2011 映画「革命の子どもたち」

反戦動画集のトップにもどる

(2011年8月公開/イギリス/1時間28分/日本公開2014年7月)

革命家と呼ばれ、母として生きた女たち

1960年代後半に日本で強まった抗議の精神について、またそのエネルギーがどこに消えてしまったのかを、日本の若い世代が考える助けになればと望んでいます。ーー監督:シェーン・オサリバン
映画「革命の子どもたち」 1968年、学生たちによる革命運動のうねりのなか女性革命家として名を馳せた重信房子とウルリケ・マインホフ。ベトナム戦争で行なわれた米軍による虐殺に戦慄した彼女たちは、世界革命による資本主義勢力の打倒を目指し、それぞれ日本赤軍とドイツ赤軍を率いて活動した。
 本作はふたりの娘である作家兼ジャーナリストの重信メイとベティーナ・ロールが、母親である房子とウルリケの人生をたどり、「テロリスト」と呼ばれた彼女たちの生き様を、独自の視点から探ってゆく。母親たちが身を隠すなか、ある時はともに逃走し、誘拐されるなど、メイとベティーナは過酷な幼年期を過ごし、壮絶な人生を生きてきた。再び民主主義の危機が叫ばれるなか、彼女たちは自身の母親たちが目指した革命に向き合う。 彼女たちは何のために戦い、我々は彼女たちから何を学んだのか?
重信メイ 東京、ベイルート、ヨルダン、ドイツにて撮影された本作は、1968年当時の貴重なニュース映像や、二人に接した人たちのコメントを交え、テロリストと呼ばれた母親の素顔とその娘たちの生き方を重層的に、そして現代が失った変革を恐れぬ勇気を象徴的に描き出した。監督はアイルランドの気鋭ドキュメンタリスト、シェーン・オサリバンが務め、ヨーロッパ各地でセンセーションを巻き起こした。
 国籍や名前を変えて生きなければならなかった房子の娘であるメイは、その苦悩と母への想いを涙ながらにカメラに向って語る。革命家であり母親でもある彼女たちの生き方、また革命家の娘として生きた子どもたちの人生は、“幸福な社会”とは何かを、私たちに激しく問いかけてくるであろう。
[amazon_link asins=’B00UABGL8O’ template=’hatahata’ store=’hatahata-22′ marketplace=’JP’ link_id=’8881e08d-65ed-4c85-a858-0c58a9c0363d’]

free_palestine_パレスチナに自由と平和を

日本赤軍とは何か-これだけは知ってほしいこと

2009年11月26日

Other Posts こんな記事もあります(一部広告)。

映画「革命の子どもたち」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です