ちょっとお休みをもらいました - 味岡修さんの日記
サイト内検索
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
オンライン状況
34 人の同志が革命的にオンライン中です。 (18 人の同志が 会員日記 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 34
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

味岡修 さんの日記

 
2015
3月 24
(火)
20:50
ちょっとお休みをもらいました
本文
テント日誌3月22日(日)
経産省前テントひろば1290日 商業用原発停止554日


ちょっとお休みをもらいました

 思えばいろいろの兆候らしきものはあったのだけれど、3月11日の朝いつもとは違う寒気と吐き気に襲われ近くの病院に出掛けた。その日は毎月の降血圧剤をもらうことになっていたのだが、気分がすぐれないので検査をしてもらい、心電図を取ってもらったら、おかしいというので東京医療センターに緊急入院となった。心筋梗塞ということで2回手術を受け21日に退院した。後で振り返ってのことだが、その日が≪3・11≫だったのに驚いた。もう僕には「3・11」は単なる記憶を超えて身体化されてあるのかと思ったりした。妄想なのかもしれないが、不思議なことだ。

 入院中も緊迫状態にあるテントのことを思うとも気がきでなかったが、東京高裁の仮処分の執行停止を知ってほっとした。テントは何をやるのかということを投げかけられたのだと思う。「ここがロドス島だ!ここで飛べ」というわけだ。病院のベッドで天井を眺めながらいろいろ考えたこともあるが、少しテントを離れてテントのことを見られたのは良かったと思う。

 緊急のこととはいえ、僕の担当していた「話と座談の会」は中止というか、延期になった。話し手予定者にはご迷惑をおかけした。これは少し時間をいただいて再度やりたい。また、心配をしていただいた方にはあらためてお礼を申し上げる。「我々はまだくたばるわけにはいかないのだ」という友人の声が胸に響いた。自他への励ましの言葉をつとにしてテントにも帰りたい。(三上治)
閲覧(3851)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