ブログ旗旗 »
サイト内検索
アーカイブ
最近のコメント
twitter
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
オンライン状況
23 人の同志が革命的にオンライン中です。 (5 人の同志が ブログ旗旗 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 23
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

2・21とめよう!辺野古埋立て 国会大包囲と全国一斉行動へ

2月20日(土)21日(日)の両日は全国各地で、辺野古新基地建設反対に向けた同時アクションがおこなわれます。声を挙げる場所は国会だけじゃない!全国にいる私たちひとりひとりが辺野古新基地建設反対のたたかいに連帯します。(参考:辺野古リレーレイバーネット

1.首都圏アクション 2・21国会大包囲

2

 ■日時:2016年2月21日(日)14:00〜15:30
 ■場所:国会周辺一帯
(目標3万人以上による国会大包囲!みんなで集まろう!)

※ ぜひとも宣伝・拡散にご協力お願いします!
※ シンボルカラーは青。辺野古の海の「青色」で国会まわりを埋め尽くしましょう!

【沖縄からの参加】
稲嶺 進さん(名護市長・オール沖縄会議共同代表)
安次富 浩さん(ヘリ基地反対協議会共同代表)

主催:止めよう! 辺野古埋立て国会包囲実行委員会
   戦争させない・9条壊すな! 総がかり実行委員会

 多くの無関心がまねいてしまう環境破壊や基地建設問題。辺野古で起きていることはみんなの問題、世界の問題です。どうか見過ごさないでください。いのちを奪う訓練施設はどこにも必要ありません。このアクションをたくさんの人たちで共有し、集まりましょう。そして基地の建設を止めましょう。(国会包囲実行委HPより)
この投稿の続きを読む »

お久しぶりでございます

工事中 夢七海 昨年は後半、半年ほど欝してました。
 アーンド、ジグザグ会のリアルな活動で、ネットの方にじぇんじぇん気が回りませんでした。すみません。m(__)m
 昨年末に、レンタルサーバーと独自ドメインの請求が合計2万円ほどきまして、否が応でも思い出し、ネットでもいろいろやんないとなーと思ってましたが、更新を引き受けている「コモンズ」サイトや、ジグザグ会サイトや、それら系のfacebookやらTwitterやら、とにかくいろいろあって、気持ち的にもどっから手をつけていいやらわかんない感じでした。
 今もそんな感じですが、ここもボチボチと、無理のない範囲で、そうですねー、週一くらいのペースで再開していくつもりですので、なにとぞご理解の上、今後ともよろしくお願い致します。((^^))。

戦争が身近な沖縄と「平和ボケ」した本土の右翼

対話羽賀さんの投稿への返信です)

 ビラの内容のことを言ってるのかな?正直言って、ないものねだりかなと感じました。なぜかと言えば、書いてあるように、これは集会に来てくれた方(およびこのブログの読者)に配布する、つまり集団的自衛権と安倍に反対するという目的(価値観)を共有する方に、では次に何をすればいいのかを提起するための文章だからです。文章や議論というのは、まずお互いに同意できるところまでおりていって、その共通の土台から出発しないとかみあった議論になりません。その意味でネット(掲示板など)は極めて議論に不向きです。

 さて、その上で以下申し上げるならば、まず私が見るところ、集団的自衛権に反対している方々の考えや潮流としては、大きくわけて3つです。

■戦後体制の「防衛」か「克服」か

 一つは、「戦後体制防衛派」で、憲法や平和、個人の尊重などを基礎に考える方々。戦後民主主義派というか、これが一番目立つし数が多い。ネトウヨさんが念頭においているのもこの部分。羽賀さんが攻撃しているのもここですね。この人たちは良心的だし、別に間違っているとも思わないし、共に手を取って闘いたいと思う。ただ、ビラにも書かれている通り、冷戦構造を前提として成立した戦後民主主義とその対立軸が、すでにそうとう劣化してきていることを、多くの人が知っているか、もしくは肌で感じています。閉塞感や漠然とした不安がある。とりわけ若い世代がそう。そこを右翼的に突破しようと呼びかけるところにファシズム登場の本質があるのであって、もはや保守の人でさえついていけない安倍政権のようなものが登場しうる根拠も、実はそこにある。一方、戦後体制防衛は世論でいえば年配を中心に3割くらいあると思うので、運動のスタート時には説明もしやすいことから、どんどん仲間が増えていく快感を味わえるでしょうが、実はこれでは過半数はとれないし、何より戦争に向かう世の中を変えることはできないだろうなと思っています。ただこの層が集会などで可視化されることは歓迎します。

