「大島ラーメンは外国人労働者の悔し涙の味がする」 抗議の声を!

投稿:中野由紀子

【転載・転送大歓迎だそうです】

大島ラーメンは外国人労働者の悔し涙の味がする

APFS労働組合です。
とんでもない人権侵害・外国人差別の企業が発覚しました。

 当組合員MAUNG THANTさん(ビルマ国籍)は関東圏に十数店舗を展開する企業、「株式会社 大島ラーメン」の渋谷店に勤務していました。
 軍事政権の迫害を逃れ日本で暮らす難民のMAUNG THANTさんは毎日、午前9時から深夜0時まで額に汗して仕事をしていました。

 ところが、本2009年5月末に出社したところ「店に置いていたつり銭の15万円がない。お前のせいではないか」などと中村長一店長に濡れ衣を着せられ、6月20日付で解雇されてしまいました。同じように「つり銭泥棒」を疑われたベトナム人労働者も同様に解雇されたといいます。

 とんでもない不当解雇です。また、給料明細などから時間外割増、深夜割増の賃金が未払いであること、強制加入である社会保険にも未加入であったことなどが発覚しました。

 相談を受けたAPFS労組では、7月15日に代表取締役の大島啓二社長と団体交渉を持ちましたが、その席で大島社長は信じられないような暴言を吐き散らしました。

 「泥棒かもしれないから解雇した。一ヶ月前に解雇予告したから問題ない」
 「残業代や深夜割増賃金は労働基準監督署から指導されたら払う」
 「外国人は保険にいれないのがうちの決まり」
 「金を払えというのか。警察にとどけるぞ」

 信じられない法令違反、外国人差別、開き直りです。窃盗の濡れ衣をきせられたあげく不当に解雇され今も就職がままならないMAUNG THANTさん(およびベトナム人労働者)を愚弄するにもほど があります。

 当組合は労基法違反で大島ラーメンを労働基準監督署に告発しました。しかし、問題はそれで解決ではありません。外国人労働者の人間としての尊厳を踏みにじり開き直る企業を野放しにしてはなりません。

 大島ラーメンはマスコミにも頻繁に取り上げられる「名店」だそうです。しかしながら、そのラーメンは外国人労働者の血と汗と涙をスープとしているのです。私たちAPFS労組は大島啓二社長と中村長一店長の謝罪を求め非妥協的な労働争議に突入します。

心ある皆様! 大島ラーメンに抗議の声を集中してください! 

抗議先 大島ラーメン 
 電話03-5244-6696 FAX03-5244-6695
http://www.oshima-ramen.co.jp/

大島ラーメンは外国人労働者の悔し涙の味がする・其の弐

大島ラーメンは外国人労働者の悔し涙の味がする

 APFS労働組合です。『週刊金曜日』から大島ラーメンについて取材を受けました。記事は来週号に掲載される予定です。

 ところで『金曜日』記者が会社側に事実を問い合わせたところ、「怪しいやつを解雇するのは当然」「外国人は日本人と違う」「組合は金目当てで動いている」等と公言したそうです。

 これを伝えたところ当該で難民のMAUNG THANTさんは怒りの表情を見せたあと、悲しくうつむきました。
「必死に働いてきたのに、会社はそう言っているのですか。私は悪いことだけは決してやっていない。信じてください」と言葉を絞り出しました。

 人としてやっていいことと悪いことがある。
 大島ラーメンはそれがわかっていないようです。

 幸いに前回メール(上記)を読んだ方々(関西方面を含む)が大島ラーメンに抗議のメールやFAXを送ってくださっているようです。ありがとうございます!

 私たちAPFS労働組合も8月上旬にも他団体・労組の支援を受け大島ラーメン店舗への直接抗議行動を開始する予定です。
そこで再度のお願いです。

大島ラーメン 電話03-5244-6696 FAX03-5244-6695 
http://www.oshima-ramen.co.jp/
に抗議を集中してください。

MAUNG THANTさんのお願いでもあります。よろしくお願いいたします。

大島ラーメンは外国人労働者の悔し涙の味がする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。ユキちゃんでーす。\(^^@)/ 無神経なセクハラ野郎が大嫌い。大人になってからはじめて左翼を知った。誰か私専用のメットを作ってほしい。かわいいのがいいです。