ちゃんと「返答にそった形で」書いてほしいものです。

返答を無視するくらいならまだしも、本筋とは関係のない枝葉末節の文言を針小棒大させ、自分が批判しやすいように勝手に歪めて解釈した上で、侮辱的な文言で返答ならぬ「返答」を繰り返す。
「それは違うよ、そんなこと言ってないよ」と丁寧に書いてあげてもやはり気がつかない「ふり」で同じことの繰り返し。「では、あなたはどう思うの」と尋ねても正面から答えない。

だから私は「こういうことをしたいのならば、2chに行けばいい」と申し上げているのです。改憲派氏のやりたいようなことができる場所が他にちゃんとあるのですから、棲み分けをすることがお互いのためであると思います。ここは2chとは違う原理で運営されています。もともとはそれが掲示板本来の古典的なあり方であり、2chや改憲派氏のほうが特殊で「普通ではない」のです。
最近は2ch文化の影響と、ネットの価格低下のせいで、改憲派氏程度では「荒し」とは認定されないのでしょうが、私が「掲示板」なるものをはじめた頃は、ちょっと真面目に掲示板で議論すれば、月2万~4万円くらいの電話代を請求されたものです。その頃のことを考えれば、改憲派氏の存在は泥棒にも匹敵します。

繰り返しますが、ここは2chではありません。「議論をする場所」です。新参者の私が言うのは失笑をかうことは承知で申しますが、この掲示板のあり方を守るために、参加者の一人として、管理人様に改憲派氏の出入り禁止の宣言と、必要な措置をとっていただくよう、要請します。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

『旗旗』は草加耕助が趣味で運営している個人サイトです。投稿してくれる奇特な皆さんの記事もあります。気に入っていただけたら、ごゆるりとお過ごしくださいませ。
このサイトについて