3・21新宿反戦デモ

3・21新宿反戦デモ

 そこで二つめの潮流として、戦後民主主義の崩壊の中で、それを「守れ」だけでなく、危機の中でそれにかわりうる新しい価値観と社会を展望するべきだというのが私たちのような人たちです。「危機」とはなんでしょう?今までのやり方ではダメだと、みんなが感じているだけでは危機とは言いません。古いものは改めればいいだけ。そうではなく、ではどうすればいいのかということがわからない、それを危機といいます。この潮流は一つめ(たとえば社民・共産などの大政党)の影に隠れて目立たなかったし、今でも一つの「党」などにまとまっていないので、羽賀さんのおっしゃるようにわかりにくくはあるのですが、この10年であちこちで噴出してくるようになりました。私はここに期待をもっていますし、それはまだ「ふんわりとした方向性」を共有できればいいと思っています。一つの主張や一つの党にまとめる必要はない、大きな方向性の中で、雑多な人々が自由に議論して決めていく、むしろそういう空間を国境を超えて広めていくことに意義があると思っています(島国に住んでいるとピンとこないでしょうが)。ここについて語ると戦後民主主義(戦後資本主義)とは何か、それはどうして成立してきたのかという歴史的なところから全面展開しないといけませんので、ビラと同様にここでは指摘だけにとどめて先に進みます。
この投稿の続きを読む »

いよいよ本日!集団的自衛権の法制化阻止・沖縄連帯・安倍たおせ!新宿反戦デモへ!

ジグザグ会ブログより)

会場にて配布予定のビラ

会場にて配布予定のビラ


 おはようございます。いよいよ数時間後に迫りました!
 皆さま、本日はよろしくお願いします。お会いできることを楽しみにしています。

 おりしも与党は侵略安保法制の基本方針を確認したようです(記事)。
 これは安倍の一存で「国の形」を一変させるという意味で、事実上のクーデターですが、これを迎え撃つ私たちの体制づくりも、なんとか間に合ったということでしょうか。
 今日の旗あげデモを成功させ、沖縄の闘いを孤立させず、5月連休明けの国会周辺での攻防を勝利的に展開するための準備に入っていきましょう!

 以下に、会場にて配布予定のビラ原稿を掲載しておきます。

すべてのみなさん!共に闘わん!!

■日時:2015年3月21日(土)13時集合、13時半出発
 ジグザグ会は12時集合にて活動中ですのでよろしく
■集合場所:新宿・柏木公園(東京都新宿区西新宿7‐13)
 地図とアクセス:http://chizuz.com/map/map95457.html
この投稿の続きを読む »

3・21新宿反戦デモ!!!参加賛同団体・個人

チラシへの掲載が間に合わなかった方も含めて以下の通りです。
抜けている方、新たに参加賛同いただける方がおられましたら、恐縮ですがコメント欄などでお知らせいただけますと助かります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【団体】
 9条改憲阻止の会/派兵反対実/日雇全協/NO-VOX Japan(原隆)/反原発ジグザグ会/
 戦争・差別・貧困と闘う学生グループ・あすじゃ東京/上智大学ボルシェヴィズム研究会/
 専修大学学生有志/土浦第一高等学校全学共闘会議/反戦兵士と連帯する会/情況出版/
 伊達判決を生かす会/府中緊急派遣村実行委員会/憲法を生かす北区市民の会/
 アジア共同行動(AWC)首都圏/労働運動活動者評議会/反安保労働者講座/
 沖縄の自立解放闘争に連帯し反安保を闘う連続講座/東葛結の会/沖縄文化講座/
 日米安保終了通告の会/反戦反天皇制反原発静岡青年共闘会議/静岡・改憲阻止の会/
 関東「障害者」解放委員会
【個人】
 吉田正司(沖縄一坪反戦地主会関東ブロック)/山中幸男(救援連絡センター事務局長)/
 檜鼻達実(基地撤去をめざす県央共闘会議)/山口智之(APFS労組委員長)/芝崎真吾/
 東風徹(市民自治をめざす1000人の会)/奥村岳志(ルポライター)/木村孝司/尾沢孝司/
 小山七積/渡辺亜人(オリオンの会)/荒木茂雄/大賀達雄(さよなら原発@めぐろ)/
 菅谷圭祐(豊島区シェアハウスりべるたん)/井筒高雄(元陸上自衛隊レンジャー隊員)

