人間の尊厳

  1. 釜ヶ崎で暴動が発生中―事態の概要

     すでに多くのブロガーさんも取り上げておられますが、この6月13日、大阪の日雇い労働者の街釜ケ崎(西成・あいりん地区)で労働者による暴動が発生し、これを書いている17日現在も続いています。数百名の労働者がサミット蔵相会談が行われている大阪の…

  2. 京都府警の「トラメガ弾圧条例案」批判

    洞爺湖での首脳会談と並んで外相会談が開催される京都で「トラメガ弾圧条例」の制定の動きが進んでおり、全国的に注目されています。これは形式的には従来から他の自治体でも制定されている騒音防止条例の「改正案」を京都府警が独自に作成したものですが、内容的にはそれまでの生活に密着した一般的な騒音防止条例を一変させ、全く異質な治安条例に変えてしまおうという試みです。警察の言いなりに2月の府議会で可決成立が目論まれています。

  3. 機動隊は日雇い労働者を練習台にするな!

    今年の1月14には東京の山谷で日雇い・野宿の底辺労働者たちがデモを行ったところ、いつもと違う機動隊の動きが見られ、機動隊の側からデモ隊を積極的に襲撃してこれに抗議した参加者を隊列からゴボウ抜きにし、3名を逮捕するという機動隊の「訓練」が行われました。うち2名はいつものように事後に逮捕容疑をこじつけることすらできず即日に釈放されました。マスコミの取材に対しこの釈放せざる得なかった2名のデモ参加者について、なんと「(あれは逮捕ではなく)目撃証人として同行を願い聴取したんだ」と冷や汗タラタラで言い訳したそうですが、これは全くの大嘘です。2名は当人の意思に反して機動隊に暴力的に拘束されたのだからこれは「逮捕」です。つまり警察ですら言い訳が不可能な明々白々な機動隊の不当逮捕だったことを公安刑事自身が自白しているのです。残りの1名も同様の状況で逮捕されたものであり、ただただ警察のメンツのために留め置かれただけです。

  4. フォークゲリラと『古いヨーロッパでは』

    当時の自民党政権は、「広場」という看板を「通路」と書き換えることで、この平和的なムーブメントを禁止するという政策をとりました。それでも人が集まるのをやめないと見るや、今度はなんと大量の機動隊を投入し、ただ歌を歌って広場の清掃をしているだけのフォークゲリラたちを棍棒で殴りつけて蹴散らすということをやったのです。まさしく現在の私たちが見聞きする独裁政権下の国となんら変わらない光景です。

  5. 「普通の人」というレトリックの本質について

    つまりこういう自称「普通の人」の問題点というのは、徹頭徹尾、自分を基準にし、自分と同じ考えや行動をしない人間を「普通ではない」とレッテル貼りして、その考えを考慮する必要は無い、排除してもかまわないという理屈になる点なんですよね。「○○に反対しているのは普通ではない人間(左翼・反日・プロ市民etc)だ。だから反対意見は考慮しなくていい」「反対している奴らは監視・弾圧してもかまわない」という具合です。要するに「いろいろ」という自由や民主主義に不可欠な要素、他人の意見を自分の意見以上に尊重するという態度に著しく欠けているということの自白が自称「普通の人」であるわけです。

  6. <撤退前夜>京都デモ

    テロ特措法延長阻止!9・11京都デモに参加、翌日安倍辞任(^O^)v

  7. ついに警察にN君を釈放させました!

  8. N君不当逮捕-拘留理由開示裁判の報告

  9. Nさん不当逮捕へのカンパと激励メッセージのお願い

  10. 「『馬鹿左翼』万歳!」再び

  11. どんどん増える!Nさん不当逮捕リンク集

  12. 大阪府警がNさん逮捕は言論弾圧であると自白-「普通は逮捕されない」

月別アーカイブ

PAGE TOP