何処へも行けない - 高田信康さんの日記
サイト内検索
トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。
オンライン状況
66 人の同志が革命的にオンライン中です。 (38 人の同志が 会員日記 を参照しています。 )

登録会員: 0
シンパ: 66
カウンター
本日
昨日
累計
FROM 2004/5/01

高田信康 さんの日記

 
2016
6月 13
(月)
02:30
何処へも行けない
前の日記 カテゴリー  未分類
本文
さいきんの我が国の動向にはウンザリです。

私情で恐縮ですが「本当に福祉に金が回るのなら給料の半分を税金に取られてたって構わない」と若い頃から思考していました。

あれから云十年、給料はギリギリ、故に生活もギリギリです。しかし若い頃の想いは、やはり変わっていません。

皆様ご存知のとおり、学者にメディアにタレントに「御用」の連中がバラ撒く嘘八百で、多くの国民は自分の首を締めるような政策に、疑問を持たず支持あるいは傍観しています。

橋下維新などが伸びるのは証左です。
身を切る改革とは、弱者の身を切る改革の事。

旗旗に集う方々には考えも及ばないでしょう。しかし現実を直視してみて下さい。一日の殆どをテレビで過ごす年配の方々は、メディアの意見そのままの思考を持っておられます。

現状の政策に満足の行ってる層、安易な例として、金持ちや右翼(それも自分は戦場に行かない)。この人達が現政権を支持するのは当然ですし、それを責めるつもりは在りません。心ある人を除けば、人は誰しも自分を中心に据えるのです。

問題なのは、愚民化政策に乗かってしまって、それに気づいない人達でしょうか。

急転換して話を戻します。私は北欧に行きたいのです。しかし簡単に移民できる筈もありません。

だからこそ、私は小さくても弱くても、この国で抵抗を続けて参ります。

生まれた国は選べません。何処へも行けないのだから。

まいどローレベルな戯言で申し訳ありません。
閲覧(4082)

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