3・21「デモ訓練」参加者募集

(以下「マル共連BBS」への個人的な投稿より一部改訂)

 今さらこんな時間になんですが(汗)、明日の3・21新宿デモに参加または観察に行かれる方はおられますか?再度紹介しますと、明日、新宿・柏木公園にて、集団的自衛権の法制化阻止集会を行います。また、当日は沖縄県民集会の日でもありますので、これとの連帯を大きなテーマとして掲げています。

 デモ自体は13時集合の13時半出発ですが、ジグザグ会などの有志メンバーで、12時に集合してデモ訓練を行います。ただし、13時に全体に合流するまでは、あくまでも「通常の公園利用」の範囲を超えない形でおこないますので、まあ訓練というか講習というか、あまり「期待」をされても困りますが(苦笑)。

 それは決して「古典芸能」などとふざけているわけではなく、街頭行動(もちろん「平時」のですよ!)における、大衆的なスキルに属する事柄が、かつては当たり前のように先輩から後輩に「なんとなく」伝承されていたものが、今や大きな断絶をうみ、それによって回避できたかもしれない逮捕事例、大衆行動の技術面の不足など意外と深刻なことになってきてるんではないかという、わりと真面目な考えからからです。

 また、ジグザグ会のメンバーでもある松平耕一さんより、欧州などの市民運動、大衆行動などで、大衆的に公開された形で対権力街頭行動のための講座が開かれ、運動や団体を超えてスキルが伝承されているという話を詳しく聞かせていただいたことにも刺激を受けました。そういうのって大切なことだと思う。

 なので、趣味者の皆さんが「期待」するものとは微妙にずれたものになるかもしれませんが、もし、明日おこしになる方がここにいらっしゃいましたら、少し早めに来ていただけばと思う次第です。

3・21 沖縄県民集会に連帯・連動して新宿反戦デモに集まろう!

 3・21新宿反戦デモの当日に、沖縄で大規模な県民集会開催が決定しました。
 反戦実行委員会では、当日は沖縄連帯をよりいっそう大きなテーマとして、この県民集会に連帯・連動してデモを打ち抜こうということになりました。
 首都圏でも沖縄と連動して声をあげよう!県民集会に連帯して柏木公園に集まろう!!

■日時:2015年3月21日(土)
 13時集合、13時半出発
■集合場所:新宿・柏木公園
 東京都新宿区西新宿7‐13)
 地図とアクセス:http://chizuz.com/map/map95457.html
 ※JR新宿駅西口の一番出口から出て右へ直進し、新宿大ガード西交差点をこえて
  小滝橋通りへ進み、最初の信号を左折して直進、駅より7分
■主催:集団的自衛権法制化阻止・安倍倒せ!反戦実行委員会(略称:反戦実)
 連絡先:03‐6206‐1101(9条改憲阻止の会)
 http://awej.jimdo.com/
この投稿の続きを読む »

「非暴力直接行動」って何だろう?(下)ー民主主義を取り戻そう

60年安保闘争で国会を取り巻く人々

60年安保闘争で国会を取り巻く人々

前回のエントリからの続き)

■歴史的経緯から見た、間接民主主義の機能不全

 また、これを歴史的な経緯から言えば、もともと現代の議会制民主主義は原理的に「間接行動(間接民主主義)」なのは小学生でも知っていますよね。それは市民革命の時代に、一般国民(「愚民ども」)が政治に口を出してコントロールすることを恐れた支配階級が、制度的にわざとそうしたのです。よく、具体的個人である国民は選挙日の一日だけ「主権者」であるとか、自分を搾取して支配するのが誰かを選べるだけなどという言葉で語られる議会制度の負の側面は、この制度設計によります。

 多くの人が勘違いしていますが、主権者としての「国民(nation)」という語は、憲法上、第一義的には具体的な生きた個々の人間のことではなく、また有権者団のことでもなく、なんとなくふわりとした抽象概念として想定されています。具体的な個々の人間を主権者として想定する立場は、国民ではなく「人民(people)」を使います。ゆえにたとえば国民投票や住民投票の結果が、首長や議会の決定を縛るような直接民主制度の導入は違憲とされています。なので各地の住民投票条例では、その結果を「尊重する」という表現で、違憲を免れているわけです。このあたりは大きな顔して書くのが恥ずかしいほど、憲法の教科書の最初のほうに書かれている初歩的概念です。

 ところがこれだと時々困ったことがおこります。いわば抽象的に「国民を代表している」政府(または自治体)と、現実の国民(=人民)の意思が著しく乖離する場面などです。単に時期的に乖離している場合は、それこそ署名運動やデモなどの間接行動で運動し(「民主制の過程」などと言います)次の選挙でその乖離を埋めるという建前になっています。だいたい議会に議席を持つ大きな政党は、この間接行動の流れを想定しており、「世論」に訴えた上で、次回選挙で自派の議席の上積みを目指すのが通例であり、市民運動などに対してもその範囲内(自派の議席獲得運動)にとどまってくれることを望みます。共産党も基本的にその例外ではない(というか典型的)でしょう。

 ちなみに書いておくと、この「民主制の過程」に瑕疵(かし=傷)があると、議会制民主主義が制度設計通りにうまく機能しません。ゆえに街頭での運動を含め、表現の自由などの精神的自由は、その他のどの項目よりも厳しく守られなくてはならず、たとえば経済的な自由などのその他の人権への規制なら合憲とされる(それは「民主制の過程」で是正できる)ようなことでも、精神的な自由では違憲と判断されるべき(「民主制の過程」そのものが破壊されるから)とされています(通説判例)。これをダブルスタンダードの原則と言います。別の言い方をすれば、少数派が多数派になりうる道が完全に保障されていない限りは、いくら多数派でもその支配は絶対に正当化されないということです。

 さて、ここまでは昔から言われている間接民主主義の欠点の再確認ですが、近年特に顕著になってきた、それ以外の困ったことがあります。一つは事態が切迫して次の選挙までまっていられない場合、二つには全体としては支持を得ている政党が、特定の政策では人民に敵対している場合、たとえば今の原発政策や秘密保護法、集団的自衛権などですね。三つには特定の地域や階層など、全体の中では少数に属する人々に、もはや「意見の違い」ではすまないような差別的な抑圧が加えられる場合で、ちょうど今の沖縄や三里塚、それに貧困問題などもそうですね。
この投稿の続きを読む »

「非暴力直接行動」って何だろう?(上)-最も険しい困難な選択のはず

マハトマ・ガンジー

弱い者ほど相手を許すことができない。
許すということは強さの証だ(マハトマ・ガンジー)

 とりわけ3・11後の反原発闘争が盛り上がる中で「非暴力直接行動」を名乗る運動が増えてきました。一時期などは新しく立ち上がる運動や個人はみんな、猫も杓子も「非暴力直接行動」を謳っているような印象を受けたことすらあります。

 まあ別に学問的な意味で厳密な定義があるわけでなし、80年代に「○○ネットワーク」という名称が流行したみたいなもんで、名乗りたい人が自分流の解釈で勝手に名乗っていることに水を差すのもはばかられます。なので今まで黙っていましたが、どうにもこうにも「非暴力」もずいぶんと安くなったもんだというか、あまりにこの言葉がファッション化しすぎているような気がして嫌気がさしましたので、大変に申し訳ないですが、一度だけ書かせていただきます。

■直接行動とは何か

 まず非暴力直接行動とは「非暴力闘争」+「直接行動」の二つの合成であることがわかります。そして、それぞれの反対語は「実力闘争」と「間接行動」ということになります。
 最初に直接と間接について言うならば、たとえばある種の運動や要求があるとします。「原発再稼働反対」などです。これをその権限を実際に持つ人(政治家・役人など)にやってもらうように、要求でも請願でもお願いでもいいですが、何らかの行動で働きかけることが「間接行動」です。典型的なものとしては署名運動があります。デモも権力者が想定している合法的なデモは間接行動です。国会包囲や官邸前行動なども参加者の心意気は別としても、少なくとも権力は間接行動であると受け止め、その範囲内でのみ存在を容認します。つまり「まあ一応聞いておく」という感じです。石破が国家秘密法反対の包囲行動を「デモはテロ」と言ったのもそういう認識にどっぷり首まで浸かっている証拠です。「『お願い』以上のことはするな。俺らに迷惑かけんな」というわけです。

 これに対して「直接行動」というのは、権限を持つ役人や政治家を飛び越して、民衆が自分たち自身で民意を実現すること、またはその志向をもった運動のことです。たとえば再稼働が予定されている原発の前に座り込んで、必要な資材や人員の運び込みを止めてしまうなどの行動をさします。経産省前テント広場も、発想的にはこの系譜にあると思います。たとえばベトナム戦争の時、ベ平連系の団体で「ただの市民が戦車を止める会」というのがありました。これからベトナムに行って無辜の民衆を虐殺する米軍の戦車輸送に、文字通り役人でも政治家でもない、なんの権限もないただの市民が、その輸送路にただただ決死の覚悟で座り込むのです。

 当然、政府は機動隊を派遣してごぼう抜きに排除して逮捕しますが、当時の機動隊はたとえ無抵抗の市民でも最初から警棒で頭をかち割り、血まみれにしてぐったりした所を排除していました。それでも頭から血を流しながらお互いにしがみついて必死にその場を離れない。さらなる警棒の乱打を受けてもその場を動かないのです。おそらくその場にいたら、たとえ米軍への協力に賛成する人でさえ、人としての良心を持つ者は誰でも感銘を受ける光景だったと思います。

■非暴力運動とは何か

 次に非暴力について考えてみるならば、実際に相手に手を出さなければ、なんでもかんでも「非暴力運動」というものではありません。非暴力運動の祖であるマハトマ・ガンジーは、非暴力とは「相手を許し、罰せず、違いを受け入れること」だと繰り返し語っています。ただ相手を殴らないという消極的な態度だけでは、それは卑怯者や臆病者の言い訳にしかなりません。このことについてガンジーは「まず相手を罰することができるだけの力を得て、その上で罰さずに許すことが非暴力(運動)なのだ」と語っています。

 つまり非暴力とは何らかの行為や不作為のことではなく、まさしく運動の精神であり真髄をさした言葉なのです。この精神を忘れたら、それは少なくとも「非暴力運動」ではありません。70年代以降、日本で非暴力運動を志して実践した人々は、たとえば他者(警察・右翼・敵対的な団体)に抗議する時も、乱暴な言葉使いや相手の人間性を否定し、意見の違いを認めないような言動を行うならば、もはやその時点で非暴力運動ではないと語っていました。
この投稿の続きを読む »

3・21新宿反戦デモ!!!詳細チラシできました

ジグザグ会Webより転載
【転送・転載歓迎】

【呼びかけ】3・21さあ!デモにでよう!安倍を倒せ!
集団的自衛権の実施(法制化)が迫っています!


☆チラシダウンロード(表)http://bund.jp/test/demo_o.pdf
☆チラシダウンロード(裏)http://bund.jp/test/demo_u.pdf
☆ブログ掲載用JPG画像 http://bund.jp/test/omote_mini.jpg

反戦実321フライヤー 通常国会において「集団的自衛権」を実行するための安保法制の制定がもくろまれています。これはアメリカの侵略戦争に日本を参戦させ、日本を「戦争する国」へ転換し、東アジアと全世界の民衆を敵に回す時代を開くものです。実現すれば、憲法9条は実質的に死文化することになります。

 敗戦後70年、私たちは歴史の重大な岐路に立っています。

 一方の道は、急速に衰退する超大国アメリカを支え、進んで侵略戦争に参戦していく道です。戦争で守るのは、アメリカや日本の大金持ちが世界の富を独り占めにしていく世界です。

 他方には「成長戦略」の幻想を払拭し、国境を超えて豊かな関係を創造していく社会再建の道があります。すでに「3・11」以降、脱原発社会、協同社会、自然との共生社会、地域循環型社会。非正規労働者の運動など新たな社会をめざす欲求と活動が、無視しえぬ大きな潮流となって各地に芽吹いています。

 まさに私たちは、この二つの道をめぐる闘争の渦中にあります。前者の道を突進し、後者の道に立ち塞がっているのが安倍政権です。この妨害物を取り除き、社会再建の道を開かねばなりません。

 私たちは、安倍政権の戦前回帰的・排外的な傾向に反対して闘います。同時にその闘いを「戦後体制防衛」という枠内に押し込めることなく、こういった新しい 社会の創造を目指す人々の結合として闘います。国会が安倍政権に握られている現実を踏まえ、民衆自身の闘いによる法制化の阻止を目指して、従来の「一点共 闘」の壁を超えた「総がかり」の中で、人々の怒りの表出形態を見つけ出し押し広げて闘います。
この投稿の続きを読む »